SecondLife単語

セカンドライフ
  • 17
  • 0pt
掲示板へ

SecondLifeセカンドライフ)とは、サンフランシスコにあるLindenResearch社の開発スタジオLindenLabが開発・運営しているネット上の仮想間である。VR非対応。

概要

リアルネットワークスの元CEOであるフィリップ・ローズデールが、SF小説「スノウ・クラッシュ」を参考に考案したサービスで、旧名称はリンデンワールド。

2013年6月20日現在、全世界で約3600万の住民が登録されており、そのうちアクティブな住民数は約100万人。日本では2~3万人がアクティブプレイしている(もっとも、一人のプレイヤーで複数の住人登録ができ、同時に運用できる)。

見たゲームっぽい一方、非常に自由度が高いため、ゲームであるという意見とゲームではないという意見が存在する。公式サイトでは「Free 3D Virtual world」としている。

ものづくりはセカンドライフ制作ツールだけでも作れるので、簡単なものなら作った経験のあるユーザーが多い。作ったものは配布、販売、あるいは他人の製作物を貰う、購入することも可である。

2020年7月、Linden Research社は、Randy WaterfieldとBrad Oberwagerが率いる投資グループに買収されることが表されている。[1]

ニコニコ動画上でのタグは「SecondLifeexit_nicovideo」が利用される(略称SLも使われるが、蒸気機関車と被るので推奨されない)。

なお、この記事は攻略Wikiではないから原則ユーザー向けハウツーは記載しない。公式WikiBlog記事を参照してほしい。

特徴

3DCGによる商用メタバース(仮想世界)である。

ゲーム内には、友達同士が集まって会話できるカフェ、多くの人がダンスし、DJ音楽を流すクラブミュージシャンストリーミングオーディオによって行うライブコンサート、土地を持っていなくてももの作りができるサンドボックス(砂場)など、様々な活動のための場所が存在する。特にチャット趣味を実現する場として利用するユーザーが多い。無料商品もある。

アカウント

アカウントプレミアムアカウント(有料)とベーシックアカウント無料)がある。2003年当初はプレミアムアカウントのみで14.95ドルが必要だった。その後運営費を土地レンタル代にめるようにし、代わりとしてベーシックアカウントが設けられた(EnterpriseWatchexit 行宮 2006/12/4)。2021年現在契約11.99ドル、四半期契約10.99ドル、年契約8.25ドルの3つのコースが用意されている(公式プレミアム会員についてexit」)。ニコニコプレミアム会員一般会員のようなもの。

アカウント登録サイト日本語化されている(SecondLife日本語公式サイトexit)。

アカウント数

2006年1月時点で10万程度だったが10月半ばには100万を突破、12月3日現在176万に達していた(EnterpriseWatchexit)。2013年6月20日現在3600万。

コミュニケーション

他のユーザーとのコミュニケーション方法はVRChatのようなボイスチャットに加えて文字によるチャットインスタントメッセージが用意されている。

創作

セカンドライフはほとんどのオブジェクトユーザーによって作られており、著作権も作ったユーザーに帰属する。オブジェクトとは、乗り物などの3Dオブジェクトや、画像ファイル、音ファイル等のあらゆる物をす。

それらはLSLLinden Scripting Language)と言われるC言語に近いスクリプト言語オブジェクト等を制御する。なお最新の同様のサービスにはC言語C#が採用されやすい。

労働

サービス内で他の住人と雇用契約を結び労働をすることができる。様々な職種が存在するがほとんどチャットによる接客業である。

これらの労働に対する対価、いわゆる賃は雇用から代用通貨リンデンドル」で支払われる。接客業に絞り込むと流行当時(2007-2009年)は現実世界でもメイド喫茶に代表されるコンセプトカフェが流行していたこともあり、SecondLife内でもそのような喫茶店バーを模したチャットスペースで働く住人が引き続き存在している。またチャット場に遊びに来る住人から店内に設置されたチップジャーを介してリンデンドルを渡されることもある。このリンデンドルはいつでもドルと交換することができる(後述)。

代用通貨(トークン)「リンデンドル」

ゲーム通貨であるリンデンドル(L)は、270≒1ドルに相当し、いつでもリアルマネーとゲーム通貨の交換が出来る。ユーザーはこの通貨を使ってゲーム内での取引、商行為を行う事も出来る。ただし通貨として円を使う日本人にとって為替変動リスク為替手数料が別途課されているために労の割には利益が少ないとされている※1

クリエイター奨励プログラム活用されているニコニコユーザーなら理解できると思うが、日本の税制上20万円をえる収入があると雑所得として確定申告が必要になる。雇用労働者の場合は税金調整内容が雇用に報告されることになるので、雇用契約、たとえば許可副業の禁止などの定めが問題になるから、説明ができるよう準備しておかなければならない。

運営者がユーザーリンデンドルを売り渡すことや購入することはない。またユーザー間で売買することも事実上禁じられている(後述)。2020年現在公式取引市場を介しユーザー間で売買を行う。


※1 汗と涙で稼いだリンデンドルを"円"に換えたら(涙)exit マイナビニュース 2007年11月12日

シミュレーター仕様

世界SIM※1と呼ばれる256m四方の土地単位で区切られている。多くのSIMがつながったメインランドと呼ばれるリンデンラボが運営する大陸と、単体か関連SIMのみで構成されるプライベートSIMとがある。総面積東京都と同じくらいである。これらのSIMは任意にインスタンスを立てること(住人が一時的にコピーし立ち入り制限を加えるなどより柔軟な活用)はできない。

SIM丸ごとや小さな土地まで様々なタイプの土地が存在し、借りることもできる。これらはイベントカフェやショッピングモール作り等、法令および規約の範囲内で自由に行うことができる。

※1 Simulatorの略。サーバー上を3DCGシミュレーションソフトウェアか稼働しており、このサーバーを住人がLindenResearch社から借りるホスティングサービスとの一面がある。

アバター

アバター文化は成人リアルアバター現実の成人に近いアバターメイキング)が流である。VRChatなど多くのVRベースのものとは違い着せ替え人形のように着せ替えができる部分もアバターメイキング上大きなアドバンテージである。アクセサリー小物を単体購入するだけで多ファッションが簡単に楽しめる。ただし凝るとグラフィック処理が複雑になり、イベント参加や動画撮影時などに支障がでるので悩みになっている。

少数であるがアンリアルアバター化もでき、kawaii系はいちごまよ氏のグループが初めて制作にチャレンジしたことがきっかけで、今では良が進み安価かつかなり質の高いアバターメイキングができるようになっている。AkibaSIMの住人に相談してほしい。

ケモノアバター人気がある。これもまた品質が高い。ケモナーはぜひ一度は体験して欲しい。FurryJapanの住民が教えてくれる。

一過性ブームとブーム終焉、縮小化

サービス自体は15年以上も続く、現在も最大5万人強(日本ユーザーが多い時間帯では3万人程度)の同時接続がある同様のサービスではトップ規模のサービスである。

ブームのきっかけは2006年5月ビジネス誌「ビジネスウィーク」にドイツ中国人シミュレーションサーバーのホスティング等行い、多額の利益を得た人が現れたことが報じられ、サービスが全世界に知られることになったことによる。※1 →AnsheX(英語)exit

当時インターネット世界では、Web2.0とのキーワードが注されていた(2005年9月ティム・オライリーの論文がきっかけ)※2。Web2.0とはネットユーザーネットユーザーに向けてコンテンツを作り出し、サーバーに蓄積する方式のWebサービスである※3。このWebサービスの変革がやや沈静化する時期がSecondLifeブームが起こる時期に相当する。人々はWeb2.0の次世代に当たるWeb概念めていた時期にビジネス誌がSecondLifeのことを紹介したために爆発的に流行になった。

日本でも企業話題に乗り遅れないよう対応し、個人ユーザーも時代に乗り遅れないよう増加しブームは加熱した。

しかし、SecondLifeはWeb2.0サービスの次世代を担うサービスとしてはやや使い勝手が良くなかったようで、ニコニコ動画2007年)、YouTube2005年)といった動画共有サイトブログ日本においては2002年)やTwitter2006年)などより使い勝手がいいWeb2.0サービスに押されて急速に沈静化してしまった。

どの時代でも流行の牽引役は小学高学年から大学生までの若年者であるが、当時に当たる世代のさとり世代(おおよそ1990年代生まれ)にニコニコ動画等を通してお口に合わないと拒否されたこともある。3DCGに限ってるとVOCALOIDブームの中、知識が浅くても両親が使っているノートPCさくさくと動き、権利者クリエイターの好意により課金要素がない、見たがかわいく仕上がるMikuMikuDanceMMD2008年)に人気が奪われたのもあるだろうし、その後登場のMinecraftJava版は2009年人気も影した可性がある。

メディア報道ではITmedia2007年1月にSecondLife支局開設の意向を発表したもののexit同年3月には実際体験して当時のユーザーを聴いた結果なのか不評を報じているexitそういえばアカウント取得がアレexitと最初から疑問を持っているふしがあり、それでもいくらなんでも2かでダメ出しはプロとしてすぎないか。試しにアカウント取ろうかと思っていた人に冷を浴びさせたのは間違いない。2009年5月にも再検証と称してダメ出しexitをしている。失速は何も分かっていないメディアによる風評被害も考えられる。

結局参入企業2008年以降軒並み撤退し、それに合わせユーザーも次々やめてしまい、実質2006年2009年までの短期間のブームに終わった。

ブーム当時、内外で同様のサービスがたくさん生まれたが、2010年代以降は閉鎖が進んでおり、ユーザーのSecondLifeへの合流がみられる。

2007年日本では2008年ソフトバンクがはじめて導入※4)、ネット端末のPCからモバイルスマートフォンiPhone等)への時代の流れには勝てず、内外とも縮小へ向かっている。※5※6 2019年CEOであるエッベ・アルトベルグは「アクティブユーザー数が100万人から80万人に減少した」とる。※7 一般的に影が失ったとみられるが、運営とって利益があるので引き続きサービスする方針である。※8

利用的を見つけたユーザーは今も利用している。趣味でつながるコミュニケーションツール3Dアバターチャット)として細々と利用している。

しかしあらゆる面において古くさい印が強く、新しい同様のサービスを利用している人達でさえ存在を忘れている、または知らない。よってVRChatに代表される他のVRサービスと組み合わせてらなければコミュニティでの話題にのぼらない。

後述しているように話題性のあるヘッドマウンドディスプレイVR機器)への対応ができなかったことが足枷になっている。トラキングができないことは今旬のVTuberと同じ体験を得られないことは魅が劣るであろう。標準でヘッドマウンドディスプレイが使えてなんぼの時代である。


※1 セカンドライフと実社会の経済格差=100倍の価値はexit IT 2007年2月8日10:00

※2 今さら聞けないWeb2.0とは?exit 

※3 Web2.0とはexit コトバンク 朝日新聞

※4 iPhoneが日本に初めて登場した...exit ライブドアニュース 2017年9月14日

※5 LindenLab、SecondLifeの乗り越えるためにゲームスタジオ「LittleTextPeople」を買収exit

※6 平成29年情報通信白書exit 総務省

※7 インタビュー動画:SecondLifeとSansarの将来についてLindenResearch社CEOエッベ・アルトベルグ氏が語るexit 2019年4月5日 New World notes

※8 セカンドライフのLinden LabがVRシミュレーションのベータ版を公開exit TechCrunch日本語版 2017年8月2日

主な禁止・制限された行為

運営が住民の行為を禁止することはないが、以下の行為は明確に禁じられ、制限された

禁止されたもの


※1 SecondLifeの世界からカジノが消えるexit 4Gamar 2007年7月27日

※2 Wikipedia日本語版によると「ドイツ公共放送連盟exit

※3 SecondLife、児童ポルノ問題に公式コメントexit ITmedia 2007年5月12日

※4 公式ポリシー:エイジプレイを禁止exit SecondLife公式Wiki 

※5 この表現規制に対しては2002年アメリカでのバーチャル児童ポルノ規制訴訟「アシュクロフト対表現の自由連合裁判」も参考になる。

制限されたもの


※1 SecondLife「仮想銀行」の営業を禁止exit ITmedia 2008年1月10日

微妙なもの

日本人コミュニティ

SNSについて

情報共有はソラマメexitが中心である。メタバース専門(実質ほぼセカンドライフ)のブログサイトで、日本人ユーザーの多くがここを利用している。2019年現在Twitter流となっている。

近年はGoogle+exit日本人コミュニティができつつあり、情報の共有をしていたが、2019年4月2日閉鎖マストドンにも日本人ユーザー向けインスタンスSLDONexitが加わった。かつてはモバイルファクトリー運営Wassrも利用されていた。

ハッシュタグ#SecondLife #SLJP

日本人が多くいる場所を見つける方法

日本人が多くいる場所や日本人が手掛けたコンテンツすりんくexit検索できる。

技術

グラフィックAPI仕様およびシミュレーションミドルウェア等

3DCGの描写のAPI仕様クロノスグループ策定のOpenGLオープン・ジーエルを、物理演算エンジンマイクロソフト下のHavokハヴォックを利用している。これによりWindowsMacOSLinuxといった端末のマルチラットフォーム化を実現している。2007年にはWindward Mark Interactive社WindLightを買収して導入したことによりリアル再現に成功している。

参考までに、グラフィック描写にOpenGLを利用している有名なゲームとしてMinecraftマインクラフト)がある。

macOSユーザーは注意

一方、アップル社2018年6月5日に今後は同社OS上でOpenGLを非推奨にするとアナウンスした。既にあるアプリケーションは引き続き動作するのでSecondLifeは動作するが、同社がいつまでOpenGLの動作環境を維持するか不明であるため、MacOSユーザーは注意が必要である。※2

企業がこのようなことを促す理由は、OpenGLを含めたグラフィックライブラリグラフィックエンジン)に共通の問題点がある。GPUはそれそれ仕様が異なり、プログラミングしたときに同じ結果が出るようそれを埋める的もグラフィックライブラリグラフィックエンジン)が受け持っている。その際、差分の計算を担当するのがCPUである(よって「CPUオーバーヘッド」と呼ぶ)。CPUに必要以上の負荷をかけてしまい全体としての性が上がらない。近年はそのようなことをしないようにライブラリを作る方向である(ローオーバーヘッドAPIとかローレベルAPI英語で書けばLow level API)。

以下のグラフィックライブラリがそのような設計のグラフィックライブラリである。

ゲームエンジンはオリジナル

ゲームエンジンVRChat(こちらはUnityを利用)のように外部のゲームエンジンを利用せずLindenLabが独自に開発したものである。これはユーザー創作物が末永く利用できるように配慮する的がある。※1

サーバー

2019年現在サーバーは一部を除いてAmazonクラウドサービスを利用しており、1年以内の全移行をしている。※1


※1 インタビュー動画:SecondLifeとSansarの将来について...exit

※2 アップル社2014年6月2日に独自のグラフィックAPIMetal」を発表、同社の各OSに徐々に組み込んでいる。OpenGL非推奨アナウンスは開発者へ移行を促す的があるといわれている。

提供手段の多様化模索

セカンドライフ2007年1月8日オープンソース化されていて、LindenLabによる接続等の品質保がされている##1 公式ビューアexitWindowsMacOSLinux)の他、そのソースコードを参考に様々なサードーパーティ製ビューアexitが作られている。

サードパーティPC用ビューアでは常用向けのFirestormexitスクリーンショット動画制作者向きに機強化、画質向上等アレンジされたBlackDragonexitWindowsのみ、英語orドイツ語##2 、Androidスマートフォン用簡易ビューアではLumiyaexit※1が有名である。

公式ビューアのソースコードは「Project Snowstorm:ソースの取得とコンパイルについて(英語)exit」からダウンロードができる。


##1 LindenLab、「SecondLife」のViewerをオープンソース化exit 日経BP 2007年1月9日

##2 セカンドライフのサードパーティビューアBlackDragonの紹介exit なたで日記 2016年4月17日

Steam版

2012年8月16日公式ブログSteam版のリリース予定を発表。※2 その後のアナウンスがない。外部の質問サイトの回答では

SLSteamに参入するとの話は多くありましたが、それが起きたことは確認できませんでした。よって現在SteamSLは存在しません。

 Steam版SecondLifeについてexit 2018年9月22日日本時間) WulftheRed氏回答

 Google翻訳を参考に筆者訳

クラウドゲーミング(ゲームオンデマンド)

(注意)この記事はAndroidスマートフォン用ビューア「Limiya」とは関係のない記事です

2013年海外では画像処理を新設サーバーで行うクラウドゲーミングゲームオンデマンド)技術に対応し、非力マシン、例えばタブレットなどモバイル機器でも快適にプレイできる途が立った。これを利用して2014年にOnLiveが「SLGo」を有償にてサービスをしたものの、ソニーによる買収があり、2015年4月30日サービスが終了した。※3 2019年4月CEO動画インタビューではSLGoのような形のサブスクリプションサービスを検討しているとっている。※4

クラウドゲーミングゲームオンデマンド)の仕組みについてはGoogle Stadiaグーグルステイディア)のページが詳しいので参照を。

ヘッドマウントディスプレイ(VR機器への対応)

ヘッドマウントディスプレイOculus Riftに対応したサードパーティ製ビューワexitCtrlaltstudioビューア)も登場、SLプレイできるデバイスは多様化するとみられた。しかし、Ctrlaltstudioビューアは2016年7月18日アルファリリースを最後に中止※5、LindenLabの対応公式ビューアは2016年7月7日に品質上の問題で開発を中止した※6。

一般論

2007年当時は「セカンドライフハイスペックPCが必要」といわれていたが、現在サーバーが安定し、ユーザーPCハイスペックになってきたため善されている。執筆者の経験上、4GBメモリCPUCeleron G530でも楽に動作するが、それらはアバターメイキングチャットを楽しむ程度のもので本格的に楽しむならいわゆる「ゲーミングPC」といわれる3DCGゲームが楽しめるPCが必要である。※7


※1 モバイル等組み込み機器向けのグラフィックライブラリOpenGL ES」を利用しているため描画に制限がある。

※2 Steam版リリース予定のお知らせexit SecondLife公式ブログ 2012年8月16日 

※3 SLGO終了exit ぶらりセカンドライフ 2015年4月16日

※4 インタビュー動画:SecondLifeとSansarの将来について... exit

※5 CtrlAltStudioについてexit

※6 OculusRiftProjectビューアの開発中止についてexit

※7 ドスパラ公式サイトexitの説明によるとゲームPCとはゲームをするために必要とされる性を備えたPCで、高性グラフィックボードCPUが搭載され、その稼働を支える冷却システムが備えられているのが特徴の高性PCのこと。

コードに古さを抱えるSecondLife、運営元の事業多角化

2012年時点でSecondLifeを実行するプログラムコードに古くて非効率なコードが含まれていることが確認されており、仮にコード良を行うとユーザー創作物が壊れる恐れがある。そこで2012年独立ゲームスタジオLittleTextPeopleを買収し、サービスの多化を行っている。※1 

2012年9月にCreatorverse(クリエイターバースiPad版)とPatterns(パターンズ、Windows版、MacOS版)※2、さらに2013年1月にはスウェーデン独立ゲームスタジオよりBlocksWorldブロックスワールドWindows版、MacOS版、iphone版、iPad版、Steam版)を買収し、自社製品としてリリースした。

ゲームの詳細については各自のページで解説したい。


※1 LindenLab、SecondLifeを乗り超えるためにゲームスタジオ「LittleTextPeople」を買収exit

※2 ソーシャルVRSansarの開発に資を割くために終了

その他参考

夢の砂場へようこそ、セカンドライフを超えたiPadアプリ「Creatorverse」が登場exit Tecwave 2012年11月6日

Creatorverseexit Wikipedia英語版

偶然あった「Creatorvrese」ゆっくり実況動画

Patataernsexit Wikipedia英語版

BlocksWorldexit Wikipedia英語版 - これによると米国でのiTunes教育部門は1位ゲーム総合部門では3位の人気ゲーム開されているゲーム動画の数が4万5000をえているという(ただし要出典タグが設けられ、そしてSteam版exitでのユーザー評価は2019年7月14日現在、賛否が分かれている)。

開発運営人材

2019年現在、SecondLifeの開発運営にかかわっている社員数は約130名である。参考までにSansar担当は約70名。※1

※1 インタビュー記事:SecondLifeとSansarの将来について...exit

主なスタッフ

資金調達

SecondLifeは2度に渡り投資からの資調達に成功している※1


※1 仮想間における経済活動の課題と可性 早稲田大学大学院 荒木哲也 2008年 p17

コピーボット(オブジェクト不正コピー問題)

2006年11月13日ワールド内のあらゆるオブジェクトコピーするコピーボット(CopyBot)と名付けられた実験プログラムが流出していることを運営が発表。運営実験的のオープンソースプロジェクトに理解があったが、プログラムコード開されているとのことは逆にプログラミングの知識のある住民すべてが悪用できることなので問題になっている。一応コピーボットを利用した住人はアカウント停止処分になる。2008年現在、それ以上の技術的な対策は見いだせていない。※1


※1 仮想間における経済活動の課題と可性 早稲田大学大学院 荒木哲也 2008年 p27-28

OpenSimについて

近年、有志がセカンドライフの技術をハックし、OpenSimulatorという、メタバースオープン技術の開発を進めている。ソースコードここexitからDLでき、Linuxサーバの知識があれば、個人でもサーバを立てメタバースを作ることができる。海外では既に企業や団体、学校などが様々な用途でこれを利用し、セカンドライフ生系ともいえるメタバースを構築している。

OpenSimを利用したメタバースとして、でも自由に参加できるパブリックグリッドではOSgridexit企業運営している商用グリッドではInWorldzexitが最大規模である。しかしアクティブユーザー数は2013年8月現在OSgrid3773人、InWorldzが6894人であり、100万人のアクティブユーザーがいるセカンドライフべて、まだ明期にある。

OpenSimに関する詳しい情報は、Hypergrid Businessexitなどの海外サイトで知ることができる。

新プラットフォーム(ソーシャルVR)

2016年よりOculusRiftオキュラスリフト)などVR機器に対応した新プラットフォーム「Sansar(サンサール)」の開発が続いており、2017年オープンクリエイターベーター版をリリースした※1。ユーザー間では通称SecondLife2またはSL2と呼ばれていたがSecondLifeとの互換性はなくめてアカウントを取らなければいけない。

一方、創始者であるフィリップ・ローズデール2016年に別会社で別のサービスHightFidelityをリリースした※2。

これらのサービスの詳細はそれぞれの記事に委ねたい。

2019年4月現在、SecondLifeのユーザーSansarに強制移行させることはないとしている。二つのサービスは異なる的で提供しており、それぞれ長い間サービスできるように願っているという。※3


※1 Linden Lab、ソーシャルVRプラットフォーム「Sansar」のオープンベータ版をローンチexit

※2 セカンドライフ創設者のソーシャルVRアプリ『High Fidelity』早期アクセス開始exit

※3 インタビュー動画:SecondLifeとSansarの将来について...exit

その後

VRの普及が予想より遅れたために下記のようなを歩むことになった。


※1 もはや人々はメタバースを望んでいないのか?...exit

2019年新型コロナウイルス流行で見直される

運営会社のCEOは2020年3月27日のSecondLifeLabGab(SecondLife YouTube公式チャンネル内のインタビュー番組)にて2020年新型コロナ世界的流行によりSecondLifeが再評価され、(通常で)新規登録者数は60、戻ってきたユーザー数は10%の増加がみられたと答えた。彼は世界各地で行われる厳格な外出禁の影と分析している。※1 ただこの好材料による追いは少ないと運営はみている。なぜなら2020年現在使用しているAmazonAWSへの移行中であり、日々増える需要に対してサーバーの増強ができないからである。※2 その問題も2021年全移行が終わり問題がクリアした。


※1 新型コロナウイルス流行がSecondLifeユーザー登録を後押し...exit ハイパーグリッドビジネス 2020年4月8日

※2 新型コロナウイルスの大流行はSecondLife発展の好材料にならないexit New World Notes 2020年5月18日

歴史


この見出しは

http://wiki.secondlife.com/wiki/History_of_Second_Lifeexit

を参考に記述した。

※1 アニメッシュオブジェクトをリリースしましたexit SecondLife公式ブログ 2018年11月15日

二次利用の現状

動画と配信は「YouTube」

ニコニコ提供しているサービスのうちニコニコ動画およびニコニコ生放送との親和性が高く、それらと上手に組み合わせることでマシニマゲーム内を撮影編集した動画作品)、ミュージックビデオダンス動画実況動画の作成、音楽活動、生配信ができるが、ニコニコ自体の低迷などによりYouTubeが選ばれている。

当初は公式ビューアに動画撮影機があったが外部ツールに委ねることになり削除された。運営の外部ツールの方が優れているとの判断に基づく。

動画ライブ配信については運営側は問題ないと言っている。

ただし定めたガイドライン現在ユーザーが望んでいる趣味程度の撮影やライブ配信に沿っておらず、商業利用やコンテスト参加、いわゆるプロセミプロハイアマチュアでの利用を想定しており、厳密に沿うと何でも事前許可が必要でとにかくめんどくさい。土地オーナーはもちろんか分かるほどはっきりと写るアバター全員にはできる限りの事前許可を得るよう強く勧める。誤って写ってしまった場合はぼかしをいれるなどプロレベルの判断と対応をしたほうがいいだろう。これらはSecondLifeの慣行である。

ミュージックビデオの作例

モーションも扱うことができ、MikuMikuDanceのような動画の作成も可である。→SLダンス動画を参照。

セカンドライフ内で音楽活動、コンテンツ構築を行うChouchouライブ映像など

Twitchでは禁止

Amazon.comゲーム配信サイトTwitch.TVでの配信はコミュニティガイドラインに反するコンテンツがあるとして配信を禁止されている。vsmediaではWebサービスとしては成人向けとはされていないが、成人向け表現ができるエリアが存在するためと推定している。※1※2


※1 配信禁止ゲーム一覧exit Twitch.TV

※2 ゲーム配信サービスのTwitch、18禁ゲームの実況を禁止 3D仮想空間「SecondLife」もNG exitvsmedia 2015年5月30日

スクリーンショットアートは「Flickr」

厳しい撮影ガイドラインフレームレートが出せないことから動画生配信は厳しい。そこでスクリーンショットを撮りレタッチするスクリーンショットアートに活路をみいだしている。ガイドラインの制限が少なく公式ビューアに機があることもあり海外ユーザー人気がある。ニコニコにはニコニコ静画があるがイラスト投稿向けで厳密にはそのような作品の投稿に対応していない。なお、Flickr日本人ユーザーコミュニティがある。

関連コミュニティ

 

関連商品

サービス考案のきっかけになったSF小説「スノウ・クラッシュ

原題「The Making of Second Life」。大げさなビジネスの話はく、リンデンラボ試行錯誤歴史など。

関連項目

リンク

脚注

  1. *LINDEN RESEARCH, INC. TO BE ACQUIREDexit 2020.7.9

【スポンサーリンク】

  • 17
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/secondlife

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SecondLife

66 ななしのよっしん
2020/09/26(土) 22:31:10 ID: j7/yvysJYr
人自体は寧ろ下手なスマホゲーよりもよっぽど多かったりして
実は外からイメージされるほど衰退してる訳でもないんだよな。
ただ、初心者向け情報が外からではくて何かをやる以前にそもそもどうすれば良いのかわからない環境になってるんだよな…
検索して出てくる情報も大体古すぎるし。
67 ななしのよっしん
2020/09/28(月) 01:38:00 ID: f//6NwzN6w
稼げてそうな人マイトレの製作者さんぐらいでは
68 ななしのよっしん
2020/11/03(火) 20:28:55 ID: qSFBKEczo6
>>65自分もそう思います
SLSL VRCはVRCで楽しんでる人がいるだろうになぜ記事の始めで較してSLを貶めるように感じ取れる書き方をしているのか…
興味を持った人に悪い印を与えるので修正したほうがよいのではないでしょうか
69 ななしのよっしん
2020/11/21(土) 14:41:50 ID: SawrA4Vzya
Meet-Me動画制作しやすかったけど、SecondLife動画やっていいか気を使うんだよね
重いから動画撮影出来る人限られるし、オブジェクトとかみんなほぼ手作りだから良いSIM見つけても勝手に動画撮影していいのか分からないし、動画テーマを作れるほどゲーム性や的がないし
名前が載ってただけで動画開されたのとか見てると、一部界は相当センシティブなんだな…と、気してたワイもさすがにビビった

そんなこんなで動画を作れる要素がまるでなくて、結果的に動画も少なくて、新規も呼び込みにくいんじゃないかな…と邪推しています
70 ななしのよっしん
2020/12/04(金) 12:30:00 ID: h3jcoQEw57
やりたい放題だったmeet-meを基準にするのはNG

それはともかく、SIMローカルルールで明確に禁止出してるとかじゃなければ大丈夫でしょ
生配信してる人がいるんだし、編集で対応できる動画がダメな理由はないと思うけど

勝手に名前や会話出すのは、撮られる方からしてみれば何に使われるか信用できる要素がないんだから嫌がるのはしょうがないというか、ゲームじゃない以上は素の人間性がフィーチャーされやすいメタバースではSLに限らず普通のことでは
まあ、言いたくはないけどメンヘラ気質の人も割と多いので……そうでない人も自己防衛のために大抵そうするよ。だってそうする

しかし結局、自分で何かしら制作できる事が先にあって成り立ってる世界なので、興味持ってもらえても消費一辺倒だとどのみち辛いコンテンツだと思う。余暇を費やすメインにはならんだろうし、そうなるとスマホでいいになるんじゃないかね
だからこそ、残ってる人にとってはこれと言った後釜がなくて、今でもまだ続いてる理由になってるんだろうけど
71 ななしのよっしん
2020/12/30(水) 15:53:11 ID: SawrA4Vzya
そういえばMMもメンヘラ気質兄貴多かったですね(手の平返し)
アニチを間違えただけで怒らせてしまって後々謝りに行ったり、武社会みたいで気持ちよかった

人を呼び込むにはやっぱり楽しそうに見える動画でも見れる場所に投稿して門戸を開く事が大切だと思うのですが、その撮影を阻む敷居の高さを並べてみました。長文許してクレメンス
・個人一人一人に撮影NG基準が違ってて、結局NG基準を一番厳しいものに合わせるため、撮影自体全部NGになる
建築物は個人制作の為、撮影許可が必要なものがそれぞれ違ってて、結局はNG基準を以下略
・唐突なアダルト要素があるため、生放送も気軽に出来ず、BANリスクを伴う
の高さから撮影自体が自粛的になっちゃう
SLに来たタンバリン芸人ネトウヨだった!

封建社会みたいな堅苦しさは気持ちいいし、新たな苦行としてSLをMM難民兄貴達にも売り込みたいけど、SLの長い歴史から培われた独特のNG要素が多くて、動画構成どころじゃなくて…
メディアラットフォーム的
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
72 ななしのよっしん
2021/01/09(土) 19:48:15 ID: DkD4xmEkft
ホモビ乗っ取って女の子になりきってるおばさんおっさんを気持ちよくさせる為に人を呼び込んでも
長続きしないんだよなぁ、メンヘラホモの取り巻きになるか恋愛に選ばれるかの
二択しかない男と男がしのぎを削る過酷な世界の犠牲者を増やしてはいけない(め)
73 ななしのよっしん
2021/01/16(土) 19:53:52 ID: SawrA4Vzya
中の人の事なんて考えた事もいなぁ
一生会う事もいだろうし爺でも婆でもホモでもレズでも、トークが面ければなんでもいい

ただしメンヘラホモテメーはダメだ!(手の平返し)
74 ななしのよっしん
2021/02/18(木) 21:01:12 ID: oKNMJEbq7o
動画とられて騒ぐうるさいやつのいないSIMに行こうそうしよう
75 ななしのよっしん
2021/03/04(木) 17:07:26 ID: Tcyft3EIqe
建設的な未来が(SLに)入ってないやん!もっと仮想社会の発展が見たかったから期待したの!

急上昇ワード改