今注目のニュース
梶裕貴、宮野真守に憧れ「彼こそがエンターテインメント」
9月26日「大腸を考える日」を制定/森永乳業
策士ここにあり! 寝たフリをしながら虎視眈々とご飯を狙う猫ちゃんが賢い

遠山の金さん単語

トオヤマノキンサン

掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

遠山の金さんとは、時代劇の作品である。

概要

江戸時代実在した人物・遠山元を主人公にした時代劇である。

  1. 江戸北町奉行である遠山四郎(通称・金さん)が遊び人に成りすまし、江戸で起こる事件に関わってゆく。
  2. 遊び人の姿で悪党を倒し、配下に捕縛させた後、奉行所でのお州にて悪党を裁く。
  3. 悪党は北町奉行=遠山四郎と遊び人の金さんが同一人物とは認識していない。
    そのため、お州でシラを切る。そんな悪党を見た遠山四郎が、啖呵をきった後、遊び人の金さんシンボルである吹雪を悪党に見せつけ、悪党が観念するというパターンが定番である。

数多くの俳優が遠山の金さんを演じており、時代劇としては有名な作品である。
演じているのは以下の通り(TVシリーズのみ)。

初代:中村之助(遠山の金さん捕物帳)
二代:市川段四郎(ご存じ遠山の金さん)
三代:幸夫(ご存じ金さん捕物帳)
四代:杉良太郎(遠山の金さん)
五代:高橋英樹(遠山の金さん)
六代:松方弘樹(名奉行 遠山の金さん、金さんVSねずみ
七代:松平健(遠山の金さん)
一般的に、今の世代に知名度が高いのは杉良太郎松方弘樹版であろう。

『遠山の金さん』シリーズ以外で遠山四郎が登場する作品も多くあり、そのうち最も有名なのはTBS系列で放送された『江戸を斬るパートII以降)』であると思われる。

2015年9月23日から、上記のシリーズ時代劇専門チャンネルで放送決定。

子供の頃、の首の所から手をめくって遠山の金さんごっこした人、手をあげなさい。

実際の金さん

モデル遠山元は若い頃は庭事情が非常に複雑であり、それ故にグレてを飛び出したとされ、その時に入れ墨を入れたと言われているが、その入れ墨吹雪ではなく、女性生首であったり、はたまたそもそも入れ墨はないなど諸説ある。また元は袖がめくれると袖元をすぐに下す癖があり、入れ墨説に真実味を帯びてさせる結果となっている言うまでもなく時代劇にあるような手な活躍やお約束のようなお州こそフィクションであるものの、名奉行であった事は事実であり、時の将軍にその手腕を誉められ、「奉行の手本」とまで言われたほどである。

また、元が北町奉行の時は保の革が行われており、奢侈や娯楽への厳しい取り締まりが行われていた。そんな中であまりに厳しい取り締まりについて、庶民からは不満が噴出していた。そんな中で、中での生活経験のある元は老中の水野忠邦や彼の心である鳥居耀蔵へ「こいつぁ、ちょっち厳しすぎるじゃねぇのかい?別に厳しくさせるんじゃなくて、何事もほどほどであればいいんじゃねえのかい?」と革にかかる要職にありながら庶民の意見への理解を示す意見を行った。

この他、苛な綱紀粛正を伴う革に対する抵抗を悉く重ねた為に水野らに疎んじられた結果、まず共に革への異議を唱えた盟友でもある南町奉行の矢部定謙が鳥居の策略にはめられて失脚、左遷先で非業の死を遂げる。続いて元も北町奉行をやめさせられ、大付と言う名上は出世であるものの、事実上の閑職への左遷の憂きに合う。最後まで庶民の娯楽などへの過度の締め付けには反対し続け、庶民からの支持が高かった。ちなみに元に反例するように鳥居の評判は最悪に近いものであり、これもまた後の作品でも受け継がれている。

その後、革の失敗や鳥居の失脚などで元復権がなされると南町奉行となった。北町と南町の奉行を務めた事は異例中の異例であった。その後も順調に出世をしていき60歳で隠居の後に63歳で逝去。庶民の娯楽を出来うる限りで守ったり、将軍のお付きをもらった名奉行であった事は人々の心に強く刻みつけられ、大岡越前と並んで奉行と言えば遠山の金さんと現在でもり継がれている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/23(月) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/23(月) 07:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP