新機動戦記ガンダムW単語

シンキドウセンキガンダムウィング

『新機動戦記ガンダムW』(New Mobile Report Gundam Wing)とは、1995年4月から1996年3月まで放映されたサンライズ制作テレビアニメ

続編に、OVA及び劇場用アニメ新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」がある。

概要

監督 池田成
高松信司(途中代行)
シリーズ構成 隅沢
キャラクターデザイン 村瀬修功
音楽 大谷幸
制作 サンライズ
製作 サンライズ
テレビ朝日
話数 49話(TV

機動武闘伝Gガンダムの成功から、サンライズ制作したいわゆるアナザーガンダム路線の第二弾。
ガンダムシリーズとしては、もっとも成功したもののひとつ。

出てくるキャラクターが、総じて美男子でそれぞれ影を持つという事ということで、新たに女性ファン人気を得た。監督キャラクターデザイナー共に「鎧伝サムライトルーパー」(共通項はメインが5人、全員15歳)の製作に関わったからか。監督く、「ジャニーズガンダム」らしい。

その一方でガンダムは前作の影を受けた外連味重視の外見や設定を残しつつ、「お前を殺す」とか「死ぬほど痛いぞ」といった迷言に代表されるように、その美形キャラがぶっ飛んだ言動や行動を繰り広げるのが特徴で、色々な意味でインパクト重視という平成アナザーガンダムの傾向をしっかりと体現している作品であり、男性客層にも上々の評価を獲得している。

を越えた遠くアメリカでも「Mobile Suit Gundam Wing」としてガンダムシリーズでは初めて全ネットで全話放映され、非常に人気を博し多くのファンを獲得した結果、米国ファンガンダムの基本イメージがガンダムWとなったらしい。
ちなみに、これを機にファーストガンダムも再放映されたが、そもそもが古すぎたことによる落差や、軍事イメージの相違、さらに同じSFだろうとばかりにスタートレックファン翻訳脚本担当が暴走した結果等々が相まって散々な結果となっている。

詳しくは公式ページWikipediaexitを参照。

主な登場人物

ガンダムパイロット

ヒイロ・ユイ - 緑川光
主人公ヒイロ・ユイは本名ではなく、作中の故人に由来するコードネーム。任務遂行のためには自らの命すらゴミのように扱う少年
な搭乗機はウイングガンダムウイングガンダムゼロ
デュオ・マックスウェル - 関俊彦
陽気で社交的な性格。工作活動も得意。
な搭乗機はガンダムデスサイズガンダムデスサイズヘル
トロワ・バートン - 中原茂
無口で冷静なガンダムパイロット。経歴、出身などは不明でトロワ・バートンという名前も偽名である。前が異様に長く、大抵どちらかのが隠れている。
な搭乗機はガンダムヘビーアームズガンダムヘビーアームズ改
カトル・ラバーバ・ウィナー - 折笠愛
大富豪であるウィナーの嫡男で、が29人いる。普段は穏やかで戦いを好まない優しい性格。
な搭乗機はガンダムサンドロックガンダムサンドロック改
張五飛ちょうごひチャン・ウーフェイ) - 石野竜三
正義として悪と戦うことに固執するストイックな少年おでこが広い。
な搭乗機はシェンロンガンダムアルトロンガンダム

その他

ゼクス・マーキスミリアルド・ピースクラフト- 子安武人
OZに属する仮面モビルスーツパイロット。実は王子様。
な搭乗機はトールギスガンダムエピオン
トレーズ・クシュリナーダ - 置鮎龍太郎
OZのエレガントな総帥で、のち世界国家元首。常に独自の美学に従って行動し、その美学によってネタに事欠かないガンダムエピオンを設計する。
な搭乗機はトールギスII
リリーナ・ドーリアンリリーナ・ピースクラフト- 矢島晶子
メインヒロイン。立お嬢様かつお様なのだが、そうとは思えないほどのエキセントリックさと行動を持つ。
ドロシー・カタロニア - 松井菜桜子
中盤から登場する、リリーナとは別の意味でエキセントリック少女眉毛が凄い。
ルクレツィア・ノイン - 横山智佐
OZの仕官。ゼクスとは養成学校同期でちょっといい仲。あくまで「ちょっと」なのがミソ
な搭乗機はトーラス

主な楽曲

派生作品

平成三部作中ではもっとも成功したため、生作品は本家宇宙世紀シリーズや、元々生作品ありきであったガンダムSEED(コズミック・イラ)シリーズに次いで多い。

前日談と続編

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
ガンダムW本編の正当な続編として作られた、本編の1年後を描いたOVA作品。
後に再編集とエピソードが追加され特別編として映画化された。
ノベライズ版(著:隅沢之)ではEPISODE ZEROの内容も含んでいる。
コミカライズ版(漫画:ときた一)ではBATTLEFIELD OF PACIFISTの直後のストーリーとなっている。
新機動戦記ガンダムW EPISODE ZERO - 脚本:隅沢之 漫画:かんべあきら
ガンダムWの本編に含める予定であった各キャラクター前日談を題材にした漫画
単行本にはEndless Waltzの1年後を描いた後日談『PREVENTER 5』も含む。
GUNDAM EVOLVE../7 - 監督村瀬修功
EWの後日談を描いた、フルCGOVA作品「ガンダムイボルブシリーズの第7弾。
『1/100 MG ウイングガンダムゼロ Endless Waltz Ver.』の設計用CADデータを元にCGが作られている。
新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop - 著:隅沢之 イラストあさぎ
ガンダムエース』で連載されていた続編小説AC(アフターコロニー)からMC(マーズセンチュリー)に変わっている。TV本編やEWだけでなく、『EPISODE ZERO』や同時進行中の『敗者たちの栄』の内容なども含まれている。
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄 - 著:隅沢之 漫画小笠原智史
Frozen Teardrop』に続き『ガンダムエース』で連載されていた漫画
デュオを中心に描かれていて基本的にTV本編ストーリーを展開しているがヒイロ達のガンダムを始め、機体が『Endless Waltz』のデザインとなっている。さらに『Frozen Teardrop』『EPISODE ZERO』でられたTV本編前日譚や内容、機体なども描かれている。

本編とEndless Waltz間を埋める番外編

各作品は特に整合性が取られていないためそれぞれがパラレルであると見なすべきかもしれないが、同一時間軸であると解釈すると以下の順番になると思われる。

新機動戦記ガンダムW グランドゼロ - 漫画凪れく
本編終了後、平和となった時代のガンダムパイロット5人の心の動きを描いた漫画
新機動戦記ガンダムW BLIND TARGET
「新生ホワイトファング」の引き起こした事件を描いたラジオドラマ(脚本:面出明美)。
及びそのコミカライズ版(漫画あさぎ)。
基本的にモビルスーツが登場せず、人物ドラマのみを描いた、ガンダムシリーズとしてはしい作品。
新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST - 脚本:千葉克彦 漫画:ときた
政治団体「パーフェクト・ピース・ピープル(P3)」との戦いを描いた漫画
オリジナルモビルスーツ「スコーピオ」と「ビルゴ3」のデザイン石垣純哉。
五飛が敵になるまでとガンダムの破棄を描いており、ストーリー上はEndless Waltzに直結する。
ガンダムWのコミカライズ版(漫画:ときた一)はシナリオの初期稿を元に描かれているため、この作品やEndless Waltzと直結していなかったが、2003年の廉価版で加筆修正された。

パラレルストーリー

新機動戦記ガンダムW外伝右手左手に君を~ - 著:皆川ゆか(現:皆河有伽)
デュオ・マックスウェル役とした小説
本編時系列の整合性が取られていないため、パラレルワールドとして扱われている。

本編のキャラクターが登場しない外伝

新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT
本編と同時期である別の場所を描いたプラモデル企画及び漫画歴史から消されたもう一つのガンダムG-UNIT』の物語
モビルスーツデザイン阿久津潤一。漫画はときた一版とみずきたつ版(未完)がある。
BATTLEFIELD OF PACIFISTと共に本編MSVモビルスーツバリエーション)も兼ねており、リーオーヴァイエイトメリクリウス等の修機が登場する。
新機動戦記ガンダムW パーフェクトアルバム - 絵:おとといきたろう
いわゆる子供向けのムックだが、コミックボンボン誌上でデスサイズヘルアルトロン改造予想時に掲載されたものと本ムックで新たに描かれた各ガンダムバリエーションイラストが掲載されている。
新機動戦記ガンダムW エンドレスワルツ 最強プレイングブック
いわゆる子供向けのプラモデル販促用ムックだが、特筆すべき点が二つある。
Chapter 2 では石垣純哉デザインオリジナルモビルスーツウイングガンダム Endless Waltz バージョン」の作例が掲載されている。時系列本編中の扱い。
Chapter 3 ではオリジナルストーリーティエルの衝動」が漫画及び模型作例として掲載された。
プラモデル改造を楽しむための作品なので、モビルスーツデザインプラモデル改造して作れる簡単なもの。
時系列本編の1ヶ後で、G-UNITEndless Waltzとも繋がっており、また主人公ティエルちゃんが「行方不明を捜すけなげな」という萌えキャラのため、マイナーながらもコア人気がある。
SATANAS 創世の闇 - 漫画:椎
本編101年前であるAC.94を描いた漫画
残念ながら当時の「ガンダムエース」の読者には受け入れられず打ち切られている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

ガンダムシリーズ映像作品)
1st - Z - ZZ - V - G - W - X - - - 種運命 - 00 - AGE - BF - Gレコ - BFT - 鉄血 - BD
CCA - F91 - 0080 - 0083 - 08 - G-SAVIOUR - EVOLVE - IGLOO - STARGAZER -
UC - GPB - ORIGIN - サンダーボルト - Twilight AXIS - NT

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%B0%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E8%A8%98%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0w

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新機動戦記ガンダムW

691 ななしのよっしん
2019/08/02(金) 19:43:16 ID: Djn2w0KioG
>>sm35474059exit_nicovideo

公式が病気
692 ななしのよっしん
2019/08/03(土) 00:43:55 ID: 6mz3nA/fdo
フロティアは色々言いたい事はあるけど散々言われてたデュオのやさぐれDQNぶりに関してはこいつ元々こんな感じじゃねとは思ってた
デュオは周りがヤバ過ぎたから相対的に良識だっただけで結構やべーやつだろ
693 ななしのよっしん
2019/08/05(月) 17:49:55 ID: Vd3cTqoFez
ハチャメチャだけど面い」と感じたのは、このアニメが初めてだったな。
に演出してるはずのセリフすら、高度なギャグに見えるし
ロボットアニメなのに、生身のキャラの行動の方が、よっぽど見応えあって面かった。
694 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 18:43:40 ID: N8zJ+ublT+
ノーなんとか
結局ヒイロ以外総入れ替えなのにそっくりさん使うぐらいなら
やっぱ黒歴史かもしれない
695 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 23:06:23 ID: Pm0x4aqbtX
個人的な印ではあるけど
ガンダムシリーズでは特に評価がっ二つに分かれた作品だな
絶賛と酷評の両極端しかないって感じだった
Gガンガンダムとして見なければ面いみたいな評価で固まってたし
種はほぼ叩き一色だったからなあ
696 ななしのよっしん
2019/08/20(火) 19:37:50 ID: kVRpjSTBV0
酷評としては当時からジャニーズガンダムとか言われてたな、イケメン主人公達とかクセの強い特化ガンダムが複数いるとかたまったもんじゃなかったろうに、まあ後の平成ガンダム作品を見ると当たり前になってきたけどねw
ある意味平成ガンダムの流れを作ったんじゃないか

あとバンダイに怒られたっていう中盤のガンダム全く活躍しない期間、リーオートーラスがやたら動き回ってた
当時はここら辺で視聴をやめた人も多いんじゃないかな?
697 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 09:57:41 ID: iEKX3R6aCR
普通は死にたくないから必死で戦う主人公がベターなんだろうけど、自爆せざるを得ない、そうするしかない戦いに身を置いてる遇を考えたらなかなか重い話だよ。
戦いを終わらせるために戦う矛盾の終わりに戦いの範疇外にいた人々が自覚して立ち上がるエンディングガンダムシリーズの中でも一番綺麗だと思う
これを観るとガンダムとそのパイロット英雄になってはいけないんじゃあないかと考えさせられる
698 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 10:12:49 ID: yuqPkkrinn
>>695 種がたたき一色に見えるのはネットの普及の問題だけ
あれほど好評でヒットしたガンダムほかに探すほうがむずかしいぞ
699 ななしのよっしん
2019/08/28(水) 20:01:20 ID: IkPePSn/Bw
>>689に設定は組み込まれたから問題はないと思う
700 ななしのよっしん
2019/09/05(木) 00:17:31 ID: AXRdKGEWUd
なんやかんやでケレン味という面ではWと種がシリーズのツートップだと思うのさ
ヒイロの退的な美形ルックスにジャスコミュのイントロが流れるオープニングの衝撃たるや…
どっちも話はやや電波気味ではあるんだけども
電波じゃないガンダムって何ぞ?

急上昇ワード