単語記事: 叡王戦

編集

叡王戦(えいおうせん)とは、将棋棋戦である。ドワンゴ催。

概要

トーナメント形式の棋戦であり、優勝者は王”を冠し、翌年の頃に開催される電王戦の人類代表としてコンピュータプログラムの代表、電王との2番勝負に臨む。

予選は段位ごとに棋士を分けて行なうトーナメント方式で実施され、本選出場者16名を決定する。予選は、九段が4名、八〜五段が各2名、四段が1名を基本とし、タイトル保持者数を勘案して決められる。第1期は九段6名、八段3名、七段・六段・五段2名、四段1名となった。第2期は第1期優勝者の山崎隆之が本戦シードとなり、予選は15名となる。持ち時間はチェスクロックの1時間、切れたら1手1分。1日に2〜3局の対局が行なわれ、各段位戦の準決勝以上を中心に5060局程度がニコニコ生放送にて生中継される。

16名による本戦トーナメントは10月11月にかけて開催され、もちろんニコ生による生中継も行なわれる。準決勝までの持ち時間は予選と同じ。決勝は12月に開催され、持ち時間5時間(・夕休憩あり)の3番勝負。

エントリー式の棋戦であり、第1期には159名のプロ棋士中154名が参加。この棋戦のみ、称号ではなく段位で呼称される(例: 郷田真隆王将ではなく郷田真隆九段)。

優勝賞などは非表だが、日本将棋連盟棋戦情報ページでは一般棋戦の中で一番上に記載されており、優勝賞1000万円の朝日将棋オープン戦よりも高額であることが示唆されている。

開催まで

様々な物議と論争を巻き起こした電王戦FINALの終了より2ヵ後、2015年6月に「電王戦に関する新展開」が発表された。

その内容は、

というものであった。かつて取り沙汰されていた“電王戦タッグマッチ”の公式戦化ではなく、プロ棋士タイトルを懸けて戦う新棋戦という形になり、併せて谷川浩司森内俊之の両永世名人佐藤康光永世棋聖、現役タイトルホルダーとして糸谷哲郎竜王のエントリーなども発表された。

その後、6月18日に新棋戦名として叡王戦棋戦補名から投票にて選ばれた。

これに勝ったものは電王と戦うのだから、人間の王と意味にしたい。ならば、人間しか持たない、知恵や智を競う将棋の頂点に相応しい称号を考えた。「」という字には、明らか、聡明、物の理に通じた、という意味(ニコニコ大百科による)がある。将棋理を人間とコンピュータがどちらが理解しているか、という意味もこめて。埼玉県 32男性

歴代結果

開催年 優勝者 準優勝者
1 2015年 山崎隆之 八段 郷田真隆 九段[1]
2 2016年 佐藤天彦 九段[2][3] 千田翔太 五段

関連動画

関連チャンネル

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *決勝戦当時は王将タイトルを保持
  2. *抽選当時は八段
  3. *決勝戦当時は名人タイトルを保持

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%A1%E7%8E%8B%E6%88%A6
ページ番号: 5344981 リビジョン番号: 2436955
読み:エイオウセン
初版作成日: 15/06/18 20:13 ◆ 最終更新日: 16/12/11 22:08
編集内容についての説明/コメント: 第2期
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

叡王戦について語るスレ

49 : ななしのよっしん :2016/06/25(土) 12:38:29 ID: lRbJd+7uNh
将棋の魅ってのは勝敗ではない、勝敗にたどり着くまでの過程に魅があるわけで
それを一番魅せることが出来るのがプロ棋士という職業であり存在意義
人間は人間が競ってる姿に一番魅を感じるものだからこれだけはソフトがどんなに進化しても勝つことはないよ

そしてソフトに勝つだけならアンチコンピューター戦略を構築すれば五分の勝負に持っていけることがチェス明されてるわけだけど
そんなのはコンピューター将棋攻略であって将棋の対局ではないと思う
阿久津八段とAwakeの対局がそのいい例だ
50 : ななしのよっしん :2016/07/02(土) 17:45:04 ID: v6q3Dukn7e
まぁ重要なのはコンピュータVS人ではなく電王決定戦の方だろうね
今後はコンピュータ同士がアンチコンピュータ戦術を発掘し合ってぶつけ合うことになるんじゃいかと

そういう点で叡王戦システムは良く出来ている
人間最強が対コンピュータ最強とは言えないように
コンピュータ最強が対人間で最強ではなくなる日もすぐに来るよ
51 : ななしのよっしん :2016/07/23(土) 02:32:53 ID: hBz0vMAsDt
再放送のコメント関係ない雑談ばっかだしやる意味ないのでは。
52 : ななしのよっしん :2016/07/24(日) 18:18:48 ID: XNRymAHf2X
定石という同じフィールドでの計算は人のより機械の方が高いから、人間側がソフト対策を徹底するか、定石外の戦いになるのは必至だろう
53 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 14:22:01 ID: Jfkf371UQc
>>51
電王戦タイムシフト制限で見れるけど、コメントできないタイムシフトを後で見直すよりは、再放送でコメを打ち合いながら見るほうが楽しい。
54 : ななしのよっしん :2016/10/01(土) 13:48:26 ID: xaY9sj8zbl
正直、コンピューターvs人間は将棋じゃない
apery vs 斎藤見てて思った
55 : ななしのよっしん :2016/11/09(水) 09:29:29 ID: aKgwt0PRTu
>>50
ソフト側は対局中に相手が人間(人間的し方)と判別して
やり方を対人間用にするようになるのでは
56 : ななしのよっしん :2016/11/30(水) 10:19:20 ID: 5NvbgVllP5
ある考えを研いだ人間と、ある考えを研いだ人間の戦いとして
将棋を楽しむにとっては、対コンピューター
PCベンチマークテスト見せられてるみたいで
すごいねとは思うけど楽しくはないかな
57 : ななしのよっしん :2016/12/01(木) 04:10:54 ID: hBz0vMAsDt
将棋としてはつまらないものになるって
長さんが言ってたのは正しかったね。
58 : ななしのよっしん :2017/04/03(月) 03:53:01 ID: 04+s31hUWo
電王戦が死んだら叡王戦も死ぬのかな
将棋ファン的には叡王戦だけでも面いんだけどな……
昨年から電王戦消化試合だと思ってたし……山崎が足りないとかでなくソフト側の棋がもうレーティング換算したら超えられない壁になってるしな
単に緩いノリソフトの判断とかも見ながらやる準棋戦ってのは二なんだから体ないというか
ニコニコというかドワンゴ自体が死に体だから限界なのかね……
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015