第三次ソロモン海戦 単語

14件

ダイサンジソロモンカイセン

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

第三次ソロモン海戦とは、太平洋戦争中にソロモン日本軍連合軍の艦隊によって戦われた戦である。

概要

ソロモンパプアニューギニアの東、オーストラリアの北東部の域で、ソロモンの東に位置するガダルカナル島を巡って熾戦闘が繰り広げられた。
まず、第一次、第二次ソロモン海戦が行われた。そして、ガダルカナル島死守の為制権を取り戻し、に建設された米軍の飛行場を撃することを的として日本海軍戦艦比叡霧島空母隼鷹などを投入。ほぼ同規模のアメリカオーストラリア連合艦隊昭和17年1942年11月に戦火を交えたのが、第三次ソロモン海戦である。
半年ほど前のミッドウェー海戦で大敗北を喫した日本海軍も、この頃はまだ戦を戦う余があったのだ。

日本海軍が得意とした夜戦軽巡洋艦アトランタを大破(のち自沈)、戦艦サウスダコタを中破させるなど米軍艦隊に損を与えたが旗艦比叡霧島を失い、開戦以来初めて戦艦が2隻も撃沈されるという屈辱を味わうことになる。
結局作戦は失敗に終わり、ガダルカナル島を奪還するという的は達成されなかった。
その後に残された日本軍守備隊に対する補給はことごとく絶たれ、将兵は飢餓に苦しんだことからガダルカナル島は「餓島」とも呼ばれることになった。
この戦いで日本海軍潜水艦伊26に撃沈された軽巡洋艦ジュノーが、マイクロソフトの創業者の一人ポール・アレン氏の探索チームによって2018年3月に発見され話題となった。
戦後70年以上が経過した今もまだ戦争傷跡は南のに残っているのである。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/31(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/31(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP