LindenLab単語

リンデンラボ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

LindenLabリンデンラボ、略称:LL)とは、アメリカカルフォルニアサンフランシスコに本社があるIT企業、LindenResearch社の開発スタジオである。メタバース(仮想世界提供サービスSecondLifeセカンドライフ)」を開発運営している。

概要

1999年に皮膚感覚フィードバック技術ことハプティックスを応用した「The Reg※1」を開発するハードウェア会社として、元リアルネットワークの最高技術責任者だったフィリップ・ローズデールなどによって設立。The Regソフトウェアとして※2、2001年に開発を開始し※3、仮想世界化させた「SecondLife」を2003年6月リリース。このサービスを利用していたドイツ籍の中国人アイリン・グラエフの活動が大きく取り上げられたことで注される※4。

その後同サービス良しつつ2013年iPadアプリBlocksWorldリリース2017年にはVRラットフォーSansar(サンサール)のオープンクリエイターベーター版をリリースした。

しかし2020年3月25日VRの普及が予想以上に遅れ、人気が出なかったのを理由にSansarWookey社に売却※5、同年7月9日にはランディウォーターフィールド氏とブラッドオーバーウェイガー氏による民間投資グループへ会社ごと売却することにした※6。なお事業は継続するようである(以降、仮に『LindenLab(2代)』とする)。


※1 The Regは試作段階で開発休止になった。なお、LindenLabは将来当初的のハードウェア開発を再開するとアナウンスしているが現時点では予定されていない。The Regexit SecondLife Wikiaより。

※2 The Regexit SecondLifeWikia

※3 当初ガンシューティングゲームとしてデザインされている

※4 セカンドライフの億万長者は、武漢で暮らすドイツ国籍の中国人、アイリン・グラエフ。exit

※5 セカンドライフ開発元、メタバースを目指していたVRサービスを譲渡exit MoguraVR 2020年3月27日

※6 投資グループがリンデンリサーチ社の買収することに関してexit LindenResearch社プレスリリース 2020年7月9日

沿革

1999年、設立※1

2003年6月SecondLifeリリース※1

2007年Windword mark interactive社よりWindLightおよびNimbleを買収※2

2012年2月ゲームスタジオLittleTextPeople」を買収※3。

      りPataernsリリース

2013年BlocksWorldリリース

2014年Sansar開発をするためにPatterns提供を終了※4

2017年Sansarオープンクリエイターベーター版リース※5

2020年3月25日Sansarを売却

2020年7月9日、会社ごと民間投資グループへ売却を決定


※1 History of Second Life(英語)exit

※2「Second Life」のLinden Lab,買収したグラフィックス技術をオープンソースにexit

※3 ゲームスタジオのLittleTextPeopleを買収exit 

※4 Pataernsの総括(Steam)exit

※5 Linden Lab、ソーシャルVRプラットフォーム「Sansar」のオープンベータ版をローンチexit

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/21(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/21(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP