単語記事: 卵

編集

とは、以下のことを表す。

卵の進化の歴史

元々、生物から誕生し、の中で生きてきた。やがて陸地に生活の糧をめた彼らだったが、元々棲だった生物は、たとえばカエルのように周囲に分を必要とするものが多かった。
そのため、せっかく陸地で生活していても、産時は辺に戻り、の中にを産み落として生育させる他なかった。

そこで陸上でも子供を産み落とせるよう編み出した秘策こそが、燥した固い殻にすることだった。これならば分がなく燥していても、子供は産まれることができる。にも歴史があるのである。

恐竜が繁栄できた理由の一つに、こうした頑丈なを産み落とすようになったからだ、という説がある。こうして陸上覇者となった恐竜は、絶滅の時まで君臨し続けることができたのだ。

漢字として

Unicode
U+5375
JIS X 0213
1-45-81
部首
画数
7画
読み(常用)
ラン
訓読み(常用)
たまご
𠨫
Unicode
U+20A2B
部首
画数
26画
𤓲
Unicode
U+244F2
部首
画数
7画
意味
  1. たまごたまご形のもの、丸形のもの、きんたま、大きい
  2. (鯤と通じて)
説文解字・巻十三〕に「そ物、することき者、生なり」とある。
字形
形。
音訓
読みは1.の場合、ラン(音、音)、2.の場合、コン(音)。訓読みは、たまご
規格・区分
常用漢字であり、小学校6年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
部首
は〔説文〕、〔玉篇〕で部首である。〔説文〕はほかに毈が属する。
育・子・色・生・卵巣胎・

異体字

  • 𠨫は、〔大字典・異体字表〕にある異体字。
  • 𤓲は、異体字。〔字彙〕に「音、することき者、𤓲生なり。典に見ゆ」とあり、〔康煕字典〕に「〔字彙〕に音義に同じ。まさに字の譌なるべし」とある。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8D%B5
ページ番号: 4772641 リビジョン番号: 2222502
読み:タマゴ
初版作成日: 11/11/27 20:25 ◆ 最終更新日: 15/06/21 20:24
編集内容についての説明/コメント: 水性→水棲、漢語大字典修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

卵について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/05/04(金) 11:56:43 ID: PFaQ7Kzz7f
たぁぁまぁぁごぉぉおいしゅう・・・
2 : ななしのよっしん :2012/11/22(木) 19:10:48 ID: jq3YTtmFBM
>>sm8233624

タコ
3 : ななしのよっしん :2013/05/12(日) 15:32:27 ID: fXTSqveo+7
>>sm20547416

  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015