南竜介単語

ミナミリュウスケ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

南竜介みなみ りゅうすけ)とは、

  1. 横浜ベイスターズ千葉ロッテマリーンズに所属した元プロ野球選手外野手)。本項で記述。
  2. ロックバンド「バッキンガム殿」のギタリスト
  3. 漫画BECK』の登場人物。2がモデル

概要

1981年生まれ。兵庫県西宮市出身。右投右打。

報徳学園高校では甲子園に出場、森山周と3年間クラスメイトだった。1999年ドラフト5位で横浜ベイスターズに入団。野手としての獲得だったが、本人が投手続行を希望したため1年投手登録となる。が、ブルペンキャッチャーの届かないところに投げるノーコンぶりを披露してしまい、結局2年外野手に転向した。

外野転向後は、その強肩ぶりがシーレックスの名物になる。2004年に一軍初出場を果たし、守備固めでちらほら出番をもらったが、打撃難もあって横浜では一軍に定着できず、2006年の開幕後に山北茂利とのトレードで土居龍太郎とともに千葉ロッテマリーンズへ移籍。

ロッテ移籍後も相変わらず二軍暮らしが中心だったが、ときどき守備固めで登場すると、強肩を武器を見るような好守を見せる。2009年シーズン終盤に3本塁打を放つなど覚醒の気配を見せ、2010年センターでのスタメン出場の機会も得るなどして自己最多の57試合に出場。が、場に故障離脱してしまい、終盤に復帰したものの清田育宏岡田幸文の台頭でやや影が薄くなってしまった。

2011年は同姓の南昌輝が入団したため、登録名は本名と同じ「南竜介」になった。ちょっとカッコいい。シーズンではに代走・守備要員、たまにスタメンで起用されたが、シーズン後半には清田育宏の復帰や角中勝也の台頭などで工藤隆人が守備要員に収まったためはじき出され、32試合で打率.179と前年より数字を落とすことになった。

2012年は前半戦は外野をサブロー岡田中で固定することが多く全く一軍に上がれなかったが、8月21日に初出場。右翼中堅のスタメンを数試合経験したがあまり打撃がぱっとせず、そのうちに岡田の復調、二軍から上がってきた清田が結果を残すようになってきたためスタメン落ち。結局11試合で打率.227と結果を残せず、シーズン終了後戦力外通告を受ける。

2013年韓国独立球団・高陽ワンダーズのキャンプに参加。しかし契約には至らず。

その後の去就については報道がなく、現役を引退したものと思われるが詳細は不明。一時期、Wikipediaには「現在仕事をしている」と書かれていた。そらそうだろうけどさ。

前述の通り、南の最大の武器はその強肩である。ぶっちゃけて言えば肩だけでプロとして飯を食っていた希有な選手。プロ野球大運動会で、強肩で知られる英智(元中日)に勝ったその肩から放たれるバックホームは、あまりに強すぎて捕手が捕れなかったりした。試合前のノックでの外野からの返球は見物であった。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8D%97%E7%AB%9C%E4%BB%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

南竜介

1 ななしのよっしん
2012/07/19(木) 07:38:09 ID: hDg4vQzHt3
シーレックスで良く見てたわ…
いつの間にか消えたもんだと思ってたからロッテで名前見たときは嬉しかった

急上昇ワード改