幼馴染単語

オサナナジミ

幼馴染(おさななじみ)とは、幼少期の顔染みの事。子供の頃一緒に遊んでいた友達・親友の事。
「幼馴染み」・「幼なじみ」と表記する事もある。

概要

何歳から何歳までに仲良くなった友人の事をこう呼ぶかなどは決まっていないが、幼稚園児~小学生ぐらいまでの友人は将来に幼馴染と呼ばれやすい。
また、幼馴染と呼ばれる人間は総じて同い年かそれに近い年齢の友人が多く、年が大きく離れた友人は一般的に幼馴染とは呼ばれていない。

創作作品における幼馴染

家族に近い親近感、過去の体験や秘密を共有するという特別感、幼馴染というだけで自然と一緒にいられる優位性などが魅

幼馴染を扱った作品の歴史は古く、安時代まで遡る。
日本人にとってはの髄まで染み込んだ萌え属性かつ使い古されたという言葉も出ないほど定番の設定である。

異性ばかりが幼馴染ではない。同性であっても幼馴染である(意味深だね)。

創作作品の幼馴染特有の性質

定義上、主人公と見飽きたほどに見知った、あるいは本来見知っているはずの関係であるため、何かストーリーを描く場合もいろいろな特性を帯びている。

など、いくつか定番の設定がある。

展開にも定番があり、「思期になって恋心に気付く」、「幼馴染と自分の親友とのキューピッド役をやってしまう」、「元々上記の予定だったのが二転三転して幼馴染と自分がくっついてしまう」などがある。

何らかの理由で一度別れている場合、

遅かれ速かれ作中で劇的な再会をすることになり、その直後、あるいは間をおいて幼馴染だったときの話に発展する場合が多い。
いずれか、あるいは互いに相手のことを忘れている場合があり、思い出す過程が重要になることが多い。
単に「またあの頃のように…」となる場合もあれば、その再会が物語の重要なkeyになる時もある。

今日まで幼馴染との交流が続いている場合、

出会いの部分が省略され、はじめからある程度仲の良い状態でスタートすることになる。
互いに影を与えあって育ってきたため、明るく世話焼きな人と内気な人、な人とお調子者など、性格が対になっている例が多い。
アニメゲームでは主人公及び周囲の環境を良く知った状態で始めから登場するため案内解説役を兼任してくれる場合が多く、多くは最初や序盤から仲間にいるためプレイヤーにとっても「見慣れた顔」であり、ゲームでは戦として何かと頼りになる。

異性の場合

再会はその再会が作中の重要な部分を占める場合が多い。
転校した幼馴染とばったり再会、海外へ留学していた幼馴染が帰ってくる、などである。
ずっと一緒の場合は最初から最後まで頼れる相棒として活躍してくれる。
性質はまるで違うのに両者ともメインヒロインになる率が高い。

同性の場合

付き合いの長さから一番の理解者で親友になってる事が多い。
恋のライバルになる事はほぼく、終始キューピット役にする事がどである。

幼馴染の一覧

詳しくは「幼馴染の一覧」を参照。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

特にありません

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B9%BC%E9%A6%B4%E6%9F%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

幼馴染

500 ななしのよっしん
2018/12/15(土) 00:49:52 ID: fFnQl/+nG1
Zガンダムバッドエンドだけど幼馴染勝利してるんだよな
501 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 19:02:15 ID: lEpNwN0xWB
これまで積み上げて来た歳というアドバンテージがあるけど
余所者との競合にあえなく敗れるヒロイン…。
保守的立場の長所と短所を見事に持ち合わせたのが幼馴染属性なのかな。

成長や変化が正義ストーリー物では分が悪いが
現状維持正義日常物なら…しかしあそこは既に百合下か。


>>500
ブッ壊れた主人公が昔なじみに介護されるエンディング
502 ななしのよっしん
2019/02/06(水) 20:40:21 ID: wSniNC7297
幼馴染は所詮…「敗北者」じゃけェ…
503 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 02:29:23 ID: /c9j8ycWfF
ちゃん「勝利者だぞ」
504 ななしのよっしん
2019/02/13(水) 20:06:38 ID: 5qV+LjZ8YW
ちゃん物語開始時点で両思いだしね
幼稚園自体のエピソードでは新一の方が先に惚れたみたいだけど
505 ななしのよっしん
2019/02/13(水) 20:09:37 ID: 5qV+LjZ8YW
自体→時代
506 ななしのよっしん
2019/02/19(火) 11:44:45 ID: 9Ksa5+uI4S
の牙っていうの特撮にぃ、競合相手がいないのに拗らせた主人公に刺殺されるっていう新しい敗北ルートを開拓したヒロインがいるらしいんすよぉ…(悲哀)
507 ななしのよっしん
2019/03/02(土) 10:28:00 ID: 9pL8fhrago
見も蓋もないこと言うと、幼なじみは負けフラグ。というより出番がいのは負けフラグなのよね

今までの積み重ねのがある。というのも、その積み重ねが描写されなければ読者にはほとんど伝わらないわけで、そのくせ他のヒロインとのを深める方が描写されやすいから幼なじみは不利になりやすい

とある漫画で、気になる女子がいるけど女の子が苦手な主人公幼なじみの手伝いをされる。というのがあったけど、こっちは幼なじみが出っぱなしで、気になる女子の方が出番少なく、順当に幼なじみエンドだった
508 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 19:09:14 ID: c+hT0J88iV
幼馴染大勝利ラブコメ漫画だとコナン双璧レベルの認知度を誇るタッチ作者であるあだち充先生が描いてても、とうがらしでは出番が少ない主人公幼馴染敗北してるしなぁ
H2主人公幼馴染への好意を自覚する前にその幼馴染が惚れた親友との仲を取り持って上手くいかせてしまったから敗北してもやむなしだったし(あだち先生く「他のやり方もあっただろうけど流れに任せたらこうなった。読者からも主人公とくっついたマネージャーの方が幼馴染より人気だったからまぁ、許してくれるかなと(笑)」らしい)

を深める積み重ねは大事だよ。だから「ヒロインのために主人公が頑る」という幼馴染だろうと関係しの作品は幼馴染が勝てる
509 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 19:23:29 ID: dcESrXqo8x
あだち作品はタッチクロスゲームのせいで悲惨な過去の共有で深めてる偏見の中で強い