ジャック・ラカン単語

ジャックラカン
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ジャック・ラカン(1901~1981)とは、20世紀に活動していた哲学者である。

概要

フランスの構造義に大きな影を与えた人物。実は著書は『エクリ』といくつかの論文のみで、彼の思想のほとんどが、「セミネール」の録音などをまとめたものである(実際は筆記用具、録音機器持ち込み禁止だったようだが)。

当初はジークムント・フロイトの流れをくむ、精科医であった。そんなラカンを一躍有名にしたのが「像段階論」である。幼児がに映った自分という他者を通して自己を定義するように、人間が自己を知るには必ず他者を媒介させなければならない、というものである。

そして構造義者になったラカンであったが、ラカンが用いた典的な表現として「意識は一つの言として構造化されている」というものがある。このは、フロイト的な意識の概念を、フェルディナン・ド・ソシュール言語学クロード・レヴィ=ストロースの構造義と結びつけたものである。
つまりソシュールのシニフィアンの連鎖を「構造」として理解し、フロイト意識はその連鎖によって構造化されるというものである。

さらにラカンは、人間意識のうちに言が介入してくることを、「大文字の他者」と表現する。「大文字の他者」とは人間社会そのものを成り立たせる根底的な秩序で、人間はその規範に意識的に従わなければならないのである。ラカンはこれをネガティブにもポジティブにも評価し、後者を「人間欲望は大文字の他者の欲望である」とし、そのことが社会秩序を作るとするのである。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャック・ラカン

1 ななしのよっしん
2020/11/02(月) 19:12:36 ID: Y4vX3SlpwJ
よくわからんけど進化心理学的なこと言おうとしてんの?