今注目のニュース
自然に起きる500倍という速さで植物の絶滅が進んでいることが世界最大規模の調査で判明(英研究)
エスカレーターで「身体的な事情で立ち止まっている」と示すキーホルダーが話題に 誕生の背景を聞いた
声優・大河元気が「げんやっこ」として花柳界デビュー? シュールな“全力コウメ太夫”も披露

Internet Explorer単語

インターネットエクスプローラー

掲示板をみる(328)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Internet Explorerとは、Windows付属のインターネットブラウザである。
ほらそれ、それだよ!今このページ見てるソレだよ!え、他のブラウザ使ってる? そんなことはしらん!

Windows版

Windows付属ということで、ほとんどの人が一度はお世話になった事のあるブラウザである。ほかのブラウザダウンロードするのに使われる。

IE4.0よりTridentトライデント)というレンリングエンジンを搭載している。
第一次ブラウザ戦争勝利し、一時はブラウザシェア9割以上を持つなどほかのブラウザを圧倒した。その弊としていわゆる「IE6専用ページ」が作られ、現在でも多くの被害者を出している。

現在ではWeb標準に準拠していない、独自実装が多いなどで批判されることが多いが、第一次ブラウザ戦争当時は較的準拠している方だった。
しかし、勝利したあとは新規格への対応が遅れたことや新バージョンリリースしなくなった(IE6からIE7までに5年かかっている)ことから「時代遅れ」の代名詞となった。
IE7以降でWeb標準への準拠が進められており、Internet Explorer 9で大きく善されている。

また、2000年代前半はIEの脆弱性が狙われることが多かったため、セキュリティが弱いというイメージを持たれている。IE6 SP2(というかXP SP2)ではセキュリティのために大がかりな変更が行われ、VistaのIE7で保護モードを導入するなど、最近は大きく善している。

IE6まではタブブラウザではなかったため、IEコンポーネントを利用したタブブラウザを利用する人も多かった。代表例としてSleipnirunDonutなどがある。
IE7からはタブブラウザになったが、動作が較的重かったことや機不足から引き続きIEコンポーネントブラウザは使われている。

しかし、2015年に発売予定のWindows 10では、IEに代わる新しいブラウザMicrosoft Edgeを搭載することとなった。Windows 10の正式版ではIE11とMicrosoft Edgeが両方提供される予定であるが、今後IE12が開発される予定はなく、バージョンとしては11で終了する予定である。
ただし、サポート期間中の修正プログラム提供は引き続き行われる予定。

Windows版のIEは、1.0が1995年8月24日提供されてから、IE11.0が提供される2013年10月17日提供されるまで約18年2かもあり、同じソフトウェア名を使用したメジャーブラウザとしては、2015年現在最も長期であるといわれる。

各Windowsの対応

強調はデフォルトのIE

XPにはIE9以降が、VistaにはIE10以降が提供されないことが決まっている。

Windows 95/NT4.0/98/Meでは IE 1.0、2.0が動作することが確認されているが、正規のインストールのものではない。

上記以外でもサードパーティーインストラーで動作する場合がある。

Mac版

こちらも古いMacユーザは一度はお世話になっているであろうブラウザNetscapeiCabなどでは見る事の出来ないサイトが多かったためIEを使う事も多かった。MacOS8.1からはAppleMSの業務提携により標準ブラウザの地位を射止めている。

しかし、Mac OS Xに移行すると、MSとの契約満了によりそれなりに有能SafariOS X 10.3以降標準ブラウザとなったためだんだんIEの影が薄くなり、とうとうMicrosoftが配布とサポートをやめてしまった。

Mac版のIEは「他のブラウザべ動作が重い」「何かあるとすぐ落ちる」「午前0時フリーズ」という三重苦を背負っていて、現在では対応しているサイト減し、OS9ユーザも和ジラ日本語化されたMozilla)などのブラウザ乗り換えている事が多い。

そんな駄な点だらけのMac版IEだが、バージョン5のレンリングエンジンTasmanはWindows版IEのTridentより標準準拠度が高かったりする。これはMac版IEの開発チームWindows版のそれとは別チームだったことに由来するとか。

Windows Mobile版

Windows CE 1.0向けのブラウザとしてPocket Internet Explorer 1が1996年11月に発表された。これは既存のWindows版を移植したものではなく、局限まで軽くするべく1から書かれたものであった。

WindowsMobile5向けのもの以降ではInternet Explorer Mobileに名前が変わっている。

かつては、名前こそPocket IEやIE MobileとなっているがWindows版とはレンリングエンジンも別物であった。

他の有料ブラウザNetFront BrowserOpera Mobile(もともとは有料だった)とべて表示性も悪かったり、タブに対応していなかったり、たまにファイルダウンロードせずにテキストファイルとして開いてしまうことがあるなど使い勝手はいまいちであった。

Windows Phone版

Windows Phone 7以降向けであるIE Mobile 7でレンリングエンジンTrident 3.1と4.0のハイブリッドのものに変更され、現行最新版のIE Mobile 9もTrident 5.0になっており、Windows版と変わらないものを採用している。

IE Mobile 9ではHTML5.0やGPUハードウェアアクセラレーションにも対応している。

IEのニコニコ大百科における功罪

IEで意図した通りに表示できればいいや、という編集者を多数生み出している。例えば、表やリストのセンタリングはIEとその他のブラウザ間で、動作の違いが顕著に表れる(もちろんIEの動作がおかしい)。

<table align="center" width="100">
...
</table>

これでIEならば横幅100ピクセルの表が画面の左右中央に表示されるが、他のブラウザでは左寄せになって表示される。IEでも他のブラウザでも正しく表示させるには

<table align="center" width="100" style="margin: auto;">
...
</table>

としなければならない。なぜこうしなければいけないかの説明は割と複雑なので詳細は略(ns.css内でtable { margin: 0; }が定されているためいろいろ厄介なことになっている)。

修正されました。しかし、table以外の要素(ulとか)をセンタリングするときは依然問題が残っています。

凝ったレイアウトページ製作する大百科編集者各位におかれましては、IEで表示できたからOKではなく、他のブラウザでも正しく表示されるかどうか確かめていただきたい。
「弱小ブラウザとかしらねーよ」とおっしゃる気持ちはよく分かりますし、対応するのは正直面倒です。しかし、IE8ではデフォルトウェブ標準仕様に従うようになりました。今日の弱小ブラウザの動作は明日のIEの動作。め、めの対策が重要です。

Windows 7上のIE11では保存時に警告が出るため使ってはいけない(もしくはFirefoxなどのGeckoエンジンの搭載するブラウザを推奨)。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/18(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/18(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP