編集  

方言単語

ホウゲン

方言とは、ある言の内、標準の言葉に対して、地域や社会区分により使われる彙や文法に違いが見られる言葉のことである。

転じてプログラムにおける独自の言仕様に対してもこのが使用される。

自然言語における方言

まず、標準となる言について考えよう。これは、ある言のうち、話者数が多かったり、あるいは権威ある言葉遣いと思われるなどして、他の地域や社会階級の言葉に対し、何らかの面で優越、優勢となっている言葉である(日本において、江戸時代以前は京都方言江戸時代以降は江戸方言首都圏方言)。

これに対し、方言は標準的(と考えられるよう)な言葉ではないものをさす。

はその文化や土に合わせて変化することが多い。標準とされる言地域に対し、環境の違う地方では、独自の表現が用いられることが考えられる。あるいは、逆に標準とされる言地域では、社会の発展によって新しい文物が取り入れられ、それによって新たな彙や表現が獲得されていくに従い古い言葉がれていく一方、地方において、古い彙や表現が残ることもある。また、発音や文法も異なっていく。

この中央と地方の差が長年にわたって蓄積していくと、意思疎通が成されても同じ言葉とは思えない程に変わるのである。これが方言の形成となる。このまま、隔たりが開いていき、意思疎通も出来ず、共通の文法も見いだせなくなると、両者は異なる言と見なされるようになる。

複数ので使われている言における○○なまりというのも方言の一種と言えるかもしれない。フランス訛りの英語など。

方言か言語か

ある地域にのみ通用している言が近縁の言の一方言なのかひとつの独立した言(ないし地域言語)なのかについては明確な基準がなく、政治的意図に大きく左右される部分である。
ある人く、言とは軍事を持った方言だ、とか。

たとえば日本においては、統的体系が大きく異なるアイヌ語日本語方言とすることはないが、沖縄でもちいられていた言葉(≠沖縄弁)を日本語琉球方言とするか日本語族のひとつである琉球語とするかは、明確な基準が存在しない (ちなみにうちなーやまとぐちと呼ばれる沖縄弁独立した言として扱う者はめったにいない) 。

日本以外では、英語アメリカ英語)は同じ言と認識はされているもののアメリカ独立以来、その差は広がり続けており、文語の表記の違いや、互いに通じない口の表現も多くなっているのは確かで有る。

ドイツ語の中でも低地~中央~高地でそれぞれ連続をしているものの低地ドイツ語と高地ドイツ語では発音の体系が違うことから別の言だとする意見がある。

中国なんかでは、もはや北と南で方言と呼べないほどの差がある。それ故、中国語というのは場合によっては中国における言の総称と考えたほうが良い。

逆に、スペイン語ポルトガル語、あるいはさらにフランス語イタリア語まで含めたロマンス方言の内だという場合もある。実は、フランス南部方言(オック)は言語学的に、カタルーニャ語などのイベリア系との共通点も多く、南東部のプロヴァンス語は北イタリア方言と共通点を有するなど一概にフランス語方言とは言えないのである。また、北欧なんかだと隣合うの言葉がなんとなく通じるんだとか。

さらに極端なものだと、ユーゴスラビアが存在した時代にはセルボクロアチア(あるいはクロアセルビア語)とされた言葉が、ユーゴスラビア解体以後はセルビア語クロアチアボスニアなどのように別々なものであるとされている例がある。ユーゴスラビア崩壊から20年程度しか経過しておらず、また界地域では普通に会話ができているのに。

日本における方言

琉球語方言とするなら、まず日本語琉球方言とそれ以外の本土方言で大きく別れる。これらがわかれたのは日本語文字資料に表れる前であり、両者の違いはまさしく言方言かを争う際である。琉球方言はその多様性から琉球語とも称される。更に、琉球方言の中ですらそれぞれの方言が、方言なのか言なのかが怪しい。

本土の方言は、西日本方言と東日本方言に分かれる。この分割線は親不知子不知から越中と飛騨のを抜け、関ヶ原から木曽川に至るまでである。更に九州方言を西日本方言から分ける意見もある。

日本方言は、さらに八丈方言とそれ以外に別れる。それ以外に当たる方言は順に、北海道、北東北、南東北、西関東北関東)、東関東南関東)、越後、中部(長野山梨静岡)、濃尾(愛知美濃・飛騨)に分かれる。東日本と西日本方言差は万葉集にもあるくらい古くからあり、九世紀にはすでにその存在が意識されていた。

西日本方言は、北陸近畿中国伯、四国に分かれる。方言は旧出雲、隠岐と伯耆で話されている。余談だが、木曽川のお陰で三重は一応、近畿方言である。

九州方言は、肥、豊日、方言に分かれる。それぞれの範囲はおよそ旧のままである。

琉球方言は、まず本以北の北琉球方言宮古以南の南琉球方言に分かれる。北琉球方言は、奄美頭、沖縄に別れる。南琉球方言は、宮古八重山、与那に別れる。

そして、それぞれの方言は更にごと、地域ごとに分かれていく。

但し、分かれるといっても明確にどこかで別れるというわけではなく、連続的に変わっていくものである。(明確に別れる場合もあるが)

ニコニコ大百科に記事のある方言一覧

関連動画

関連商品

関連項目

プログラミング言語における方言

プログラミング言語において、言別による区分の他に、1つの言ごとに様々なコードの書き方の違いが存在することがある。特にLISPは自己拡が容易なため、ユーザー毎に書き方が違うと言ってもよく、またこれをして上述の言方言あやかって「方言」と言いならされており、今もプログラミング言語界に影を及ぼしている。

同じソースコードを記述しても、処理が変わってしまう、構文解析に失敗すると言ったことがある。
これは、処理系における差分が原因である。

従って、方言が含まれるような構文でソースコードを示す場合、その処理系を併せて示すのが一般的である。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%B9%E8%A8%80
ページ番号: 459225 リビジョン番号: 2457487
読み:ホウゲン
初版作成日: 08/08/13 20:40 ◆ 最終更新日: 17/02/09 18:41
編集内容についての説明/コメント: typo,hN要素
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

方言について語るスレ

203 : ななしのよっしん :2018/03/05(月) 22:45:28 ID: JdC0ahBJ/M
西郷どん鹿児島弁』の「クセがスゴいんじゃ・・・」「そだねー
今年は方言に注の集まる年なのかしら?
204 : ななしのよっしん :2018/05/06(日) 11:11:38 ID: pRgoSwoAs2
>>202
彙は変化しやすいけど発音は残りやすい傾向にあるから】
残念乍、発音は残り易いとう事はい。其の事は様々な資料・調に依って否定されている。方言の資料に出て来る様な其の土地の方言要素をしっかり備えている人々は精々明治生まれ位で、大正生まれでは共通化が始まり出す。譬えば富山の/ʋ/や山形の/ʃʃ/や/kçï/音、高知の/θ/などの音はどれ程残っているだろうか。

「消滅する方言音韻の緊急調研究」とう調2000年に始まり、其処での調内容は【四つ仮名、開合、両唇摩擦音、合拗音、ズーズー弁、ガ行・ザ行・バ行・ダ行の鼻音化、連音の融合、カ行・タ行の有化、セ・ゼの口蓋化など】と、してある。これ等の発音の違いや混同の存在は今世紀初頭には老年層でも危うかった。

例えば「」を/Feᵐbï/フェンビゥと言う老人が秋田山形には居るが、これは両唇摩擦音とバ行の鼻音化と中舌音の失われつつある三要素を含んでいる事になる。(厳密には/e/も東京と違い狭いので四要素)

東京には[摩擦音ʒi・zu]と[破擦音dʒi・dzu]の区別がないので、本来は区別する九州高知でも老年以下(人により老年でも)はジとヂ、ズとヅの区別がつかない。テレビと共に育ち、テレビから発音や言葉を習ったからだろう。(破裂音で言う事もあるにせよ) 中年がそうなれば、当然その子供も区別出来なくなる。

西暦19952000年東北各地で、当時老(七十歳位)~中(四十歳位)~少年(十五歳位)を対東北的な要素をどれ程保っているかを調した資料があるが、其れによると少年は「シとス」の区別、「イとエ」の区別共に共通的な区別を行うとう結果が出た。
老年はシとスを区別出来ず、イとエの区別も出来ないか、エを狭くイを中舌音で言う。中年は其れらの特徴が半分程の地域で失われており、少年皆無。ダ行前鼻音も若者は皆無東北の中年では特に秋田県北部で非共通的要素を保つ事が多い様だ。併し今では当時の中年が当時の老年の年に近づいて居る。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
205 : ななしのよっしん :2018/09/01(土) 13:42:58 ID: evqZcZ6s0C
weblio辞書って共通でも方言として載ってたりするのなんで
てかよく標準わかるならよくわからん方言しゃべるなっていう人いるけど
共通って言葉の通り、隔たりがあるわけじゃないからどこまで方言かわからない場合もある
というか普通の共通でも昔の人の表現はわからなかったりネットスラングなどの若者言葉というものもあるしそう簡単に言の統一なんてできっこないよ
206 : ななしのよっしん :2018/09/05(水) 02:21:16 ID: yhqDaBpeCu
意識高い系などという悪が上して方言を忌み嫌い馬鹿にするのが許せない
日本社会に対する最大級の侮辱だ
207 : ななしのよっしん :2018/09/05(水) 02:42:12 ID: vQzibL+jHb
>>204
彙の共通化が起こってもアクセントは維持される傾向にあるよね。
それでも、共通に引っられての合流する動きがあるようだけど。
208 : ななしのよっしん :2018/09/17(月) 15:05:55 ID: 0QECwzErJo
という単位にまとめるための国語整備と、
メディアの発達による距離・時間的障の排除というダブルパンチによって
の統合化の流れはもう止まらないんだろうね
方言が消えていくことはもう決まっているようなもので、
どちらかといえば日本語がいつまで統合化に反発できるのかの段階に移っていると見たほうがいいのかもしれない
209 : 削除しました :削除しました ID: XdU4fApDfT
削除しました
210 : ななしのよっしん :2018/10/20(土) 16:57:25 ID: uhOJxUhoBW
>>189
>地方民だけど方言なんてにしたことないんだけど
いや、そのりくつはおかしい首都圏以外在住なら、どこかしらで方言を知らず知らずのうちに聞いたことがあるはず。確かに現代では方言が減りつつあるとはいえ、全になくなったわけじゃないからね。
地方民なら、「共通だと思っていた言葉が実は方言だった」というケースに直面することが時々ある。
地方民だが、「なおす(片付ける、仕舞う)」は共通だと思っていた。
211 : ななしのよっしん :2018/10/20(土) 23:21:25 ID: Wlmu81i5pg
>>207
アクセントも大きく影を受けている事は間違いない。例として、秋田方言の本来の特徴と現在の若者の多くが話しているであろう変化を書こう。

秋田方言では二拍名詞の第四類と第五類のアクセントが、二拍に広音か狭音が来るかによって変化する。(広〇▷ 狭〇▷)
併し近年の調に由れば、若者のほぼ全ての二拍名詞が〇▷に為っている。〇▷は実は東京で用いられるアクセントである。伝統的なアクセントが消えてしまった訳だ。
本来 〇▷【糸肩婿汗など】 〇▷【息など】

秋田方言の音韻
 イ段とウ段が中舌音の/ï/と/ɯ̈/

弐 音単独のイとエがほぼ合流して居り、「」などの僅かなを除いてエに合流している。更にエは基本音の[e]に近い音。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
212 : ななしのよっしん :2018/10/21(日) 23:38:06 ID: Wlmu81i5pg
忘れていたが、ゼをジェ セをシェヒェヘと言うのも大きな特徴。

更に、撥音促音長音が前の音節と一緒になる。長音などの区別は一応存在するが、東北方言自体が東京よりもかに呼気が強い為に不安定で「校長先生」をコチョヘヘの様に発音する事もある。

呼気が強いと音体系にも影が生ずる為に、音が増加する傾向になる。東北方言の多くが六音なのも其の為だ。イとウが中舌音なのも強い呼気に影を受けて変化した為である。英語音が多い事や長短の区別がい事も斯うした裏事情がある。

補足
撥音と促音の後、及び音の後の子音には有化が起こらない。  北/kɕï̥ta/
ハ行は地域によっては/F/ではなく/f/で現れる事もある。
/ɛ(ː)/は/æ(ː)/である地域や稀に/ai/の儘である地域もある。
[-ŋ-]は一部の地域では前鼻音を伴う[-ⁿɡ-]である。
イとエの区別は(い)胆(い)居(ゐ)は[ʲï] 柄(え)絵(ゑ)江(𛀁)は[e]だが、イは今あげた彙の様な少数のみをイとする。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス