メタバース 単語

604件

メタバース

3.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

メタバース(Metaverse)とは、コンピューターネットワーク上に作られた仮想世界のことである。元々はパソコン通信の2Dチャットサービス3D化、インターネット上でサービスをしたもの。

概要

「メタバース」は「メタ)」と「宇宙ユニバース)」を組み合わせた造語で、もともとはSF作家ニール・スチーヴンスが1992年に発表した小説スノウクラッシュ」に登場する仮想世界の名称だったが、今はインターネット上に構築される仮想世界す言葉として使われている。

ユーザーアバターを操作してCGで作られた仮想世界の中で様々なことを行う。アバター行動は各法律および利用規約の範囲内であれば自由である。ゲームではないので提供者が提供するシナリオや設定等に左右されない部分が利点で、チャットから創作まで思うがままに楽しむことができる。

代表的なサービスLindenResearchリンデンリサーチ)社の開発スタジオLindenLab(リンデンラボ)が運営するSecondLifeセカンドライフ、旧名称LindenWorldリンデンワールド)、2003年公式開)。しかし、Web2.0サービスユーザー情報信者となり、コンテンツWebサーバーに蓄積する形態のWebサービスブログ動画共有サイトが代表例)としては使い勝手にやや難があり、あまり普及しなかった。また2010年以降、インターネット端末の急速なモバイル化(スマートフォン)もありモバイル端末で楽しみにくいこれらのサービスは勢いを失い、2020年に会社ごと身売り。

2014年ヘッドマウントディスプレイに対応したVRChatが登場、徐々に人気が出始める。2019年12月からの新型コロナウイルス感染症行動制限対策としても挙げられた。2021年に巨大SNS運営するFacebook社が社名を「Meta Platforms(通称Meta)」に変更してメタバースの実現に注する姿勢を示すなど、再びメタバースに対する注が集まった。2024年1月にはVRChatの同時アクセス数が10万を突破、先代SecondLifeの2倍に達した。

主なサービス

世代の中心となるサービス太字

第一世代

第二世代

歴史

太字サービス太字は分野を支える技術

前史

第一世代

第二世代

構築に関連する技術

受賞歴

ニコニコのサービスを絡めた活用例

マシニマ活用例

MMD

MMDのモーションをSecondLifeVRChat移植し、撮・編集することで本家MMDに近い動画を作成することができる。SecondLifeではカメラモーションの移植はできなかったが、VRChatでは移植に成功している。

SLダンス動画を参照

マシニマ

マシニマMachinnima)とはゲームグラフィックを利用して作られた映像作品のことである。

作例:日本が誇る世紀の某大泥棒アニメの全パロディ動画

プレイ実況

教育

SecondLifeでは大学を中心として教育活用しようとの動きがあった。

KADOKAWAグループ教育事業部門、角川ドワンゴ学園運営するN高等学校S高等学校では、2021年より授業に第二世代メタバースを活用している。

メタバースで出会える様々な人達

文学

関連項目

脚注

  1. *Metaのザッカーバーグ氏による“抜け殻バーチャル自撮り”がネタにされる。本人が「急いで撮ったから」と弁明exit 2022.8.20
この記事を編集する
関連記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP