synthesia単語

シンセシア

1.4千文字の記事
掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

synthesiaとは、MIDIファイル読み込ませることで縦スクロール(ピアノロール)の音楽ゲームを遊べるソフトである。

概要

Synthesia(シンセシア)は、キーボードピアノ盤に見立てて演奏する、無料配布されている音楽ゲームである。流れる音楽に合わせてキーボードキーを押し、メロディー演奏します。PCキーボードを使った「キーボードマニア(キーマニ)/beatmania」と言ったところだが、PCMIDI対応の楽器を接続すれば、その楽器を入デバイスとして使用できる。

Synthesiaのプレイ画面には、楽譜を模した縦線と、その下に盤の絵が表示される。音楽が始まると、音符の代わりにブロックが画面の上から落ちてくる。ブロックキーボードの絵にぶつかるタイミングに合わせて、対応するキーを押すことで判定され得点が入る。きっちり押すことができればプロのような名演を生み出すことができるはずなのだが、環境によっては、処理のラグによりきっちりと押せる方が迷演奏になってしまう場合もある。

デフォルトの収録曲数が100以上と多い。ジャンル童謡クラシックゲーム音楽などバラエティに富んでおり、難易度の非常に高い曲もある。しかし、キャラクター手な演出などはないので、ゲーム性を重視する人にはストイックすぎるかもしれない。何よりパートによっては押さなくてはならないキーが非常に多く、タイミングゲーや音ゲーと言うよりも覚えゲーと言った方が適切ではないだろうか。また、有料版ではで五線譜を表示させることもできるので、楽譜を読むのが苦手な人にとっては練習ツールとしても使えるが、暗譜してしまうと途端に難易度が低くなってしまうといった問題も抱えている。さらには前述の通り演奏者の環境によっては、示通りのタイミング完璧に弾きこなすよりも、示を無視して演奏した方が良い演奏になってしまう点はいかがなものかとも思われる。

現行版のsynthesiaではmidiファイルを右クリックするとsynthesiaが読み込み起ち上がる機が付加されており、以前までのフォルダ読み込みなどでの曲の追加よりも容易に曲の追加ができるようになった。

また、セッティング画面より、パーカッションパートメロディパートを別々の出先を定できるため、BASSMIDI DriverMIDIYORKなどを使用し複数に分けて音を出することで同時発音数が増え、音切れや出ないノートなどの症状の軽減が図れる。

10.1.3320以降のバージョンフリー版ではデフォルト曲のうちアンロックされている数曲のみしかプレイ、プレビューできないようになった。これは自作midiなども同様であるため、これから再生動画を撮ろうとする者は有料版を購入するか、どこからか旧バージョンを入手しないと再生動画の作成はできない。ただしバージョンアップの際にこの点は変更される可性は0ではない。(2015年2月現在

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/08(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/08(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP