マグニフィコ王 単語

5件

マグニフィコオウ

4.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

マグニフィコ王King Magnifico)とは、ウォルト・ディズニー・カンパニーによるミュージカルファンタジーアニメーション映画ウィッシュ』(原題: Wish)に登場するキャラクターである。

ネタバレ注意 本記事には、ネタバレが含まれます。

概要

マグニフィコ王

願いを支配する最恐のヴィラン

魔法でロサス王民の願いをえる偉大な王。だが、実はえるのは自分が良かれと思う願いだけで、“裏の顔”を持つ。民からの願いのを利用してさらなる魔力を得ていく。[1]

日本語吹き替え版での担当声優福山雅治英語版の担当声優クリスパインChris Pine)。

テーマソングは『礼者たちへ』(英語版では『This Is the Thanks I Get?!』)。日本語版では福山雅治が、英語版ではクリスパインが歌っている。

本作の主人公「アーシャ」(Asha)が住む、イベリア半島合に位置する「ロサス王」(The Kingdom of Rosas)を治める王。ハンサムカリスマ性のある男性名前の「Magnifico」はスペイン語ポルトガル語で「壮大な」「素晴らしい」を意味する。

かつて幼い頃に家族全員盗賊に殺されたという悲しい過去を持つ。その経験から、人々が安全に暮らせる、願いがの前で打ち砕かれるのを見ることがないようなを作るために修行を重ねて強魔法を習得し、そのを持ってロサス王を建した。妻として、民をする美しい女性アマ王妃Queen Amaya)を娶っている。

ロサス王では「民は18歳になると、儀式の場でマグニフィコ王に自分の願いをげる」という決まりがある。そのほとんどはえられずその願いの記憶も失ってしまうが、に一度マグニフィコ王が一つだけ願いをえる(ただし『礼者たちへ』の中で「去年は14の願いをえた」と歌っているので、厳密に「に一度一つだけ」ではないらしい)。そのため、ロサス王は願いが魔法の王と呼ばれ、民が幸せに暮らす平和で繁栄したとなっている。

ヴィランとして

だが、実はマグニフィコ王はえる願いを自分の価値観で選別しており、えるのは自分が良かれと思う願い(「のためになる」と彼が確信した願い)のみである。そうでない願いについては「わない願いを抱き続けることで心を乱すべきではない」という彼の考えから、願った本人たちに返す(願いの記憶を戻す)こともなくの中に保管している。

いわゆる悪役ヴィラン)であり、自らのやり方が最善であると思い込んで他人の提言を聞き入れない独善的な考え方、民の願いを軽んじる面、自分以外がを付け始めると自分やが脅かされると恐怖し強権的な対策を取ろうとするという強迫観念の強いところ、などなど、作中で欠点は様々に描写される。

アーシャが願いスター」を味方につけたことを危惧するあまりに禁断の魔法に手を出した後から彼の狂気や暴虐は加速していき(禁断の魔法により精が侵されている?)、ついには「人々にそんなことが起こらないように」と建したはずなのに、「民の願いを、そのの前で打ち砕く」行為まで行うようになってしまった。

最終的には妻であるアマ王妃からも離反され、人々の願いの敗北魔法に付いているに閉じ込められて、アマ王妃示によって地下に収められることになり、物語から退場する。

彼を擁護する意見

本作の劇場開中から、観客の間では割と彼に対する人気が出たという。[2]

また、彼について同情的、擁護的に見るもあがった。いわゆる「悲しき過去」を持っている人気悪役だから同情されている、というだけではなく「彼の方に正当性があったのでは?」という意見も挙がるのだ。

彼が独善的で、強迫観念をもち、内心で民を軽んじていた独裁者であるのは作中の描写通りではある。だが同時に、彼が民を幸せにするを自らので建し、それを維持できていたこともまた間違いはない。「願いの記憶を失うという代償」があったとはいえ、それ以外に民が大きな不幸を背負っていた様子もない。

儀式でマグニフィコ王にげた願いの記憶は、マグニフィコ王がえるまで失われる」ことは隠されているわけではないようであるため、「記憶を失いたくない程に大事な願いなら、げずに自分のえることにすればよいではないか」という意見も出る。これはマグニフィコ王が表明した「人々は、自分ので願いをえることができないとわかっているからこそ私に願いを託すんだ」という意見への同意とも言える。

かが彼の代わりになったとしても、結局はマグニフィコ王のように願いは選別せざるを得ないじゃないか」といった意見も。単純に、「こので一番の○○になりたい」といった単純な願いでも、それを願った者が二名以上いたら両方えるのは困難であろう(「同率首位」にはできるかもしれないが)。「あの人に私を好きになってほしい」という可らしいの願いでも、そのままストレートえてしまえば洗脳になってしまう。

また、彼が決定的に堕ちてしまうのは禁断の魔法に手を出したためであるが「その背中を押してしまったのは、主人公アーシャの行動に対する不安・危惧であった」と言えなくもない点も、彼への同情論の勢いを増しているかもしれない。

をひとまず事に統治していた彼を失って、ロサス王はやっていけるのか」という危惧を感じる観客が居ることがそれに拍をかける。彼の幼い頃のエピソードを見てもわかる通り、作中の世界平和で争いのない場所、というわけではない。

本記事上部で引用した通り、公式にて彼は「願いを支配する最恐のヴィラン」と銘打たれている。「観客からの支持を集めてしまう」「主人公側の正当性を疑わせてしまう」という意味では、確かに彼は最恐のヴィランと言えなくもないかもしれない。

制作サイドからのコメント

ウィッシュ』の監督の一人クリスバック氏のコメント
クリスパインは、どの作品でもチャーミングですが、この映画でもマグニフィコ王のチャーミングさを見事に表現してくれました。それと同時に、闇落ちしていく様子も見事でした。[3]
ヴィランらしいヴィランディズニーアニメーションでも久しぶりだったので、キャラクター作りの面さややりがいを感じました。ただ最初は邪悪さが全面に出ているという設定だったんですけど、チャーミングなところや彼の傷、どんな行動を取るのかを少し見せるような形に変わり、結果的に闇落ちする彼の姿を見るような流れとなりました。[4]
確かに君の言うように、彼は今までのヴィランと彼はちょっと違うね。これまでヴィランは割と最初からヴィランとして登場することが多かったと思うんだ。ウィッシュでは、だんだんと彼がダークサイドに落ちていく起オリジン)まで描かれている。だからこそ、この作品はマグニフィコのヴィランとしてのオリジンストーリーでもある、というは思っているよ。そこが今までと違うかな。[5]
ウィッシュ』の監督の一人ファウン・ヴィーラスンソーン氏のコメント
を追いめるにはものすごいが必要だ、と彼は信じています。も眠れなくなりかねない。自制心や献身もたくさん必要になるし、願いがわなかった場合には苦痛がともないます。彼はそういう心配をすべて取り除いてやりたいと思っています[6]
彼はナルシストなので周りから敬されることが喜びだと思います。その一部としてショーマンシップのような部分が出てくるんですけど、同時に楽しいキャラクターでもあって、それはクリスパインがもたらしてくれたものだと感じています。彼が演じたおかげで、ヴィランでつまらない役じゃなくてもいいんだと思えました。[7]
まず最初の設定として、(舞台となる)ロサス王の人々は王と王を信じているわけですよね。観客の方にも信じてもらわなければいけない。で、マグニフィコ王が言ってることって実は結構正しいじゃないですか。人生カオスがあって、いろいろ辛いことも私たちにはありますよね。その「自分が一番大事なもの」を他の人に委ねてしまい、いっそ忘れてしまったら楽になるかもしれない。これ、多分みんな感じたことがあるんじゃないかしら……。で、アーシャも最初はそれを信じていたんですが、委ねるのではなく「守りたい」っていう気持ちが起きた時に、マグニフィコとアーシャでは違った解釈をするんですね。マグニフィコはコントロールすることで守ろうとする。アーシャは体性を持って行動することで変えようとする。だから2人がもともと同じ考え方を持ってたっていう部分が、私たちのこだわりでもあるんです。けれど、違った方向にそれが向いてしまう。マグニフィコは間違った選択をしっぱなしなんですけれどもね。[8]
日本語吹き替え版で彼を演じた福山雅治氏のコメント
とても正しく正義感に溢れているキャラクター
その行き過ぎた正義感に故に悲しい存在となってしまった、悲劇の王様だと思う
マグニフィコ王のことがよく分かると言うと、福山暴君なんだなって思われそうですけど。マグニフィコ王に対して甘すぎるのかもしれませんが、複雑みをどうやって入れ込めば、その悲しみが可笑しみにまで昇できるのか、というアプローチをしたつもりです[9]

関連動画

以下はどちらもディズニー公式によりアップロードされた、彼のテーマソング日本語版と英語版

日本語版は静止画だが、英語版はマグニフィコ王の姿とともに歌詞を表示するミュージックビデオとなっている。

関連項目

脚注

  1. *映画公式サイトのキャラクター紹介文exitより引用
  2. *ディズニー映画『ウィッシュ』ヴィランのマグニフィコ王が「マグぴ」「フィコ王」と人気 ソロ楽曲「無礼者たちへ」特別映像も解禁 | ORICON NEWSexit
  3. *「ディズニーファンである私たちが、ディズニーファンである観客向けたラブレター」クリス・バック監督、ファウン・ヴィーラスンソーン監督『ウィッシュ』【インタビュー】 | エンタメOVO(オーヴォ) | ページ 2exit
  4. *『ウィッシュ』主人公アーシャをプリンセスにしなかった理由とは? 監督が語る - 2ページ目 - アニメ - インタビュー |クランクイン!exit
  5. *『アナ雪』も手掛けた『ウィッシュ』監督に再会!「ウォルト・ディズニー氏やディズニーそのものに対して絶大なリスペクトを示した作品」→喜びの展開 | ガジェット通信 GetNewsexit
  6. *「ウィッシュ」魅力的過ぎるディズニー史上最恐のヴィラン、マグニフィコ王とは? : 映画ニュース - 映画.comexit
  7. *『ウィッシュ』主人公アーシャをプリンセスにしなかった理由とは? 監督が語る - 2ページ目 - アニメ - インタビュー |クランクイン!exit
  8. *『ウィッシュ』主人公アーシャをプリンセスにしなかった理由とは? 監督が語る - 2ページ目 - アニメ - インタビュー |クランクイン!exit
  9. *『ウィッシュ』国民の願いを支配する、ディズニー史上最恐のヴィラン・マグニフィコ王に福山雅治さんが決定‼100周年を飾る作品でミュージカルにも初挑戦!|映画|ディズニー公式exit
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/22(月) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/22(月) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP