LSL単語

15件
エルエスエル
1.6千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

LSLとは、米国LindenResearch社が開発運営する仮想サービスSecondLifeユーザー向けスクリプト言語である。

概要

コーリー・オンドレイカらにて設計され実装されたスクリプト言語Linden Scripting Languageオブジェクトの中に加えてオブジェクトに機を加えることができる。C言語に似ているがCより簡素化ている。仮想マシンVirtual Machin、VM)とのソフトは以前はLSO(Linden Script Language Object File)、2008年以降はLSOとMono(ソフトウェア)を用いている。互換性の問題でLSOを止めていない。この辺がLindenLabらしい。

Mono(ソフトウェア)を使うことによって処理速度等が大きく向上したが、日本ではブームが過ぎ去ったあとの良でお察しください。タイミングが悪いというかなんか。当時のユーザー重いといって落胆しやめる気持ちも分かるような気もする。

技術のウンチク

スクリプト実行

実行はSIM側で行われ、端末(PC)側で行われない、、、ということは重い処理をプログラミングすると同じSIMユーザーに迷惑掛けてしまう…えええ、そんな。

なお、3Dオブジェクト、いわゆるプリムプリミティブPrimPrimitive)の表示処理は端末側で行う。

仮想マシンを使う理由

スクリプト機械語にまで変換すると、違うプラットフォームでは動作しないという問題がある。これを解決するためスクリプト中間コードコンパイル(変換)し、各プラットフォームに「中間コード機械語として実行するコンピューター」のエミュレーター仮想マシンとして用意する方法が採られた。

SecondLifeスクリプトではシュミレーションサーバーに導入されているLSOとMono(ソフトウェア)が処理を担当している。

今はなにもしなければ後者コンパイルされる。

Mono(ソフトウェア)が採用された理由は、サーバー側はLinuxDebianディストリビューション上に構築されたから。

色々難しい話を書いたが、これらはLindenResearch社の技術担当者が扱う話だから、同じサービスを作りたいというユーザー以外は知らなくてもいいと思うよ。

HelloWorldの仕方

HelloWorld」ならぬ「HelloAvatar」の仕方は較的簡単で、公式ビューアならば、上の制作制作ツールを選び、作成ボタンを押して表示された適当オブジェクトを地面に置く。中身タグを選び、新しいスクリプトを押すと自動的にオブジェクト内にスクリプトファイルが作成されて勝手にチャット欄に「Hello, Avatar!」と表示される。

よく使うスクリプト(メモ程度に)

ウワサ

ブロガー間の噂程度の話でC#でのスクリプト開発実行環境実装…本当かかは知らない。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

VOICEROID (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: LOST
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

LSL

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • LSLについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改