VRChat単語

ブイアールチャット
  • 14
  • 0pt
掲示板へ

VRChatとは、仮想間上で他者とコミュニケーションを取ることができる、VRネットワークサービスである。

SNSVR版というか、身もふたもない言い方をすれば、SecondLifeみたいなものである。

概要

アメリカ サンフランシスコに拠点を置く、VRChat Inc.が開発・運営している。ただし資本のほとんどは台湾HTC社であり、典的なベンチャー企業ベンチャーキャピタルの関係である。

2017年2月1日アーリーアクセス版がスタートSteamあるいは公式ページから、無料ダウンロードできる。

これゲームなの?という質問がしばしば見受けられるが、前述のようにコミュニケーションツールであり、極論すればチャットツールである。VRChat内でゲームをすることもできるが、それはあくまでオマケ的な存在。一応Steam上ではMMORPGに括られているが、あくまで便宜上のものなので、深い意味はない。

VRChatのここがすごい!

VRヘッドセットを用いたコミュニケーションサービスとしての自由度が高い。ぶっちゃけてしまえば何でも作れるしどこへでも行けてしまう。

使うアバターを自分で用意できる。MMDなどで作られた3Ðモデルを使うことができる。またOculus Quest対応のアップデートに伴い、デフォルトで選択できるアバターの数は飛躍的に増えた。

またVR内の間(ワールドと呼称される)も自分で用意できる。攻殻機動隊のミーティグルームを再現したものや、FF11サンドリア王国(南サンド)を再現したものなど、好みの間を使うことができる。むろん自分で用意できない人はアセットストアで販売されている素材で用意してもいいし、開発側がデフォルトで用意してあるものを使っても良い。

こういったアバターワールド製作に当てられるソフト無料・有料を問わず最適なファイルを出出来るのならば何でも良く、自での実装にはある程度の知識が要されるがネット上の解説ページ動画も最近では増えて来ている。

なおVRChatという名前ではあるが、VRモードだけではなくキーボードマウスで操作できるデスクトップモードでも楽しむ事が出来る。

VRChatのここが厳しい!でも大丈夫、乗り越えられる

高性PCの要

3DCGを扱うのでデスクトップモードにおいてもエントリーモデル以上のゲーミングPCが必要である。

VRモードプレイする場合はパソコン周りは高機なもの、いわゆるミドルクラス以上のゲーミングPCが必要となる。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の用意は論のこと、自分の体の動きをVR上で再現するトラキング用機材も購入する場合はなると結構な出費になるが、破産しそうにないなら買っちゃえ。

共通英語

VRChatに限らないが、海外ゲームゆえにインターフェイス日本語非対応(ワールド名やユーザー名は日本語表記可)。海外ユーザーが大多数となるため、共通英語である。ただし日本語を扱う海外ユーザーも一定数居るほか、日本人ユーザー同士でコミュニティを形成しやすいワールドも存在する。このあたりは先代のSecondLifeと同じであるが、ワールドSecondLifeではSIM<シミュレータ>に当たる)にインスタンスを立てる機があるので気の合う仲間だけで楽しむ、一人でゆっくりしていってねなことができるところがVRChatの特筆できるところであろう。

文字チャットがない

コミュニケーションボイスチャットが中心で、文字チャットがないところからかなり抵抗を覚えるネットユーザーもいるが、ねこ言勢バージョン言勢アバターの利用、ジャンプ、首を振る等強引なジェスチャー、絵文字飛ばし、音声合成読み上げソフトでの代読で十分だったり。らんま1/2の某パンダのように各自工夫してくだされ。

ゲームエンジンが他社製

技術面ではマイクロソフト社のAPIDirectX」を商業ゲームエンジンUnity」を介して使っているためにMacOSLinux等の複数基本ソフト、いわゆるマルチラットフォーム対応ではない問題、アメーバピグPC版AdobeFlash3DCG再現をしていたが将来のサポート終了に伴うサービス終了)の事例のように大人の事情によりサービスが続けられなくなる可性(例えばSecondLifeやその後継といわれるSansarといった運営が直接APIOpenGL」や「DirectX」を直接使って3DCG間を再現しているのでゲームエンジン仕様変更に左右されにくい)がより高いと考えるのが適当である。

始め方

インストールとVRChatアカウントの作成

Steam版とOculus版が存在するが、Steam版は様々なVRヘッドセットを利用すること(デスクトップモードも可)が出来るためそちらで説明する。

VRChatアカウントVRChat公式サイトexitにて右上の「Login」→次に出てくる「Register」→必要事項を記入して「Register Now」を押すことで登録が了する。 IDパスワードは忘れないように!

次にValveSteamを立ち上げ、VRChatを検索し"無料プレイ"のボタンを押してインストール。 

起動からチュートリアルまで

起動後、VRChatアカウントSteamアカウントかどちらでログインするかを聞かれるがSteamアカウントログインする。

VRChatアカウントログインしたあと、VRChatメニュー画面からSETTINGを開き、UPGRADE ACCOUNTを選択。

Generateを選択してトークンを生成後、Copyを選択してクリップボードコピー。(またはメモする。)

VRChat公式ページVRChatアカウントユーザーページログインSteam Linkを押す。 生成されたトークンを貼り付け、コレでアバターアップロードが出来る。

現状の問題点

著作権

現在ユーザーが使用しているモデルの多くは、アニメゲームオリジナルの、二次創作モデルである。モデル作者、あるいは権利保持者が使用許可を出している、親告罪(ここは同人誌即売会と同様)を使って放置している場合は大きな問題にならないが、規約にて明確に禁止している場合はここが問題になってくる。

一般論として権利者や合法的に依頼された者以外がむやみに騒ぐ行為は日本国内法が適用されるケースであるならば日本国刑法234条「威力業務妨害罪(3年以下の懲役または50万円以下の罰)」の疑いが高まると思われる。思わぬブーメランで痛い思いをするので放置プレイが賢いであろう。

権利者権利者から依頼された場合、必要であればVRChat EULAexitの8.1項読みDMCA(デジタルミレニアム著作権法)を十分理解した上著作権の申し立てを行う方法も用意されている。

マナー

現状はアーリーアクセスということもあり、規制に関しては緩い。ニコニコ動画Youtubeにタダ乗りしていた時代と言えばお分かりいただけるだろうか。良く言えば自由、悪く言えば無法地帯であったが、2019年以降はコミュニティの方向性が定まってきたこともあり、落ち着きつつある。過度に心配しないでほしい。

モデルの利用について

VRChatはUnity読み込める3Dモデル以外はアップロードできず(その他いくつか制約がある)、基本的には自分で作った3Dモデル、あるいは権利者より利用許諾をもらった3Dモデルアップロードすることが前提となっている。

よって、一部でささやかれている「VRChatはMMDモデルのみを利用して楽しむゲームである」という言説は誤りである。

【VRchat公式規約】 
VRChat EULA exitの 7.User Contentアバターに関する規約になります。
1.アップロードしたアバター等のユーザコンテンツについては、ユーザーが全責任を負う事。
2.ユーザコンテンツをVRChatに投稿した時点で、投稿者はそれの所有者であるか、または正式なライセンス許可)を所持していることを認める(責任を持つ)ことになる。
3.第三者の著作権を侵・不正利用するようはコンテンツは禁止。

※おおまかにまとめると上記のようになりますが、原文にを通すようにしてください。

【必読】VRChatでアバターを利用する際の注意事項exit

2019年現在BOOTHを使ってVRChat向け創作物の頒布が行われている。日本人が多いワールドにて「新しいの出来たよ」と知らせに来るクリエイターがいたり、イベントが開催されることがあるのでまめに覗いてみよう。試用もさせていただけるかも???

この辺は先代のSecondLifeと同じと思うけどね。

参考

このサービスジャンル1985年ルーカスアーツ社が運営していた2DCGチャットサービス「ハビダット」を祖にする。日本ではそのライセンスを受けた富士通1990年FM-TOWNS向けに「富士通ハビダット」として開始したのが最初である。

その後各社による3DCG化(1994年WorldsChat)や創作1995年ActiveWorld)、代用貨幣トークン)の実装等など機強化実験実装を経てサービス内でもう一つの人生を歩むとのコンセプト下で偶然中国ドイツユーザーによるサービス内商取引が成功したことを経済誌が大きく取り上げたことで異常に盛り上がったサービスSecondLife2003年)である。当時BlogWeb2.0サービスの次はなにがくるかが話題であり、SecondLifeリリースタイミングがよかったこと(2000年代)もある。ただ未来感や新しさがあるものの時期々の感があり技術面も含め欠点が露呈、2010年を待たずにしてブームは収束した。

2016年にはヘッドマウンドディスプレイが個人でも購入できる価格帯になりVRが注を集め、それを利用したチャットサービスリリースされたが、その中でも話題性も含め完成度が高かったのがVRChat(2017年)であった。


見解はいろいろありますが、週刊アスキー臨時増刊SecondLife特集号(2007年)など周辺文献をもとに書いてみました。

公式サイト

関連サイト

VRchat 日本wikiexit

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 14
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/vrchat

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

VRChat

340 ななしのよっしん
2020/05/02(土) 12:24:55 ID: sE3Fe03P+Q
328>多分元気じゃないと思う。
341 ななしのよっしん
2020/05/06(水) 23:46:03 ID: XfTIY+lMgd
せっかくのGWだしと思って何も知らないなりに試してみたり調べたりしてみた
マイクほぼ必須(テキストチャットがないため)
VR機器はなくてもOK(あってもPCの要が高くて敷居高い)
グラボはほぼ必須、オンボードだと重いor人が多いワールドガックガクでギリギリは入れたり入れなかったり
vroidからアバター持ってこれるけど結構大変そうだしとか揺らすのに有料のアドオンが必要

最初の内は右も左も分からんしコミュ障だしで色々と敷居が高そう…… グラボ買うか迷う
とりあえずCONNECTSTATIONに行ってみたら、スタッフの方?に挨拶してもらえてありがたかったです
長文失礼しました
342 ななしのよっしん
2020/05/15(金) 00:57:32 ID: QVwT32Q0J5
集会所ワールドに行って挨拶したら「きっしょ・・・」とか「れしい」の。最終的にはスルーだったから恐らくミュートされた、運が悪かっただけだろうけど
343 ななしのよっしん
2020/05/15(金) 08:36:12 ID: O8kpSQbtzv
状況わからんから何とも言えんが
初めて話す相手にいきなり「チ~ッスww
みたいな挨拶したられしいって言われて引かれても仕方ないな
もしくは単に相手にとって不愉快なアバター使ってたとか

どちらでもいなら偶々相手の機嫌が悪かったとでも思っとけば良いさ
割り込まれたくない話をしてたのかもしれないし
344 ななしのよっしん
2020/05/17(日) 04:49:56 ID: T9opTyq5Lp
https://astoness.com/blogs/times/vrchat-kikakuexit

うまく企画に乗ったVR体験記の例
345 ななしのよっしん
2020/05/19(火) 18:59:04 ID: QVwT32Q0J5
アバターワールドの技術マウントを取り合うゲーム
346 ななしのよっしん
2020/05/23(土) 20:05:43 ID: wGQt/LMQb1
英会話練習に使えたりする?
347 ななしのよっしん
2020/05/29(金) 12:46:24 ID: O8kpSQbtzv
寧ろ適当にパブリックインスタンスを回ってる限りは聞こえてくる言どは英語
たまに韓国語中国語も聞こえてくる
348 ななしのよっしん
2020/06/01(月) 15:04:35 ID: /5P3uI689b
>>344
これ、具体的なワールド名ほとんどわかんないから自分も行ってみようとなれないの欠陥では
349 ななしのよっしん
2020/06/03(水) 02:53:34 ID: vaqDKgWv/o
>>346
英会話練習にはとてもいい環境。なんでかというと日本興味のある外国人すごく多いから。
日本人はプライベートからあまり外に出たがらないから、パブリックにいる日本人は意外とモテる。

急上昇ワード