FLATBACKER単語

フラットバッカー

FLATBACKERとは日本ヘヴィメタルバンドである。
本項では1987年名したE・Z・Oについても記載する。

バンドメンバー

概要

FLATBACKER

1982年北海道札幌で結成。結成当時のバンド名は「FRATVACKER
音楽性としてはスラッシュメタルハードコアパンクロックを混ぜ合わせたものであり、歌詞も非常に過な物が多い。
1984年デモテープ「皆殺し」を発表。これを聴いた音楽ライター(現音楽評論家)の有博志が「北海道にとんでもないがいる!」と様々な音楽雑誌で記事にしたことにより注が集まる。
同年、コンテストで入賞し、1985年、ビクターより「戦争 -アクシデント-」でメジャーデビューバンド名も「FLATBACKER」になる。
デビューの際に「FRATVACKER」時代の楽曲を収録する変わりに一部過過ぎる歌詞の変更を余儀なくされてしまうも、それでも歌詞の過さは変わらなかった。

インディーズ時代と変わらぬ過歌詞サウンド山田日本人離れした歌唱により注が集まったが
1986年リリースされた「餌 -ESA-」を発表後に突如渡日本での活動がくも休止された。

E・Z・O

1987年KISSベーシストリーダーであるジーンシモンズのプロデュースによりアルバムE・Z・O」でデビュー
バンド名も「E・Z・O」(イーズィーオー)に名、音楽性もジーンプロデュースにより、FLATBACKER時代の過さが薄れたものであった。

バンド名に関してはE・Z・Oとしてデビューする前にマスコミに「NINJA-HANNYA」等の名前で告知されており、、如何にもアメリカ人のイメージする日本人的なコンセプトにされた事により、メンバー全員忍者と言う設定でKISSを彷彿させる歌舞伎メイクを施し、「忍者メタル」として売り出され、MASAKI(SHOYO(火)TARO(地)HIRO)と言ったキャラクター設定のみならず、キャッチコピーも「隠れて何をしてたんだ!」と言ったものであった。

FLATBACKER時代の過さが薄れた事により、過さを重視していたファンからは批判の対になってしまい、当時の一部の音楽雑誌の読者コーナーでもファン同士が葉書越しで口論になる等、話題性を集めていた。
1988年には凱旋演を行う予定であったが、中止になった。
この時期の全ツアーではガンズ・アンド・ローゼズと共に回っていたが、ダフ・マッケイガン(b)が見た当時のE・Z・Oの印は「教科書どおりの演奏だった」とやや否定的なコメントを残したが、年が過ぎた後、「(彼らが)ロックに対する姿勢はたちとさほど変わらないんだ」と評している。

1989年、それまでしていたメイクを止め、素顔で活動を開始。
アルバムFIRE FIRE」をリリースし、当時としてはしく「ミュージックステーション」に出演(但し海外からの中継としての出演であり、凱旋出演ではない)。

だが、1990年E・Z・Oとして日本の地を踏むことなく海外進出も失敗に終わり解散した。
E・Z・Oの楽曲が日本で最初に演奏されたのは第3期LOUDNESSライブであった。

メンバーのその後

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

flatbackerに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/flatbacker

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

FLATBACKER

1 ななしのよっしん
2014/09/28(日) 13:57:49 ID: elvtsObZPm
フランチェスカEZO共和はこれが元ネタ
2 ななしのよっしん
2016/12/31(土) 00:42:21 ID: ee9JzqIccF
FLATBACKER(EZO)の記事まであったとは