VRChat単語

ブイアールチャット

VRChatとは、仮想間上で他者とコミュニケーションを取ることができる、VRネットワークサービスである。

SNSVR版というか、身もふたもない言い方をすれば、SecondLifeみたいなものである。

概要

アメリカ サンフランシスコに拠点を置く、VRChat Inc.が開発・運営している。ただし資本のほとんどは台湾HTC社であり、典的なベンチャー企業ベンチャーキャピタルの関係である。

2017年2月1日アーリーアクセス版がスタートSteamあるいは公式ページから、無料ダウンロードできる。

これゲームなの?という質問がしばしば見受けられるが、前述のようにコミュニケーションツールであり、極論すればチャットツールである。VRChat内でゲームをすることもできるが、それはあくまでオマケ的な存在。一応Steam上ではMMORPGに括られているが、あくまで便宜上のものなので、深い意味はない。

VRChatのここがすごい!

アバターを自分で用意できる点。MMDなどで作られた3Ðモデルを使うことができる。

またVR内の間(ワールドと呼称される)も自分で用意できる。攻殻機動隊のミーティグルームを再現したものや、FF11サンドリア王国(南サンド)を再現したものなど、好みの間を使うことができる。むろん自分で用意できない人はアセットストアで販売されている素材で用意してもいいし、開発側がデフォルトで用意してあるものを使っても良い。

VRChatのここが厳しい!

始めるための敷居が高い。これに尽きる

まずはソフトソフト自体はほとんど無料のものばかりで、導入コストは低いものの、ソフトを使いこなすだけの知識が必要となる。MMDUnityBlenderDiscordといった単に聞き覚えがない人には、なかなか厳しいものがあるだろう。

またパソコン周りもそれなりに高機なものが必要で、必須ではないもののHMD(ヘッドマウントディスプレイ)や、自分の体の動きをVR上で再現するトラカー用機材も購入すると、結構な出費になる。

HMDに関しては、HTCが資本注入していることもあり、「HTC Vive」との相性が非常に良いとされている。

なおVRChatに限らないが、当然のように日本語非対応。ユーザー外国人多数で、共通英語である。日本語Wikiを見て、日本人向けワールドを立てて、日本人と話す分には問題ないが。

VR用のサービスVRを使わないという矛盾をつむれば、一応デフォルトアバターデフォルトワールドを利用することで、無料で遊ぶことは可である。

現状の問題点

著作権

現在ユーザーが使用しているモデルの多くは、アニメゲームオリジナルの、二次創作モデルである。モデル作者、あるいは権利保持者が使用許可を出している場合は良いが、そうでない場合はここが問題になってくる。

必要であればVRChat EULAexitの8.1項読みDMCA(デジタルミレニアム著作権法)を十分理解した上著作権の申し立てを行うこと。

マナー

現状はアーリーアクセスということもあり、規制に関しては緩い。ニコニコ動画Youtubeにタダ乗りしていた時代と言えばお分かりいただけるだろうか。良く言えば自由、悪く言えば無法地帯である。

モデルの利用について

VRChatはUnity読み込める3Dモデル以外はアップロードできず(その他いくつか制約がある)、基本的には自分で作った3Dモデル、あるいは権利者より利用許諾をもらった3Dモデルアップロードすることが前提となっている。

よって、一部でささやかれている「VRChatはMMDモデルのみを利用して楽しむゲームである」という言説は誤りである。

【VRchat公式規約】 
VRChat EULA exitの 7.User Contentアバターに関する規約になります。
1.アップロードしたアバター等のユーザコンテンツについては、ユーザーが全責任を負う事。
2.ユーザコンテンツをVRChatに投稿した時点で、投稿者はそれの所有者であるか、または正式なライセンス許可)を所持していることを認める(責任を持つ)ことになる。
3.第三者の著作権を侵・不正利用するようはコンテンツは禁止。

※おおまかにまとめると上記のようになりますが、原文にを通すようにしてください。

【必読】VRChatでアバターを利用する際の注意事項exit

また、当たり前であるが権利侵を犯しているモデルアップロードしたユーザーに対してVRChatと権利者から責任を取らされる可性は十分にあるため頭に入れておくこと。

参考

このサービスジャンル1985年ルーカスアーツ社が運営していた2DCGチャットサービス「ハビダット」を祖にする。日本ではそのライセンスを受けた富士通1990年FM-TOWNS向けに「富士通ハビダット」として開始したのが最初である。

その後各社による3DCG化(1994年WorldsChat)や創作1995年ActiveWorld)、代用貨幣(トークン)の実装等など機強化実験実装を経てサービス内でもう一つの人生を歩むとのコンセプト下で偶然中国ドイツユーザーによるサービス内商取引が成功したことを経済誌が大きく取り上げたことで異常に盛り上がったサービスSecondLife2003年)である。当時BlogWeb2.0サービスの次はなにがくるかが話題であり、SecondLifeリリースタイミングがよかったこと(2000年代)もある。ただ未来感や新しさがあるものの時期々の感があり技術面も含め欠点が露呈、2010年を待たずにしてブームは収束した。

2016年にはヘッドマウンドディスプレイが個人でも購入できる価格帯になりVRが注を集め、それを利用したチャットサービスリリースされたが、その中でも話題性も含め完成度が高かったのがVRChat(2017年)であった。


見解はいろいろありますが、週刊アスキー臨時増刊SecondLife特集号(2007年)など周辺文献をもとに書いてみました。

公式サイト

関連サイト

VRchat 日本wikiexit

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/vrchat

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

VRChat

263 ななしのよっしん
2019/05/26(日) 20:05:30 ID: FM33wJzQLj
やった事はいけどツイッターでフォローしてたモデラーさんの自作モデル外人共が勝手に自分のものとして販売してるぐらい無法地帯というくらいしか知らない
264 ななしのよっしん
2019/05/27(月) 19:17:14 ID: x1ZnLSY1ob
外国人法でカオスだけど、迷惑プレイヤーブロックすればいいし、違反モデルワールド通報すれば消えるからニコニコと変わらんよ。

むしろ日本人の方がヤバいわ。ルールに書いてない事でキレてツイッターしてくる俺ルールマナー講師の群れ。
265 ななしのよっしん
2019/05/27(月) 21:00:49 ID: 40GeyCtTEE
外国人普通BOOTH覗いてるから
日本人製作アバター転売しててもすぐバレて外人コミュニティの手で通報されてるみたいよ
日本人デラー怒らせたら自分達が困るって彼らも理解してるから
266 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 17:52:59 ID: xAy5o/jBFe
VR新参者なんだけど、Blenderで好きなゲームキャラクター二次創作してVRchatに持ち込むのってセーフアウト
BOOTHとかで販売して利益を得なければええんか?
優しい人教えて……
267 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 14:21:36 ID: gxRhFTEwu7
権利者が明確に禁止してる場合はアウトゲーム二次創作を禁止してる艦これとか)
そうじゃないなら立たない範囲でなら別にいいんじゃない?立つとなんか言われるかもだが
268 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 03:09:55 ID: xAy5o/jBFe
そっかありがとう。
個人の範疇で楽しむことにします!
269 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 08:44:28 ID: 40GeyCtTEE
版権の二次創作モデルBooth販売するのは明確にアウトって空気があるよね
ドルフロは版権元の許可を得れば3Dモデル販売ができるらしいけど
270 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 10:54:34 ID: e7oSdLugMq
二次創作のガイドラインに沿ってるならかれる謂れはないんだけどね
現にアズレンオイゲンモデルならあるし
271 ななしのよっしん
2019/07/02(火) 12:35:50 ID: Ukbnzd9yt/
>>265
こっそり自分だけで楽しむなら大丈夫。(用心のために他人に使われないようにだけはしよう)
なんか言われたら、はぐらかしとけ。
272 ななしのよっしん
2019/07/19(金) 07:47:35 ID: T9opTyq5Lp
おっ、大百科記事が良くなってるな。

急上昇ワード

2019/08/19(月)11時更新