編集  

対位法単語

タイイホウ

対位法とは、作曲編曲の際に役立つ基本的な手法・理論のひとつである。ここでは専門的な説明を避け、簡単に紹介する。より詳細な説明はWikipedia等を参照することを勧める。

概要

対位法は、複数の旋を互いに美しくかせたいときに用いられる。習得すると、メロディに対して不協和音にならないように裏メロを付けていくことが容易になる。さらに習熟すると、メロディをより美しく聴かせるためには裏メロの流れがどうあるべきなのかが分かってくる。ポイントメロディも裏メロも単体で聞いたときに旋として成立していることである。音大等では半期から通年の授業科になっていることもある。

組み合わせる旋の数によって、2対位法、3対位法・・・と頭の数字が変わる。しかし基本は2であり、2対位法をきっちりマスターしていれば3以上にもそれなりに対応できる。ちなみに4くらいを扱えると、弦楽四重奏や混合唱用の本格的な曲をかなりまともに書けるようになる。

 

関連動画

対位法タグがついている動画の内、特に対位法の効果が分かりやすい作品。

 

菩薩Pによる解説動画

 

関連商品

 

関連コミュニティ

対位法に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AF%BE%E4%BD%8D%E6%B3%95
ページ番号: 3098463 リビジョン番号: 1910486
読み:タイイホウ
初版作成日: 09/05/09 20:41 ◆ 最終更新日: 13/10/17 23:18
編集内容についての説明/コメント: 関連項目を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

対位法について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2010/05/30(日) 15:55:24 ID: XyQiNE6uX9
自分で勉強しようと思ってるんだけど、
オススメの本ってありますかね?
(一応↑の市場にある長谷川 良夫さんの本を
薦められたので考えてます)
2 : ななしのよっしん :2015/09/28(月) 12:38:43 ID: BBbQeKAVEc
自分で勉強するようなもんじゃない

音大入学とまでは言わないが大学作曲教えてるような先生に師事したほうがいい
対位法の前段階を数十年勉強してから本論に入ると思うが
3 : ななしのよっしん :2018/05/01(火) 00:13:30 ID: CAuG5JZHuQ
ルパンレンジャーVSパトレンジャー
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス