SecondLife単語

セカンドライフ

SecondLifeセカンドライフ)とは、サンフランシスコのLindenResearch社のLindenLabが開発運営するメタバース(仮想世界)である。ユーザーは略してSLと呼ぶことが多い。

ニコニコ動画上でのタグ検索SecondLife OR セカンドライフexit_nicovideoであり、ほかにSLが見受けられる※1。


※1 SLとはSecondLifeの頭文字をとった略称であるが、一般的にSteamLocomotive(蒸気機関車)の略称であり、紛らわしいのでタグとしては使用を避けることをお勧めする。

特徴

3DCGによる商用メタバース(仮想世界)である。

ゲーム内には、友達同士が集まって会話できるカフェ、多くの人がダンスし、DJ音楽を流すクラブミュージシャンストリーミングオーディオによって行うライブコンサート、土地を持っていなくてももの作りができるサンドボックス(砂場)など、様々な活動のための場所が存在する。特にチャット趣味を実現する場として利用するユーザーが多い。フリー商品も多く出回っており、日本人ユーザーは一切をかけずに利用する人も多い。

他の住民とのコミュニケーション方法は普通文字チャットと、Skypeのようにマイクを用いたボイスチャットがある。また、文字チャットは内容を即座に別言に変換する翻訳アイテムもあり、他言ユーザーともある程度チャットできる。

セカンドライフはほとんどのオブジェクトユーザーによって作られており、著作権も作ったユーザーに帰属する。オブジェクトとは、乗り物などの3Dオブジェクトや、テクスチャ、サウンド等のあらゆる物をす。LSLという、Javaに近いスクリプト言語オブジェクトを制御することもできる。

概要

SF小説「スノウ・クラッシュ」を参考にリアルネットワークスの元CEOフィリップローズデールが考案したサービスである。旧・リンデンワールド。

2013年6月20日現在、全世界で約3600万の住民が登録されており、そのうちアクティブな住民数は約100万人。日本では2~3万人がアクティブプレイしている。※1

見たゲームっぽい一方、非常に自由度が高いため、ゲームであるという意見とゲームではないという意見が存在する。実際は公式サイトでは「Free 3D Virtual world」としている。

ものづくりはセカンドライフ制作ツールだけでも作れるので、簡単なものなら作った経験のあるユーザーが多い。作ったものは配布、販売、あるいは他人の製作物を貰う、購入することも可である。
ゲーム内通貨であるリンデンドル(L$)※2は、270L$≒1ドルに相当し、いつでもリアルマネーとゲーム内通貨の交換が出来る。ユーザーはこの通貨を使ってゲーム内での取引、商行為を行う事も出来る。

世界SIM※3と呼ばれる256m四方の土地単位で区切られている。多くのSIMがつながったメインランドと呼ばれるリンデンラボが運営する大陸と、単体か関連SIMのみで構成されるプライベートSIMとがある。総面積東京都と同じくらいである。

SIM丸ごとや小さな土地まで様々なタイプの土地が存在し、借りることもできる。これらはイベントカフェやショッピングモール作り等、法令および規約の範囲内で自由に行うことができる。


※1:一人で複数のアカウントを取得できる点に注意

※2:規約上はトークン

※3:Simulatorの略、Webサービス等で使われているサーバー上を3DCGシミュレーションソフトが稼働している。このサーバーユーザーがLindenResearch社から借りるホスティングサービスとの一面もある

一過性ブームとブーム終焉、縮小化

サービス自体は15年以上も続く、現在も最大5万人強(日本ユーザーが多い時間帯では3万人程度)の同時接続がある同様のサービスではトップ規模のサービスである。

ブームのきっかけは2006年5月ビジネス誌「ビジネスウィーク」にドイツ中国人シミュレーションサーバーのホスティング等行い、多額の利益を得た人が現れたことが報じられ、サービスが全世界に知られることになったことによる。※1

当時インターネット世界では、Web2.0とのキーワードが注されていた。Web2.0とはネットユーザーネットユーザーに向けてコンテンツを作り出し、サーバーに蓄積する方式のWebサービスである※2。このWebサービスの変革が起きている時期がSecondLifeブームが起こる時期に相当する。

日本でも企業が話題に乗り遅れないよう対応し、個人ユーザーも時代に乗り遅れないよう増加しブームは加熱した。

しかし、SecondLifeはWeb2.0サービスとしてはやや使い勝手が良くなかったようで、ニコニコ動画2007年)、YouTube2005年)といった動画共有サイトブログ日本においては2002年)やTwitter2006年)などより使い勝手がいいサービスに押されて急速に沈静化してしまった。それに伴い参入企業2008年以降軒並み撤退し、ユーザーも次々やめていった。

ブーム当時同様のサービスがたくさん生まれたが、2010年代以降は閉鎖が進んでおり、ユーザーのSecondLifeへの合流がみられる。

一方で利用的を見つけた人は、今もSecondLifeに定着している。趣味でつながるコミュニケーションツール3Dアバターチャット)として細々と利用している。

それでもなおネット端末のPCからモバイルスマートフォン)への時代の流れには勝てず、内外とも縮小へ向かっている。※3※4

一般的にサービスとしては社会的影を失ったとみられているが、収益があるため引き続きサービスを続ける方針である。※5

なお、現在セカンドライフがどうなっているか知りたい場合は、最近の改善点をまとめた動画exitYouTube公式アップされているので、これが分かりやすい。


※1 セカンドライフと実社会の経済格差=100倍の価値はexit IT 2007年2月8日10:00

※2 Web2.0とはexit コトバンク 朝日新聞

※3 LindenLab、SecondLifeの乗り越えるためにゲームスタジオ「LittleTextPeople」を買収exit

※4 平成29年情報通信白書exit 総務省

※5 セカンドライフのLinden LabがVRシミュレーションのベータ版を公開exit TechCrunch日本語版 2017年8月2日

セカンドライフの始め方

SNSについて

情報共有はソラマメexitが中心である。メタバース専門(実質ほぼセカンドライフ)のブログサイトで、日本人ユーザーの多くがここを利用している。他はTwitterなど。近年はGoogle+exit日本人コミュニティができつつあり、情報の再共有をしていた。マストドンにも日本人ユーザー向けインスタンスSLDONexitが加わった。かつてはモバイルファクトリー運営のWassrも利用されていた。ハッシュタグ#SecondLife #SLJP

住人登録方法

セカンドライフ日本語公式ページexitから住人登録ができる。16才以上でメールアドレスを持っていればOK。住人登録後ビューワをDLインストールしてログインできる。16~17才マナー重視のエリアのみ行け、18才以上はどのエリアにもアクセスできる。

日本人が多くいる場所を見つける方法

日本人が多くいる場所や日本人が手掛けたコンテンツすりんくexit検索できる。

テクノロジー

技術面では3DCGクロノスグループ策定のopenGL物理演算マイクロソフト下のHavokを利用している。2007年にはWindward Mark Interactive社WindLightを買収して導入したことによりリアル再現に成功している。

ディスプレイの多様化断念

セカンドライフ公式ビューワexitの他に、様々なサードパーティ製ビューワが作られている。PC用ビューワではFirestormexitAndroidスマートフォン用簡易ビューワではLumiyaexit※1が有名である。

2013年に画像処理を新設サーバーで行うクラウドゲーミング技術に対応し、非力マシン、例えばタブレットなどモバイル機器でも快適にプレイできる途が立った。これを利用して2014年にonLiveが「SLGo」を有償にてサービスをしたものの、ソニーによる知的財産権の買収があり、2015年4月サービスが終了した。2016年現在LindenLabも含めて同様のサービス提供の動きはない。

ヘッドマウントディスプレイOculus Riftに対応したサードパーティ製ビューワexitCtrlaltstudioビューア)も登場、SLプレイできるデバイスは多様化するとみられた。しかし、Ctrlaltstudioビューアは2016年7月18日アルファリリースを最後に中止※2、LindenLabの対応公式ビューアは2016年7月7日に品質上の問題で開発を中止した※3。

2007年当時は「セカンドライフハイスペックPCが必要」といわれていたが、現在サーバーが安定し、ユーザーPCハイスペックになってきたため善されている。執筆者の経験上、4GBメモリCPUCeleron G530でも楽に動作する。とはいってもそれらはアバターメイキングチャットを楽しむ程度のもので本格的に楽しむならいわゆる「ゲーミングPC」といわれる3DCGゲームが楽しめるPCが必要である※4。


※1グラフィック処理限界がある

※2CtrlAltStudioについてexit

※3OculusRiftProjectビューアの開発中止についてexit

※4ドスパラ公式サイトexitの説明によるとゲームPCとはゲームをするために必要とされる性を備えたPCで、高性グラフィックボードCPUが搭載され、その稼働を支える冷却システムが備えられているのが特徴の高性PCのこと。

コードに古さを抱えるSecondLife

2012年時点でSecondLifeを実行するコードに古くて非効率なコードが含まれていることが確認されており、そのコード良を行うとユーザー創作物が壊れる恐れがある。そこで2012年独立ゲームスタジオLittleTextPeopleを買収し、サービスの多化を行った。※1

その成果がPatterns※2、BlocksWorldである。


※1 LindenLab、SecondLifeを乗り超えるためにゲームスタジオ「LittleTextPeople」を買収exit

※2 ソーシャルVRSansarの開発に資を割くためにすでに終了

OpenSimについて

近年、有志がセカンドライフの技術をハックし、OpenSimulatorという、メタバースオープン技術の開発を進めている。ソースコードここexitからDLでき、Linuxサーバの知識があれば、個人でもサーバを立てメタバースを作ることができる。海外では既に企業や団体、学校などが様々な用途でこれを利用し、セカンドライフ生系ともいえるメタバースを構築している。

OpenSimを利用したメタバースとして、でも自由に参加できるパブリックグリッドではOSgridexit企業運営している商用グリッドではInWorldzexitが最大規模である。しかしアクティブユーザー数は2013年8月現在OSgrid3773人、InWorldzが6894人であり、100万人のアクティブユーザーがいるセカンドライフべて、まだ明期にある。

OpenSimに関する詳しい情報は、Hypergrid Businessexitなどの海外サイトで知ることができる。

新プラットフォーム

2016年よりOculusRiftオキュラスリフト)などVR機器に対応した新プラットフォーム「Sansar(サンサール)」の開発が続いており、2017年オープンクリエイターベーター版をリリースした※1。ユーザー間では通称SecondLife2またはSL2と呼ばれていたがSecondLifeとの互換性はなくめてアカウントを取らなければいけない。

一方、創始者であるフィリップローズデールは2016年に別会社で別のサービスHightFidelityをリリースした※2。

これらのサービスの詳細はそれぞれの記事に委ねたい。


※1Linden Lab、ソーシャルVRプラットフォーム「Sansar」のオープンベータ版をローンチexit

※2セカンドライフ創設者のソーシャルVRアプリ『High Fidelity』早期アクセス開始exit

歴史

この見出しは

http://wiki.secondlife.com/wiki/History_of_Second_Lifeexit

を参考に記述した。

関連動画

ニコニコ提供しているサービスのうちニコニコ動画およびニコニコ生放送との親和性が高く、それらと上手に組み合わせることでマシニマゲーム内を撮影編集した動画作品)、ミュージックビデオダンス動画実況動画の作成、音楽活動、ストリーミング配信ができる。

ミュージックビデオの作例

モーションも扱うことができ、MikuMikuDanceのような動画の作成も可である。→SLダンス動画を参照。

セカンドライフ内で音楽活動、コンテンツ構築を行うChouchouライブ映像など

 

関連コミュニティ

 

関連商品

サービス考案のきっかけになったSF小説「スノウ・クラッシュ

原題「The Making of Second Life」。大げさなビジネスの話はく、リンデンラボ試行錯誤の歴史など。

関連項目

リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/secondlife

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SecondLife

47 ななしのよっしん
2017/10/26(木) 04:22:44 ID: 7CBtVl6hK7
またカジノブラックジャックスロット回したい
48 ななしのよっしん
2017/11/05(日) 22:26:21 ID: rM0CU4AqXx
どのくらいのスペック必要なんですかねぇ?
49 ななしのよっしん
2017/12/15(金) 00:33:29 ID: AmaYBF6yJs
5~6年前のミドルクラスマシンで十分動きますよ。オンボードでも描画設定落とせばそれなりに遊べますし、重いと感じるのはたいがいその場にあるオブジェやらテクスチャを毎回ダウンロードしてから読み込む仕様のせいです。
50 ななしのよっしん
2017/12/17(日) 21:44:56 ID: UIyieM1bJM
VRChatみたいな感じにできれば化けそうな感じはある
51 ななしのよっしん
2018/01/26(金) 20:29:38 ID: 7mVVhWvblb
こういうのがどんどん発展していってサマーウォーズ的な電間になる…かもしれないと考えるとなんとなくワクワクする
52 ななしのよっしん
2018/03/04(日) 01:42:54 ID: 9tkiK1Ug6K
まだまだすぎる発想なんだろうがいずれ追いつくんだろうな
53 ななしのよっしん
2018/03/24(土) 18:41:46 ID: gFXy6HNioq
発達したの仮想通貨だけじゃん…
あと思った以上に外人住人マナー悪い
突然の攻撃ひどい
54 ななしのよっしん
2018/03/25(日) 01:51:10 ID: xnH9d0u9+/
SecondLifeリンデンドルと世間一般で話題の仮想通貨の動向はあんまし関係いからなー
SecondLifeの場合、に使えるCGスペックが向上してアバターの造形準が上がった
55 ななしのよっしん
2018/04/02(月) 16:50:35 ID: sTAliEMK0i
最近復活した大和SIMすげぇ
https://maps.secondlife.com/secondlife/YAMATO%20Memorial/140/31/31exit
56 ななしのよっしん
2018/04/07(土) 19:23:28 ID: xnH9d0u9+/
お、1/1大和赤城復活しましたか

急上昇ワード