ウイングガンダムセラフィム単語

ウィングガンダムセラフィム

 

慢して、お兄ちゃん!そのゼロ壊してあげる!!

 

ウイングガンダムセラフィム(Wing Gundam Seraphim)とは、『新機動戦記ガンダムWティエルの衝動~』に登場するモビルスーツである。

本記事ではその試作機「ガンダムルシフェル」も解説する。

ウイングガンダムセラフィム

ロームフェラ財団の戦争推進営が、OZに回収された5機のガンダムデータを元にX-18722コロニーにて開発した量産型ガンダムの一つ。
ウイングガンダムゼロ(EW)の量産型であり、ガンダムルシフェルで試験的に積んでいたゼロシステムVer2.0のゼロシステム Ver2.5」を搭載している。
劇中では「ウイングガンダムセラフィム」ではなく単に「ゼロ」と呼ばれている。

一般兵用に簡易量産された戦闘攻撃機で、ウイングゼロとは一部のカラーリングが異なる。
このほか、ツインバスターライフルは一丁のバスターライフルへと変更、副サイドアーマーへの収納式になっており、大気圏突入時やバスターライフルの射撃時に展開される。

歌隊の少女ティエル・ノンブルーが乗り込み、 カールを探すために強行脱出。戦いに巻き込まれることとなる。

ガンダムルシフェル

ガンダムルシフェル(Gundam Luciferウイングゼロ量産化直前のゼロシステム試験機。
つまりはウイングガンダムセラフィムの量産前段階の試作機である。

セラフィムに搭載されたゼロシステムの前バージョンにあたる「ゼロシステム Ver2.0」が搭載されている。しかし試験機のため一切武装は施されていない。
ウイングガンダムゼロとの違いは、全身が塗装されていることと、が2対とも副となっており、背部にX字で配置されていること。

この機体に採用されたゼロシステムは欠陥品であり、テストパイロットであったカール・ノンブルーを乗せたまま暴走して行方不明となり、推進剤が切れたあとはプラント「戦士の墓」の付近でパイロットへの食料提供と生命維持のみを行い潜伏していた。

ティエルの衝動

AC195年。終戦から一カ後。
新教歌隊所属の少女 ティエル=ノンブルーは、前大戦時に行方不明となった カールを探すため、歌隊のコンサートホールに偽装されていた旧軍事プラントに複数生産されていたウイングガンダムセラフィムを強奪する。
の戦友であるトライノイ=リヴァンスキー(乗:ガンダムデリンジャーアームズ)、幼馴染歌隊所属の少女クルング=ポンラマーイ(乗:ティエンロンガンダム)と共に「戦士の墓」へ向かった。

追手として向かったガンダムデスサイズギルティガンダムサンドレオンを「戦士の墓」近辺で迎撃。デスサイズギルティサンドレオンの2機は「戦士の墓」へ墜落する。
その後デキムの兵となっていたクルングが本性を現して裏切り、セラフィムを狙う。ティエルは友人であるクルングとの戦闘を望まず逃げ続けていた。しかし、その最中にセラフィムゼロシステムが「暴走」。ティエルの意思に反してバスターライフルが発射され、ティエンロンを破壊してしまう。

落下したデスサイズギルティサンドレオンG-UNITシステム活用し、「戦士の墓」の兵器群を使用して緊急チューンナップして復活。再戦でデリンジャーアームズとの死闘の末に相討ちとなる。

一人残されたティエルの前にゼロシステムに取り込まれたカール(乗:ガンダムルシフェル)が現れた。
カール平和を願う想いから、ゼロシステムは「全人類の殺」という解答を導き出し、それを搭乗者であるカールにフィードバックしていたのである。

推進材が切れ、武装もしていないルシフェルからを切り離すため、ティエルルシフェルの破壊を試みる───。

関連項目

5機のガンダムの量産機

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウイングガンダムセラフィム

1 ななしのよっしん
2018/01/27(土) 04:23:05 ID: LWXFfI+WeG
Gジェネに参戦してほしい

急上昇ワード