単語記事: 叡王戦

編集  

叡王戦(えいおうせん)とは、将棋タイトル戦である。ドワンゴ催。2015年より一般棋戦として始まり、2017年の第3期よりタイトル戦となった。タイトル戦の中での序列は竜王名人に次ぐ3位。

概要

王と挑戦者による七番勝負が3月5月に開催される[1]。持ち時間は1時間、3時間、5時間が各2局ずつ、6時間が1局で、順番は対局者によって決められる。詳しいルール公式サイトを参照。

予選は段位ごとに棋士を分けて行なうトーナメント方式で実施され、本選トーナメント出場者16名を決定する。予選は九段5名、八段3名、七段・六段・五段2名、四段1名の計15名+シード者1名。持ち時間はチェスクロックの1時間、切れたら1手1分。1日に2〜3局の対局が行なわれる。女流棋士1名、アマチュア棋士1名も四段予選に参加する。

16名による本戦トーナメントは11月~翌1月にかけて開催される。持ち時間はチェスクロックの3時間、切れたら1手1分。本戦トーナメントの優勝者が挑戦者となる。

予選トーナメントの注局と準決勝以上の対局、そして本戦トーナメントと七番勝負はニコニコ生放送で生中継される。

開催〜第1期・第2期

様々な物議と論争を巻き起こした電王戦FINALの終了より2ヵ後、2015年6月に「電王戦に関する新展開」が発表された。

その内容は、

というものであった。かつて取り沙汰されていた“電王戦タッグマッチ”の公式戦化ではなく、プロ棋士タイトルを懸けて戦う新棋戦という形になり、併せて谷川浩司森内俊之の両永世名人佐藤康光永世棋聖、現役タイトルホルダーとして糸谷哲郎竜王のエントリーなども発表された。

その後、6月18日に新棋戦名として叡王戦棋戦補名から投票にて選ばれた。

これに勝ったものは電王と戦うのだから、人間の王と意味にしたい。ならば、人間しか持たない、知恵や智を競う将棋の頂点に相応しい称号を考えた。「」という字には、明らか、聡明、物の理に通じた、という意味(ニコニコ大百科による)がある。将棋理を人間とコンピュータがどちらが理解しているか、という意味もこめて。埼玉県 32男性

優勝者は王”を冠し、翌年の頃に開催される電王戦の人類代表としてコンピュータプログラムの代表、“電王”との二番勝負に臨む。予選は九段が4名、八〜五段が各2名、四段が1名を基本とし、タイトル保持者数を勘案して決められた。第1期は九段6名、八段3名、七段・六段・五段2名、四段1名。本戦トーナメントも決勝以外の持ち時間は予選と同じで、決勝は持ち時間5時間(・夕休憩あり)の三番勝負。

第1期には159名のプロ棋士中154名が参加。この棋戦のみ、称号ではなく段位で呼称された(例: 郷田真隆王将ではなく郷田真隆九段)。

優勝賞などは非表だったが、日本将棋連盟棋戦情報ページでは一般棋戦の中で一番上に記載されており、優勝賞1000万円の朝日将棋オープン戦よりも高額であることが示唆されていた。

公式タイトル戦へ

2017年5月20日に行なわれた第2期電王戦第2局終了後の記者会見において、叡王戦公式タイトル戦に昇格することが発表された。タイトル戦の誕生は1983年に昇格した王座戦以来34年ぶりであり、新聞社以外が催するタイトル戦は史上初めてである。

歴代結果

開催年 優勝者 準優勝者
1 2015年 山崎隆之 郷田真隆
2 2016年 佐藤天彦 千田翔太

関連動画

関連チャンネル

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *タイトル戦としての第1回となる第3期のみ、本戦トーナメントの決勝が七番勝負となる。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%A1%E7%8E%8B%E6%88%A6
ページ番号: 5344981 リビジョン番号: 2558135
読み:エイオウセン
初版作成日: 15/06/18 20:13 ◆ 最終更新日: 18/01/30 20:00
編集内容についての説明/コメント: 細かい箇所を整理
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

叡王戦について語るスレ

85 : ななしのよっしん :2017/08/12(土) 17:27:52 ID: X7C0fKwdUV
外から見てても面いからなぁ、今の状況
最強竜王最強ヒール
みんなの寄居所がみんなの倒すべき敵に
そこへなぜか乗り込んでくる企業ドワンゴ

こんなんでも興味抱くわ
86 : ななしのよっしん :2017/09/20(水) 17:13:28 ID: uTNL0PybXd
>>83 実際お金がないと棋士たちは生活できないしなぁ 「所詮」みたいなニュアンスではなく、将棋の伝統や格式に敬意を払ってそれに見合った額を払ってくれるスポンサーというのはやはりありがたいものなのでは
87 : ななしのよっしん :2017/11/04(土) 22:57:59 ID: eCITI0v+wc
これ、タイトルホルダーも本戦トーナメントからさないといけない?さすがに次からないか・・・
88 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 19:06:52 ID: 3fMZvxOHM0
>>86
スポンサーってキホン営利企業だしね

将棋にかける期待や熱意を測るならどれだけだせるかってのがわかりやすい
89 : ななしのよっしん :2017/11/30(木) 11:11:25 ID: PgQOUWvQhM
肝心のスポンサー速きな臭くなってて
90 : ななしのよっしん :2017/12/06(水) 20:49:09 ID: VxJ0edDK5w
なんとかなるだろうからへーきへーき!
91 : ななしのよっしん :2017/12/06(水) 20:53:30 ID: w0e2sJGawd
ニコ動が死んでもカドカワがあるもの
92 : ななしのよっしん :2018/01/08(月) 02:43:43 ID: 04+s31hUWo
>>82
長時間なら大体そんな感じだろうけど、叡王戦は予選とか短いから割と2000でもひっくり返るね
それに同じ1000点でも、序中盤からじりじり築き上げた確固たるものと終盤一手の緩手でひっくり返る1000点じゃ全く別物だしねぇ
極論言えば序盤で付いた1000点はまずひっくり返らないわけで
AIから見れば勝利への距離が同じなら変わらないのかもしれないけど、人間にとっては安全な歩くのと地雷原を歩くのでは全に別物だから……
93 : ななしのよっしん :2018/01/29(月) 23:40:04 ID: 3aH+rGJMGr
アニス金井vsプロ観る将高見と言うも想像できなかった決勝に…
いや二人とも申し分ない勝ちっぷりでしたけども。
カワンゴが「電王戦にはどういうわけかドラマが起きる」と評してたが、
コンピュータと関係ない棋戦になってもドラマは健在やなあ。
94 : ななしのよっしん :2018/01/30(火) 20:33:40 ID: v6q3Dukn7e
飲み放題の生棋士の思考(およびトイレ回数)に影を与えている可

いや、自前の飲料を飲んでる側が負ける絵が多い気がするので生は悪くないだろうけど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829