今注目のニュース
イモト、タピオカミルクティーに「毒グモ」投入し… 視聴者騒然
藤本美貴、新幹線でまさかの相手と偶然隣に… 「そんなことあるんだ」
工藤静香、“スケバン刑事”のような近影に反響 「脚が長すぎて…」

ミッドウェー海戦単語

ミッドウェーカイセン

  • 7
  • 0
掲示板をみる(336)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ミッドウェー海戦とは、1942年(昭和17年)6月5日から7日にかけて起こった大日本帝国海軍アメリカ合衆国軍との戦である。

快進撃を続ける日本軍

帝国海軍は1941年12月8日に行った真珠湾攻撃アメリカ海軍に大打撃を与え、その2日後に行われたマレー戦では、イギリス海軍の誇る新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズ』及び巡洋戦艦レパルス』を撃沈させるなど、順調にアジア太平洋の制権・制権を握っていた。

翌年も2月のスラバヤ戦で勝利するなど南方作戦を順調に進めていた。大本営には将来的にセイロン攻略などインド方面に進軍し、イギリスの脱落を図り、アメリカの継戦意思を喪失させる構想があり、最終的には西アジアを進軍しドイツとの連絡も考えていた。
しかし、これにはドイツの進軍状況なども絡み、実施は当分先になると予想、大本営軍部は連合軍の反攻の拠点になるオーストラリアの要地攻略を検討したが、膨大な兵や船が必要になるなどの問題から陸軍は反対した。代わりにフィジーサモアなどを攻略して交通路を遮断するFS作戦となり、これなら必要兵も少なくて済むとのことで陸軍も賛成した。
連合艦隊部では次の理由からFS作戦には反対していた。

  1. 攻略地が遠方で攻略難度が高く維持も困難であり危険。
  2. オーストラリアには他にも交通路があり、遮断しても効果が不十分の恐れがある。

聯合艦隊長官・山本五十六大将日本と連合軍との戦差を考え『アメリカにもう一度大打撃を与え、その上で期講和をす』という構想を持っており、連合艦隊部ではセイロン攻略ハワイ攻略を計画していた。(検討を開始したのは真珠湾攻撃の直後と言われる。)山本長官はハワイ攻略の準備が整う間にセイロン攻略西方の情勢を安定化させ、ハワイ攻略に専念しようと考えた。セイロン攻略作戦は大本営陸軍部には採択されなかったが、ビルマ方面の支援のため英艦隊などに対して攻撃は実施されることになった。
セイロン攻略作戦が流れた連合艦隊部は次の作戦に苦慮した。ハワイ攻略ごろの予定であり、結構な期間がく。そこで連合艦隊部は空母の誘出と撃滅をしたMI作戦を計画した。空母襲で日本軍を悩ませており、これを撃滅できればハワイ攻略の助けになると考えたのである。セイロン攻略が採択されなかったのは陸軍の都合もあると感じた連合艦隊部は軍単独で作戦を実施できることも考慮していた。
また、オーストラリアの補給路遮断の必要性もあり連合艦隊部は以前は反対していたFS作戦MI作戦後に実施することになった。
作戦完成4月3日に大本営軍部に次期作戦案が提案されたたものの、大本営軍部(軍部)は次の理由からMI作戦に反対した

  1. ハワイの時と同じ方向から同じ要領の作戦を行うことは危険。
  2. 米軍はミッドウェーの大機の支援を受けられるが、こちらは戦場付近では基地航空隊支援が受けられない。
  3. 艦隊を誘出できるか疑問。不利と判断すれば出撃して来ないのではないか。
  4. ミッドウェー攻略後の維持が困難。
  5. 空母FS作戦を実施すれば、出撃してくる可性が高い。この方面ならば、基地航空隊支援を受けられる。

これにより交渉は一度は行き詰ったものの、その後、連合艦隊部から説明を受けた伊藤次長は永野部総長らと協議、空母撃滅のためFS作戦に修正を加えたうえでMI作戦を実施することになり、なんとか採用に至ったが、大本営は進出が不確実な空母の撃滅よりもミッドウェー攻略的、聯合艦隊部はアメリカ機動部隊の打倒が的とそれぞれ示して日本機動部隊は混乱する。作戦計画では機動部隊の要任務は敵艦隊撃滅と攻略作戦支援となった。

ドーリットル空襲・珊瑚海海戦の影響

ミッドウェー作戦(MI作戦)に対する軍部の許可4月5日におりたが、その後4月18日アメリカ空母ホーネット』より16機のB-25爆撃機が発艦し、日本都市爆撃した。たいした被害は出なかったが民は衝撃を受けた。特に本土防に絶対の自信を持っていた陸軍の将兵は動揺した。
この本土襲の為、日本軍然本気になり、陸軍は4月21日に一木支隊を提供し、作戦に慎重だった大本営軍部も積極的になり5月5日永野部総長はミッドウェーアリューシャン攻略認可した。

5月に入り、珊瑚では歴史上初めての機動部隊による戦が起こった。日本海軍アメリカ空母レキシントン』を沈め、『ヨークタウン』を中破させたが、こちらも軽空母祥鳳』が沈没、『翔鶴』が中破、『瑞鶴』は被害かったが航空機と搭乗員の補充が必要となった。

この珊瑚戦の影によりミッドウェー海戦に参加できる正規空母は6隻から4隻になった。作戦のために出港する約一週間前のことである。

日本側の図演から出撃までのおおまかな流れ

5月1~4日 第二段作戦の図演や研究会が行われる。MI作戦では攻略中に空母が出現、日本空母被害を受け作戦続行困難となった。統監部により被害の見直しが行われ、作戦は続行し成功はするが、駆逐艦の一部が燃料不足のため座礁するという悲惨な結果だったため、連合艦隊部からはこうならないように導するとした。AL作戦では北方部隊が不良のため不時会敵し全滅するという状況もあった。これらへの対策が第二次K作戦の追加や北方部隊への潜水艦部隊の一時編入と言われている。
第二艦隊や機動部隊から作戦延期の要望が出されたが、連合艦隊部は再襲防止の必要があることや齢などの関係でこの時期を逃すと最悪の場合約1年作戦実施が遅れると判断し延期はしなかった。その後も各方面から準備が間に合わないとの要望が出されるが、なんとか作戦開始までには間に合うと判断した。

5月5日 ミッドウェー、アリューシャン攻略が発される。

5月8日 珊瑚戦が起こる。この段階では五航戦の参加は可と見られており、翔鶴北方部隊へ参加する予定だった。珊瑚戦で五航戦が空母を撃沈破したことは日本軍を喜ばせたが、更に練度の高い一航戦、二航戦ならば空母の撃滅は容易との考えも出てきてしまっており、機動部隊の鹿参謀は鎧袖一触の思いがあったと回想している。

5月14日 珊瑚戦の被害報告があり、五航戦はミッドウェー、アリューシャン攻略作戦に参加することができないと判断された。五航戦の戦回復はFS作戦に間に合うことが望まれた。

5月15日 南太平洋方面で空母部隊が確認される。日本軍には同方面で活動中であるとの見方が出ており、その後の5月28日のツラギ襲や5月29日電波送信の位置特定などで空母部隊はなお南太平洋に存在すると判断された。

5月18日 フィジーサモアなどの攻略が発される。

5月19日 連合艦隊部の有馬参謀と第六艦隊部、二十四航戦部がクェゼリンで打ち合わせを行う。有馬参謀は潜水艦部隊の散開線が期日に間に合わないことや後述のウェーク島深問題で一部のを変更せざるを得なくなった(ミッドウェー北東海域のができなくなった。後知恵ではあるが空母部隊はこの削られた区付近に存在した。)ことを連合艦隊部に報告したが、問題にはならなかった。
二次K作戦の協定が成立。最終的に第二次K作戦は中止されるが連合艦隊部や機動部隊は特に問題とはしなかった。仮に成功し空母部隊の不在を確認できたとしても、前述のように南太平洋方面にあると判断されたと思われる。

5月22日 二十四航戦部から計画の変更についての意見具申が報告(内容の一部は事前有馬参謀から連合艦隊部へ報告されていた)。MI作戦では第二次K作戦以外にもウェーク島とウォッゼ環礁から二式飛行艇によるミッドウェー西方南方する計画があった。しかし、ウェーク島深では燃料満載の二式飛行艇間離できないことが判明。ウェーク島からのミッドウェー西方する案はウォッゼ環礁から発進し、ウェーク島へ帰還する計画に変更することが意見具申され、連合艦隊部も承認した。ミッドウェー南方へのは第二次K作戦中止後の5月31日6月3日に行われた。

5月25日 MI作戦の図演や打ち合わせが行われる。この図演で山口少将から艦隊の誘出のためジョントンを攻撃することが必要と進言があったが、垣参謀長は艦隊はジョントンの援護の下やってくると説明した。図演はミッドウェー攻略後にオアフ東方面から艦隊が進出するという想定で行われており、日本側では艦隊の進出はミッドウェー攻略後になると予想していたことがえる。
打ち合わせにおいて連合艦隊部側はミッドウェー攻略中に機動部隊が艦隊出現に備えているか、機動部隊側は旗艦のアンテナの送受信が低いことから連合艦隊から重要な作戦転換は知らせることなどを確認した。
機動部隊から攻撃開始日の1日延期の要望が出され連合艦隊部はこれを了承した。上陸日については変更はされず、輸送船団が攻撃前に発見される可性が高くなったが、連合艦隊部は機動部隊の誘出に役立つと判断した。

5月26日 赤城作戦の打ち合わせなどが行われる。そこで索敵が不十分であるとの意見が出された(出したのは山口少将と言われる)。しかし、情勢判断から索敵計画の変更は行われなかった。索敵線が7線なのはインド作戦のセイロン襲時や珊瑚戦と較しても同じくらいではある(それ以上を出したのはインド作戦で付近に英機動部隊の存在が疑われ索敵した時で、この時の索敵線は10線だった)。
北方部隊の第二機動部隊が大を出撃。

アリューシャン列島攻略戦(AL作戦)

開戦時の連合艦隊では、破壊又は占領するべき外要地であったが真剣議論がされていなかった。
作戦計画は、ソ間の連絡を絶ち切り、シベリア戦闘機が進出して来ないようにすることだった。ソ連の刺の多さから実行不可として棚上げにされていた。

ミッドウェー攻略が内定する関心が高まり、ミッドウェー攻略の牽制として、又は日本本土に接近する空母を抑える的で攻略が決まった。

ミッドウェー攻略させる事をアメリカにさとられないようにアリューシャンのアッツ・キスカ両を占領する為『龍驤』と『隼鷹』の2隻の空母を陽動作戦(AL作戦)で向かわせ、事にアッツ・キスカ両を占領した。
アッツ・キスカ両への攻撃も米軍に察知されていたのだが、アリューシャン方面に派遣されたシオボルト少将は諸々の理由により本命はダッチハバーと考えコディアックに留まった。

ミッドウェー攻略作戦

ミッドウェーを攻略させる事をアメリカにさとられないようにアリューシャンのアッツ・キスカ両を占領する為『龍驤』と『隼鷹』の2隻の空母を陽動作戦(AL作戦)で向かわせ、事にアッツ・キスカ両を占領するも、アメリカ軍暗号が解読されていた為、ニミッツ大将空母エンタープライズ』・『ホーネット』・そして珊瑚で中破したが、3日間の突貫作業で修理させた『ヨークタウン』をミッドウェーに向け送り出し、ミッドウェー航空機の増援を送った。

対する日本軍南雲忠一中将揮する空母赤城』・『加賀』・『蒼龍』・『飛龍』を中心とした機動部隊にミッドウェー攻略を命じ、その後やってくるであろうアメリカ海軍を迎え撃つ為、戦艦大和』を中心とした山本五十六長官率いる力部隊が後で合流する運びとなった。

かくして、ミッドウェー攻略すべく帝国海軍は動き出した・・・。

5月27日 南雲機動部隊(第一機動部隊)が出撃。

5月28日 ツラギが艦上機により襲されたとの報告が入る。連合艦隊部の三和参謀は日誌に「敵は豪州に兵を集中せる疑あり。かくては大決戦はできず。はこれを慮る。」と記しており、この時点では空母は南太平洋に存在すると判断していたようである。
輸送船団がサイパンを出撃。
支援隊がグアムを出撃。

アメリカの第16任務部隊がハワイを出撃。

5月29日 山本長官が率いる力部隊と近藤長官が揮する攻略部隊が出撃。
アッツ攻略部隊が陸奥湾を出撃。
太平洋電波送信の位置を特定、これは機動部隊と判断され、ラバウルへ陸攻隊が展開した。

5月30日 フレンチフリゲート礁に水上艦を確認、第二次K作戦を1日延期。米軍3月の第一次K作戦後、フレンチフリゲート礁を日本軍が補給地点として使用していたことを突き止めていた。ミッドウェー海戦では米軍も同地を飛行艇の補給地点として活用している。
二十四航戦、ウェーク島からの飛行を開始。

5月31日 フレンチフリゲート米軍が展開していたため補給作業ができず第二次K作戦中止。既に3月に一度同一の手段でハワイ襲をしていることや開戦から時間も経ち米軍太平洋艦隊の部があるハワイの周辺警を疎かにするとも考えにくく、ほぼ同一の方法を採った第二次K作戦は計画前から実施は困難な状況だったとも言える。
連合艦隊部や南雲機動部隊は中止報告を受け取ったが空母は南太平洋にいるという情勢判断のためか、潜水艦の散開線など他の索敵手段があるためか特に問題とはしなかった。
二十四航戦部は二式飛行艇にミッドウェー南方域の示。

6月1日 日本海軍暗号書が更新され、米軍暗号解読による情報が得れなくなるが、通信情報などで情報収集を行った。暗号更新は当初は4月初旬に予定されていたが、5月初旬に延び、さらに延期されたものだった。

サラトガ』がサンディエゴからハワイへ向かう。

6月2日 第16任務部隊と第17任務部隊がで合流、ミッドウェー東海域で日本艦隊の襲来に備えた。

6月3日 大本営軍部が情勢判断を出し、空母の動向についてはシドニーやヌーメアなどの偵察で発見できなかったことから珠湾へ帰還した可性が高いが、南西方面に対する新たな企図の下に行動している可性もしとせずと判断した。
南雲機動部隊、に突入。変針するための電波発信は敵に位置や方位などを悟られる恐れがあったが、攻撃開始日に間に合わせるためには変針しなくてはならない状況に陥る。最終的に変針のため電波を発信したが、その数十分後には晴れた。機動部隊の吉岡参謀はそれまでと違い攻撃開始日が定されているため機動に余裕がかったとっている。

6月4日 大本営から南雲機動部隊に敵は未だが企図を察知したとは判断せずとの電報が届く。
飛龍』でわずか数ではあるが、空母の呼び出し符号らしきものを傍受。しかし、この情報山口少将や通信参謀にも届けられず暗号室内に留まった。南雲機動部隊の他の艦では傍受した記録はい。
大和』が空母らしき呼び出し符号を傍受、山本長官から南雲機動部隊へ伝えてはどうかと提案があったが、参謀からより進出している南雲機動部隊も傍受していると考えられ、線封止を破ってまで知らせることはないと進言され伝えられなかった。
戦の2~3日前に第六艦隊が空母らしき電波をキャッチ、方位測定の結果、ミッドウェー北北西の位置に捉え、この情報東京通信隊から全艦隊へ放送されたとの高橋参謀の言があるが、MI作戦に参加した艦の受信記録にこの情報い。参謀は空母について大本営から情報を受信したとも言しているが、別の回想では呼び出し符号を傍受した際とも言しており情報が一定していない。攻略部隊や機動部隊などの将兵の言にはこの情報が出てこず、軍部ではこの第六艦隊からの情報について知っているとの言や記録が高橋参謀の言には疑問が残る所がある。

輸送船団がミッドウェー機に発見され、B-17の攻撃を、にはPBYの間攻撃を受けるが被害は小規模にとどまった。輸送船団は力部隊と報告されたが、太平洋艦隊部から機動部隊に対して「これは力部隊ではない」と緊急電を出した。フレッチャー少将は発見された部隊を力部隊ではないと判断しており、緊急電で裏付けもあったことから機動部隊は日本艦隊の襲来に備え遊を続けていた。

6月5日

3時00分南雲長官、「敵は戦意に乏しいが、攻略作戦進捗すれば出撃反撃の算あり」などの情勢判断をする。

4時30友永大尉揮する第一次攻撃隊108機が空母を発艦、索敵機や直掩機も発艦を開始した。

5時20、情勢に変化なければ、第二次攻撃は第四編制にて実施予定との予を出す。
この予については諸説あり、吉岡参謀に史郎氏が1976年に取材したい際の話では「本日機動部隊出撃の算し。情勢に変化なければ、第二次攻撃は第四編制にて行う」との文面だったという。吉岡参謀は戦闘詳報を作成した際に文面を一部削除し、理由として「そんなみっともないこと書けますかいな」「本当の敗戦の原因はあの信」と話したという。史郎氏は吉岡参謀が隠蔽したとしているが、戦闘詳報の情勢判断では空母の進出が攻略後になると予想していたことについて書かれている。
豊田譲氏が増田飛行長が没していたため1981~83年頃に吉岡参謀に取材した際には、「予についての論争は防衛庁戦史室から聞いた」「私は全然知らんし田さんも同じだろう。田さんや私が知らないものを一体が発信したのか。」と話している。
豊田譲氏の取材に『加賀』の飛行長[1]は「0220信の本日第二次攻撃を実施の予定というのは、全然聞いていない」、牧分隊長は「0220信っていったい何かね。全然知らないね。」と話しており、予については知らないとしている。

5時40アメリカ軍日本軍の機動部隊を発見。発見したのはPBYで「二隻の空母と他の艦船を見ゆ」といった情報がミッドウェー基地に報告され、基地から機動部隊へも報告された。ミッドウェー基地航空隊6時に発進。機動部隊から7時に攻撃隊149機を発艦させた。

6時30、ミッドウェー襲するも、先にPBYに発見された為にたいした被害は与えられなかった。そして友永大尉は第二次攻撃の必要あり(カワ・カワ・カワ)と打電した。

7時00分、旗艦『赤城』に友永大尉からの電が届く。この電は後方の大和でも傍受していた。

7時05分南雲機動部隊にミッドウェーから発進したB-26やTBFによる襲があったが直掩の零式艦上戦闘機などの活躍により被害はでなかった。
南雲部ではこの襲来機をミッドウェーとの距離からミッドウェー基地から飛来したものと判断した。
南雲機動部隊はインド作戦などで艦載機の陸上運用があることについて知っていることや空母らしき兆情報を得ていないこと、B-26など陸上機も随伴していることなどの要素もありミッドウェー基地から飛来したものと考えるのは自然な判断と思われる。
TBF襲後、田村兵曹長の言では利根4号機からの電報受信前に山口少将から「本日より来襲せる襲来機を鑑みるに空母の出現算大。考慮せられたし」と信号するように言われたと言している。
その理由について出撃前に空母に新の艦載撃機が配備されたと情報田村兵曹長は得ており、撃機が『飛龍』のそばを通過した際、敵新艦載撃機と判断し報告したのを空母がいると取られたのではないかとしている。
しかし、艦載機の陸上運用があることなどはウェーク島攻略作戦インド作戦山口少将も知っているはずで、その報告だけを理由としてミッドウェーから来たTBF空母からのものと誤認したのは疑問である。仮に山口少将が襲来機以外にも空母に関する情報を入手し判断要因があったのであれば、なぜそれが南雲部などに伝わっていないのかという点が疑問として残る。
なお、山口少将5月25日の時点では図演での進言を見る限り艦隊の待ち伏せの可性は低いと判断していたと思われる。(艦隊が既に進出していると想定していた場合、艦隊誘出のためにジョントン攻撃が必要と進言するのは不自然

7時15分、索敵機の索敵線先端到達予想時刻となるが、敵艦隊発見の報はなかった。南雲長官は田実航空参謀との打ち合わせの上、魚雷から対地爆弾への兵装転換を命じた。

7時28、遅れて偵察を開始した利根より発進した偵察機が『敵らしき物発見』との電文が届く。

7時45、兵装転換中止を決定。再度の魚雷への変換を命じた。第一次攻撃隊が帰還を始めるが、襲のため上待機。

7時47分8時00分利根偵察機に対し艦種を知らせるよう命が出される。

7時55からミッドウェーSBDB-17SB2Uによる攻撃を受けるが被害は出なかった。

8時09分利根4号機より「敵兵巡洋艦駆逐艦各5隻と報告」。

8時20利根偵察機より『敵ミッドウェーの北240里(約450キロ)、空母1隻を伴う』と報告が届く。 (だがこれは間違いで敵空母は北140里(約260キロ)にいた)8時30、帰還した艦爆隊への爆装準備が始まる。

飛龍』の山口多聞少将は『直ちに攻撃隊発進の要ありと認む』と赤城に発信号を送るが、『赤城』の南雲長官は
「(偵察機の報告から)敵はまだ遠くにいる」(偵察機が報告してきた位置から空母との距離は約210里と判断された。この距離では攻撃隊は護衛しの状態になるため敵は護衛機をつけるために接近する必要があり、護衛なしで襲来させた場合は直掩機で防ぐことができるとされ、兵装換装などの時間の余裕があると判断したとされる。)
「攻撃隊を発艦させると、第一次攻撃隊を着艦できず、最悪の場合100機近い航空機を燃料切れで失う事となる」(攻撃隊を格納庫から飛行甲に挙げ発艦準備ができるまで約40分はかかるとみられ、その間は着艦ができない。第一次攻撃隊は襲で中待機が続いており燃料も消費していることも考えるとかなりの数が不時着すると南雲部は判断した。)
零戦を直掩で上げているので攻撃隊に付ける機体がい」(田参謀は護衛機のい攻撃隊がどうなるかは日中戦争以来の戦訓での髄までしみ込んでいると回想しており、現に護衛機を伴わずにやってきた攻撃隊は甚大な被害で攻撃も失敗していた。)
などのさまざまな理由で攻撃隊を発進できなかった。
触接のため二式艦偵が発進。

8時40襲が一時途絶えたため。第一次攻撃隊の収容を開始。

9時17、第一次攻撃隊を収容し南雲機動部隊は北東へ退避[2]。断続的な襲の為兵装転換はなかなか進まず。

9時18分ごろより空母から発艦したTBDの攻撃が始まる。

10時20 フレッチャー少将、まだ見つかっていない日空母の発見のために『ヨークタウン』にあった17機のSBDの内、10機を北西への索敵に発進させる。

10時22、ようやく兵装転換終了。南雲長官、直掩機増強のため艦戦は準備出来次第発艦せよと示、上直掩の増援のため零戦が発艦を始めた。

10時24分、『ヨークタウン』と『エンタープライズ』より発艦したドーントレス急降下爆撃により『赤城』・『加賀』・『蒼龍』が被弾する。
ヨークタウン』隊と 『エンタープライズ』隊は別々に進撃していたが、偶然が重なり図らずも同時攻撃となった。日本側はTBDに気を取られ、SBDには気付いていなかった。

10時46分南雲長官が旗艦を『赤城』から『長良』に移乗を開始。その後、旗艦に将旗が翻っていないことに気付いた次席指揮官の第八戦隊阿部揮を引き継ぐ。

10時50、第八戦隊阿部空母への攻撃を命、同時に山口少将は「全機今ヨリ発進敵空母ヲ撃滅セントス」と報告。

10時58、『飛龍』より艦爆18機、艦戦6機による第一次攻撃隊発艦。
途中、第一次攻撃隊は帰還中のSBD6機を発見、日本艦隊への攻撃隊と判断した艦戦隊は攻撃を行った。双方撃墜機はかったが、日本側は艦戦2機が損傷や弾薬の消耗により帰還した。

11時30 『長良』への南雲部の移乗が了し、機動部隊の揮を執ることや当時の戦況などを報告。

11時53 南雲長官、『飛龍』の攻撃に乗じて水上戦闘を企図。

12時08分、『飛龍』の攻撃隊による爆撃で『ヨークタウン』に250キロ爆弾三発命中。『ヨークタウン』中破。煙路損傷により一時的に航行不能になるも1時間半後には復旧。飛行甲も損傷したが25分で修復は終わり、日本の第二次攻撃隊襲来時には直掩機を発艦させている。
ヨークタウン』はレーダー線が使用不能になり、煙で発信号も使えないためフレッチャー少将重巡アスリア』への移乗を決定。
日本側は艦戦4機の護衛がついていたが直掩の12機のF4Fにより艦爆10機、対火により艦爆2機が投弾前に撃墜され、投弾後に更に1機が撃墜された。艦戦も3機が撃墜される被害を受けこれらは山口少将の予想を上回るものだった。
第16任務部隊ではブラウニング大佐より即時攻撃が進言されるが、スプルーアン少将日本空母の正確な位置などの情報を得てから攻撃することを決断し待機した。

13時30、『飛龍』より艦攻10機、艦戦6機による第二次攻撃隊発艦。

13時38分、『飛龍』に第一次攻撃隊が帰還する。

14時40、『飛龍』の第二次攻撃隊が『ヨークタウン』に魚雷二本命中。『ヨークタウン』大破、航行不能14時58に総員退艦が発される。
日本側は直掩の12機のF4Fや対火により艦攻5機、艦戦2機が撃墜される被害を受ける。

(後に『ヨークタウン』は日本海軍の『イ168潜水艦魚雷で撃沈する)

15時20 山口少将は攻撃隊の被害と残存機数から間攻撃の成功率は低いと判断し、第三次攻撃を薄暮まで延期。攻撃の成功率を高めるため『赤城』へ発艦可機があればまわしてほしいと連絡をとっている。
それまでの情報から空母は残り一隻で攻撃隊も先の攻撃で相当消耗しており、艦戦は較的数が多かったことから攻撃があっても防げると判断した。南雲中将間の攻撃は困難と判断し、一旦北西へ退避、飛龍の攻撃に乗じ夜戦を行おうと企図した。

15時45、『飛龍』に第二次攻撃隊が帰還する。

17時03分一残った空母飛龍』が爆撃を受ける。
飛龍被弾後も南雲長官は夜戦を行おうとしたが、空母に関する更なる報告(筑摩2号機の報告を受けた『筑摩』艦長から空母は4隻と阿部へ報告され、この情報は残存空母は1隻と考えていた南雲長官に大きな衝撃を与えたという。)から夜戦の見込みは薄いと判断し西方へ退避を始めた。
連合艦隊部には南雲部の判断は消極的と捉えられたようで、第二艦隊に第一機動部隊を揮下におき、夜戦を行うように命している。
を受けた第二艦隊の近藤長官は夜戦に関する命を行うが、夜戦の見込みが薄いとも判断しており、明朝偵隊と瑞鳳の艦攻隊で攻撃を行うことを企図している。第二艦隊から命を受けた南雲長官は反転した。

18時00頃フレッチャー少将、スプルーアン少将揮権を移譲。

19時15分、『蒼龍』沈没。

19時26分、『加賀』沈没。

23時55戦艦大和』の山本長官がミッドウェー作戦中止を決定する。

6月6日

4時50、自沈させる為『』、『萩風』、『野分』、『舞風』より放たれた魚雷により『赤城』沈没。

5時10分、自沈させるため駆逐艦巻雲』より放たれた魚雷により『飛龍』が数時間浮き続けた後に沈没。

かくしてミッドウェー海戦は日本海軍敗北に終わった・・・。

日重巡三隈の喪失

MI作戦では第七戦隊支援隊として出撃していた。
3空母被弾後、連合艦隊部は作戦の続行を考えており、ミッドウェー飛行場には戦がまだ残っていることやハワイから増援が到着することも考えられ化する必要があった。
そのため、第二艦隊(攻略部隊)へ飛行場への撃を命じ、連合艦隊からミッドウェー撃の命を受けた第二艦隊の近藤長官はミッドウェーに一番近い支援隊の第七戦隊に行うように示。
連合艦隊部の命は第七戦隊でも傍受しており、近藤長官からの命を受ける前に現在の位置を報告、近藤長官も支援隊の位置情報から明直前の到着になる(撃から間もなくが明けるためリスクがある)ことを垣参謀長へ電文を打ったが、連合艦隊部からの返信はなかった。
その後、連合艦隊部からミッドウェー撃を中止と隊への合同を受け取る。
撤退中、第七戦隊潜水艦を発見、回避行動をとるが、『最上』と『三隈』が衝突。
衝突事故を報告した栗田は健在の2隻だけでも退避させるため、『最上』の護衛に『三隈』を付けその場を離れた。
ミッドウェーからの攻撃隊による攻撃を受けるが被害は軽微だった。その後、第八駆逐隊が護衛に合流した。
しかし、空母に捕捉され、『ホーネット』の攻撃隊による攻撃を受けた。
こちらも被害が軽微だったが、攻撃が続けば全滅する可性が高いと判断した『三隈』の崎山艦長は行動の変更を報告し、被害の少ない『三隈』だけでも離脱させようとする思いからか、高速でウェーク島へ向かった。『最上』の曽爾章艦長は「『三隈』の行動は致し方なかった」としている。
それから間もなく『エンタープライズ』からの攻撃隊が襲来、攻撃は『三隈』に集中し、大破。総員退艦が発された。
三隈』の救助作業中、『ホーネット』の第二次攻撃隊が襲来。一旦、退避したが『最上』に大きな損が出る。
この攻撃後、再度『三隈』の救助作業を行うべく、第八駆逐隊の『朝潮』が向かったが『三隈』の姿はかった。

米空母ヨークタウン撃破

6月5日、『飛龍』の反撃によりダメージを受け沈没のおそれから総員退艦が発された『ヨークタウン』だが、その後も浮かび続けていた。6月6日、『ヨークタウン』復旧のため『ヨークタウン』艦長のバックマスター大佐によりサルベージ班が編制され、6月7日に送られた。消火作業が終わり、傾斜復旧のため注や排作業、後方基地のハワイに退避準備を進めていた。連絡を受けて作戦域に入った潜水艦『イ168』は駆逐艦ハムマン』を横着けして復旧工事を進めている『ヨークタウン』を発見。

ヨークタウン』は、すでに乗員を移して、艦隊船『ヴィレオ』により3ノットでハワイに向かっていた。『イ168』艦長、田辺少佐は攻撃を決意。『ヨークタウン』の下を通過したり、その場で360度旋回しながら距離を図り、発見から9時間後に『ヨークタウン』に向けて4本の魚雷を発射した。内2本は『ヨークタウン』1本は『ハムマン』に命中。(アメリカ側の資料には各艦1発ずつ)

ハムマン』は沈。『ヨークタウン』は回復が難しくなり復旧作業は中断、6月8日5時01分に沈没した。
『イ168』は駆逐艦からの5時間に及ぶ爆攻撃に耐えて、戦場を後にした。

ミッドウェー海戦のその後

ミッドウェー海戦後はフィジーサモ攻略ジョントン・パルミ攻略を経て10月ハワイ攻略する予定であったが、この敗北により崩れさった。
MI作戦を中止した連合艦隊部や軍部は次期作戦を考え、MI作戦の再検討、FS作戦インド洋での通商破壊が案として挙がった。
部はFS作戦を推していたが、戦果の多くを挙げた零戦が航続距離の関係で活用できないことや戦体となる基地航空隊の機材や人員が足りないことなどの問題もあった。(6月22日の時点での充足率は戦闘機54、陸攻は79。人員の定数は常用機に対し150とされていたが、戦闘機搭乗員は121、陸攻搭乗員は106と定員割れおこしていた)
連合艦隊部はFS作戦に難色を示し、カントの通商路付近)を攻撃、空母を誘出して撃滅する案を提出した。
連合艦隊部と軍部は協議の結果、インド洋での通商破壊を行うことにしたが、連合軍はソロモン方面で攻撃を開始。
ソロモン域で日両軍が消耗戦を繰り広げ珠湾以来の熟練搭乗員を次々と失う事となる。

この戦いの後も日本海軍は戦を十分残しており、空母を4隻失ったが熟練搭乗員はまだ多数残っていた。
また空母同士の戦いは続き、南太平洋戦ではまだまだ対等な戦いを続けている。

それでも正規空母4隻とその艦載機を一度に喪失したのは非常な痛手であった。このため、ミッドウェー海戦が太平洋戦争における転換点であるという根強いがあり、ソロモン域での消耗が転換期とすると別れている。

関連動画



関連項目

脚注

  1. *空母における飛行長は索敵や攻撃の準備など母艦から航空戦を支える役であり、実際の攻撃隊は飛行隊長揮する。飛行長という役職は基地航空隊戦艦巡洋艦などにもあり、それらでは飛行長自身が出撃することもある(ミッドウェー海戦では筑摩の都間飛行長が索敵に出撃しているが、利根武田飛行長は艦に残り第八戦隊部のサポートを行っている)
  2. *利根偵察機から発見した敵艦隊の位置、ミッドウェーより方位8度、250里、針路130度、速20ノットとの情報も得ており、北東への針路変更は敵機動部隊の捕捉をしたものとする説も存在する。

掲示板

  • 334ななしのよっしん

    2019/08/11(日) 19:34:11 ID: CDyqFTwfbj

    スタッフ見てから言ったんだろうね)

  • 335ななしのよっしん

    2019/10/09(水) 17:30:07 ID: DDPz070Rek

    図上演習赤城への9発命中を3発に減らして生き返らせたのに現実では3発も喰らわずに行動不能になってるのが笑いどころだよね。笑えねーけど。

  • 336ななしのよっしん

    2019/10/10(木) 20:20:10 ID: o74ydBa0bK

    エメリッヒ版は予算がかなり控えめ(日本円で約64億円)なのが心配。
    リサージェンスなんてもんを作ったから信用なくしたんだろうなぁ。

    >>335
    至近距離で発されて9発中3発命中(うち1発は頭部・顔面に被弾)しながら5時間以上意気軒昂だった犬養毅と同格か

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP