Sansar単語

サンサール

2.8千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Sansar(サンサール)とは、Wookey Project社が開発しているソーシャルVRラットフォームである。

概要

LindenLab社がソーシャルVRラットフォームとして2014年6月ブログメディアNew World Notesが報じ※1、2015年5月5日Project Sansarとして正式発表し※2開発を開始、2016年招待制としてクリエイター開。2017年7月オープンクリエイターベーター版としてリリースした。2012年から開発してきたPatterns(パターンズ)はこのサービスの開発に資を集中させるのために開発を終了させた。2018年Steamでも配信することを発表された※3。

関連機器サービス等の時系列紹介するが、ヘッドマウンドディスプレイOculusRiftオキュラスリフト)のプロトタイプ開が2012年、開発者向け開が2013年、一般発売が2016年LindenLab運営しているSecondLifeセカンドライフ)がOculusRift対応を予告したのが2013年※4、諦めたのは2016年7月頃※5である。

VRサービスを謳ってはいるが、蓋を開けると約75ほどのユーザーデスクトップPCにて利用しており、CEOまでも「事実デスクトップPC向けサービスであろう」と言する状態である。利用が低迷しており、「SecondLifeの利益をSansar開発に投入するのはいかがなものか」との疑問もあるが、CEOは両方とも大切なサービス末永運営したい旨をっていたが※6、2020年2月21日SecondLife公式チャンネルライブ配信で、Sansarの処遇を見直し引き続きサービスが続けられるよう譲渡先を探している、運営元であるLindenResearch社はSecondLifeとそのユーザー決済サービス「Tilia」に運営の重点を置くとのアナウンスをした。※7※8 


※1 BREAKING: Linden Lab Confirms It's Building New Virtual World "Far Beyond What Is Possible With Second Life" (Updated With Official Statement)exit

※2

※3 We've come a long way together. We can't wait for what's next.exit

※4 Linden Lab、3D仮想空間「Second Life」にてVRヘッドマウントディスプレイ対応を予告exit

※5 Linden Lab、3D仮想空間「Second Life」のVR対応を中止 新たなVR仮想空間「Project Sansar」の開発に集中exit

※6 インタビュー動画:SecondLifeとSansarの将来についてLindenResearch社CEOエッベ・アルトベルグ氏が語るexit New World Notes 2019年4月5日

※7 SecondLife運営元エピソード14「2020年ロードマップについて」exit SecondLife公式チャンネル 2020年2月21日

※8 リンデンラボがSansarの譲渡をアナウンス...exit New World Notes 2020年2月21日

Nexusアップデート

2019年9月に行われた大規模アップデートアトラス地図)に代わりコデックス(記録簿)に代わり、過去に訪問したワールドに簡単に行くことができるようになった。またSocialHUB止されポータルワールドNexus」が設けられ、イベントワールド公式クエストの案内も行っている。

技術

マルチメディアライブラリDirectXを採用している。

特筆すべき部分は多くの開発会社がUnityUnrealといったすでにあるゲームエンジンを採用するが、Sansarは独自開発のゲームエンジンであるとされる。今のところ美しい静的観を作りだすことはできるが、物理特性や制御の仕組みは未完成である※1※2。これからの良を期待したい。


※1 セカンドライフのLinden LabがVRシミュレーションのベータ版を公開exit 2017年8月2日 TechCrunch日本

※2 人気のあるVRChatUnityを採用している。

システム要件

システム要件はその利用方法により違いがあるが、デスクトップユーザー推奨を標とした環境を整えるよい。Sansar公式サイト(2018年11月現在)exitより抜すると

参考までにSecondLife公式サイト(2018年11月現在)exitでのSecondLifeの推奨環境

となっている。

代用貨幣

サービス内の決済で使える代用貨幣として「サンサールドル(S)」が実装されている。日本人ユーザークレジットカードまたはデビッドカードで購入が可固定相場制100Sは約1ドル

ショッピング

公式運営のサンサールストアでデジタルコンテンツの購入が可である。

共通シミュレーター

Home

アカウント1つに1つのHomeホーム)が用意されている。ログインするとこの場所からスタートする仕組みで、最低限の操作を学ぶことができ、更衣室にもなる。またSocialHUBへのテレポーターも用意されている。

SocialHUB

運営が用意したコミュニケーションスペース顔文字を含めた文字チャット日本語対応)とボイスチャットが使用でき、その場にいるユーザーと交流ができる。2019年9月Nexusアップデート止。

2019年5月現在公式クエストをすることで代用貨幣「サンサールドル」が得られた。

Nexus

SocialHUBの代わりに設けられた公式ポータルワールド

ゲーム実況

運営によりゲーム実況は推奨されている。運営では下記のサイト紹介している。※1


※1 Streaming Sansarexit  2019年5月30日

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

sansarに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/20(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/20(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP