単語記事: 叡王戦

編集  

叡王戦(えいおうせん)とは、将棋タイトル戦である。ドワンゴ催。2015年より一般棋戦として始まり、2017年の第3期よりタイトル戦となった。タイトル戦の中での序列は竜王名人に次ぐ3位。

概要

叡王と挑戦者による七番勝負が3月5月に開催される[1]。持ち時間は1時間、3時間、5時間が各2局ずつ、6時間が1局で、順番は対局者によって決められる。詳しいルール公式サイトを参照。

予選は段位ごとに棋士を分けて行なうトーナメント方式で実施され、本選トーナメント出場者16名を決定する。予選は九段5名、八段3名、七段・六段・五段2名、四段1名の計15名+シード者1名。持ち時間はチェスクロックの1時間、切れたら1手1分。1日に2〜3局の対局が行なわれる。女流棋士1名、アマチュア棋士1名も四段予選に参加する。

16名による本戦トーナメントは11月~翌1月にかけて開催される。持ち時間はチェスクロックの3時間、切れたら1手1分。本戦トーナメントの優勝者が挑戦者となる。

予選トーナメントの注局と準決勝以上の対局、そして本戦トーナメントと七番勝負はニコニコ生放送で生中継される。

開催〜第1期・第2期

様々な物議と論争を巻き起こした電王戦FINALの終了より2ヵ後、2015年6月に「電王戦に関する新展開」が発表された。

その内容は、

というものであった。かつて取り沙汰されていた“電王戦タッグマッチ”の公式戦化ではなく、プロ棋士タイトルを懸けて戦う新棋戦という形になり、併せて谷川浩司森内俊之の両永世名人佐藤康光永世棋聖、現役タイトルホルダーとして糸谷哲郎竜王のエントリーなども発表された。

その後、6月18日に新棋戦名として叡王戦棋戦補名から投票にて選ばれた。

これに勝ったものは電王と戦うのだから、人間の王と意味にしたい。ならば、人間しか持たない、知恵や智を競う将棋の頂点に相応しい称号を考えた。「」という字には、明らか、聡明、物の理に通じた、という意味(ニコニコ大百科による)がある。将棋理を人間とコンピュータがどちらが理解しているか、という意味もこめて。埼玉県 32男性

優勝者は叡王を冠し、翌年の頃に開催される電王戦の人類代表としてコンピュータプログラムの代表、“電王”との二番勝負に臨む。予選は九段が4名、八〜五段が各2名、四段が1名を基本とし、タイトル保持者数を勘案して決められた。第1期は九段6名、八段3名、七段・六段・五段2名、四段1名。本戦トーナメントも決勝以外の持ち時間は予選と同じで、決勝は持ち時間5時間(・夕休憩あり)の三番勝負。

第1期には159名のプロ棋士中154名が参加。この棋戦のみ、称号ではなく段位で呼称された(例: 郷田真隆王将ではなく郷田真隆九段)。

優勝賞などは非表だったが、日本将棋連盟棋戦情報ページでは一般棋戦の中で一番上に記載されており、優勝賞1000万円の朝日将棋オープン戦よりも高額であることが示唆されていた。

公式タイトル戦へ

2017年5月20日に行なわれた第2期電王戦第2局終了後の記者会見において、叡王戦公式タイトル戦に昇格することが発表された。タイトル戦の誕生は1983年に昇格した王座戦以来34年ぶりであり、新聞社以外が催するタイトル戦は史上初めてである。

歴代結果

開催年 優勝者 準優勝者
1 2015年 山崎隆之 郷田真隆
2 2016年 佐藤天彦 千田翔太

関連動画

関連チャンネル

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *タイトル戦としての第1回となる第3期のみ、本戦トーナメントの決勝が七番勝負となる。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%A1%E7%8E%8B%E6%88%A6
ページ番号: 5344981 リビジョン番号: 2558135
読み:エイオウセン
初版作成日: 15/06/18 20:13 ◆ 最終更新日: 18/01/30 20:00
編集内容についての説明/コメント: 細かい箇所を整理
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

叡王戦について語るスレ

97 : ななしのよっしん :2018/02/22(木) 00:28:47 ID: v6q3Dukn7e
七番勝負の詳細でたな

▼対局ルール
【第1局・第2局】持ち時間5時間
【第3局・第4局】持ち時間3時間
【第5局・第6局】持ち時間1時間
【第7局】持ち時間6時間
※全てチェスクロック方式/消費後は秒読み1分

チェスクロック方式だったのか・・・
98 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 02:22:12 ID: TI/AsdXAFj
いまだに電王戦やると思ってる人割といるよな、どういう層の人なんだろう
ソフトに詳しければもうやる意味ないと分かってるだろうし、将棋に詳しくても同じ
普段見ないけど電王戦だけはちょっと見てたみたいな層かな。一般層にはソフトと人間の棋R1000以上も離れていて手合い違いってことがあまり理解されてないのかもね
藤井聡太ももうソフトと戦う時代ではなくなったと言ってるよ(人がAIを参考にする時代に入ってる)

連盟は事実上の敗北宣言してるしドワンゴももうこれ以上はどんなレギレーションでも厳しいと理解してるんで理に続けてもにも得はないんだよ
棋士が大事な時間を割いて研究してまで負ける姿が見たいって特殊な人じゃなきゃ観たいとも思わないしね
いわゆるソフトは「もはや人間が相手になる次元にないから意味がない」と言うし、棋士ファンも「そんなことより公式棋戦に集中してほしい」と言うだろうから。そしてそれはどちらも正しい
勝てるとしてもデバッガーみたいな作業を繰り返すことになるから棋士時間の無駄遣い、これはやねうら
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
99 : ななしのよっしん :2018/02/24(土) 19:16:20 ID: /jGGy06U7R
人間の感情のゆらぎをプログラムに入れて再現して
ベセスダゲーよろしくバグまみれにすればワンちゃん
うん、全く意味ないな

それはそれとして良いPVだった
100 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 16:00:57 ID: ZRYojTbayY
予選の方を対AIでやればいい。
体調変化のAIなら、全プロ棋士だし
101 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 16:21:55 ID: RKhs7tw/CC
>>100
採点競技じゃあるまいし。
スマートで洗練された手をせば勝ちではない、どんなに汚い戦法でも先に王を取った方が勝つんだぞ
102 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 16:33:55 ID: hBz0vMAsDt
叡王戦の面いところは対ソフト戦の代表を決める棋戦として始まったのに
人間同士の泥臭い勝負を較的短時間の生中継で観れるところが好評だったことだ。
電王戦から全に切り離された今の状態に違和感はない。
103 : ななしのよっしん :2018/02/26(月) 02:13:35 ID: ZRYojTbayY
>>101
まさにそれ。詰将棋大会のように対局も採点競技にならないものか、と
104 : ななしのよっしん :2018/02/27(火) 08:06:49 ID: 04+s31hUWo
意味あんのかそれ?対ソフト勝率良くても対人では大したことないやつがタイトルホルダーになるかもしれんぞ
と、いうかソフトは棋を正確に判定する機があるわけでもないし、プロ棋士が相手にするのに丁度良い強さに設定されてたとしても負けるときは負けるし勝つときは勝つ
それとも強い人が常に勝つゲームだと思ってるのか?体調関係なしに勝ったり負けたりするわ、対AIだとしても人間側には体調変化あるし何がなのかさっぱりわからん
本命同士がぶつかり合って消えることが減るって意味だとしても、それを採用するためにはになるよう相当案を練らなきゃならないし、各方面への配慮の根回しも必要だし、それ用のソフトを作るまでに書ききれないくらいクリアしなきゃならない問題が多すぎる
しかも効果的かどうか全く不明。ふと思いついたこと書いたんだろうが将棋ソフトはそんなに万じゃない
105 : ななしのよっしん :2018/02/27(火) 09:19:39 ID: IpLnML6Q9Y
この将棋ソフトはレートいくつ、この棋士はレートいくつみたいなのを見過ぎて、将棋知らなくても強さはれると思い込んでる人は増えたな
106 : ななしのよっしん :2018/03/31(土) 06:29:18 ID: i7CfpUviBI
もし羽生竜王名人爆誕したら、高見金井が序列二位になるわけだな
羽生のすぐ後ろにこの二人のどちらがいるって状況面すぎるわ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829