ガダルカナル島単語

ガダルカナルトウ

1.6千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ガダルカナル島とは、南太平洋に位置するソロモン諸島である。略称はガ

概要

ソロモン諸島を形成するのひとつで、同諸最大の現在ソロモン諸島政府が領有しており、首都のホニアラを擁するの中枢的存在。人口の大半がメラシア人、ポリネシア人で占められ、95キリスト教を信仰している。沿を除くほぼ全土が熱帯に覆われており、その様相は「砂漠」と称される。ガダルカナル島をる上で外せないのが、大東亜戦争時に日戦地となった事であろう。同の争奪戦は戦争の転換点と呼ばれており、教科書にもその名が記されている。

歴史

今でこそ絶の孤だが、およそ1万年前まではニューギニアと陸続きだったらしく、陸路で人類がソロモン諸島に到達。独自の文明や生活を築き上げていた。

1568年2月スペインの探検ドンアルヴァロ・メンダナ率いる探検隊がソロモン諸島に来訪。ここで初めて西洋の歴史に登場する。サンタイザベルに拠点を置き、ガダルカナル島を含む々を半年かけて探索古代ユダヤソロモンの名から取って「ソロモン諸島」と命名した。1595年、メンタナは再度の調を行ったが、マラリア患して病死した。

18世紀頃からアメリカフランスイギリスの探検が来訪するようになり、19世紀前半には宣教師捕鯨員、貿易商が進出。経済の拠点へとなっていく。当時、欧州による太平洋地域の植民地化が推し進められており、ガダルカナル島も例外ではなかった。やがてイギリスドイツ植民地化を巡って対立。最終的に両妥協し、ドイツが撤退する事で同意。ガダルカナル島はイギリス植民地となった。しかしイギリスは本を入れての開発はせず、小さなヤシ園や石鹸工場が作られた程度に留まった。

ガダルカナル島が日本歴史に登場したのは、大東亜戦争の時である。日本軍オーストラリアを孤立・脱落させるべく遮断作戦を企図。アメリカオーストラリアの補給線を断てる拠点を探していた。そしてソロモン諸島のガダルカナル島が適していると判断、1942年7月に設営隊を上陸させて飛行場を作り始めた。そもそもソロモン諸島は飛行場建設に向いておらず、一ガダルカナル島のみ密林を切り開けば建造が来た。

ところが8月8日、予想よりアメリカ軍の反攻が開始された。まだ十分な戦を送っていなかった事もあり、完成寸前の飛行場は連合軍の手に落ちてしまう。これを受けて日本海軍は直ちに反撃を開始し、ガダルカナル島の争奪戦が始まった。両軍ともしく戦い、潜水艦から戦艦まで沢山の艦艇が沈没。ガダルカナル島近鉄底海峡と呼ばれるほどだった。死闘の末、日本軍の補給線が次第に断たれ始めた。ガダルカナル島の将兵は飢餓に苦しみ、ガをもじって餓島と揶揄された。この惨状を受け、日本軍12月に撤退を決意。撤退を連合軍に悟られないよう猛攻や陽動を積極的に実施し、1943年1月31日より撤退を開始。駆逐艦1隻を触で喪失したものの、陽動が実を結んで何の損く撤退に成功。こうして日本軍はガダルカナル島から退却した。撤退までに24隻の戦闘艦と輸送、800機以上の航空機を喪失し、約2万人の将兵が死亡した。一方で逃げ遅れた将兵もいたようで、1944年伊26潜が運貨筒を運んで補給を行っている。

終戦後、しばらくアメリカ軍が駐留していたが、イギリスへと施政権が戻された。しかし原住民アメリカの統治を望んでおり、反英活動が活発化。戦争が疲弊していたイギリス独立を承認し、1976年に自治政府を発足させ、1978年ソロモン諸島独立させた。ガダルカナル島の首都ニアラにはマライタ民たちが出稼ぎに集まり、急速な経済発展を遂げる。しかし雇用を奪われるかもしれないと危機感を募らせた原住民マライタの排斥運動を開始し、民族紛争へと発展した。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/16(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/16(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP