単語

ケイ

とは、東アジアの人名である。

漢字として

Unicode
U+6176
JIS X 0213
1-23-36
部首
心部
画数
15画
読み(常用)
ケイ
訓読み(常用)
-
𢙎
Unicode
U+2264E
部首
心部
画数
10画
𢝑
Unicode
U+22751
部首
心部
画数
13画
意味
よろこばしいこと、よろこぶ、めでたい、ことほぐ、幸せほめる、という意味がある。
説文解字・巻十〕に「行きて人を賀すなり」とある。
字形
諸説ある。甲文では(鹿もしくは𢊁)+(もしくは)という字形、文では、𢊁+心のような字形である。白川静は、𢊁(解𢊁)は裁判で使う動物で、勝訴した側の𢊁に入れ墨を入れる儀式があり、心はその入れ墨を表すとしている。
説文〕は「心にふ。吉鹿皮を以って贄と爲す。故えに鹿ふ」と、鹿省略の会意としているが、甲文・文ではは含まれていない。
音訓
読みはケイ(音)、キョウ音)、訓読みは、よろこぶ。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
・慶賀・慶幸・慶事・慶祝・慶弔

異体字

  • 𢙎は、〔字彙補〕にある古文
  • 𢝑は、〔篇〕に慶と同じとある異体字。
  • 簡体字は庆。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%85%B6
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 慶についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード