oss単語

オーエスエス

OSSとはオープンソースソフトウェア(Open Source Software)の略である。

ソフトウェア利用の自由を強調して、FLOSS(Free/Libre and Open Source Software)と呼ぶ場合もある。

概要

OSSは、ソフトウェアソースコード開し、それを修正し良し、また配布したり販売したりすることを自由に行えるようライセンスで定義されているソフトウェア

ライセンスとしてはGPL,LGPL,BSDライセンスなどをはじめ、Apache,Apache OpenOfficeApache License、Firefox,ThunderbirdなどのMozilla Public Licenseほか、いくつものライセンスが定義されている。

これらライセンスを基盤として、ソフトウェア開発は、共通の部品としてのソフトウェアが、実質的な共同開発として急に発展してきた。その成果として、組み込みOSとしてデジタル電,スマートフォン,タブレット端末,デジカメ,ルーター製品,NAS製品など、非常に多用なハードウェアを、その中身として成立させている。

パソコン用としても、いくつかのOSと非常に多くのアプリケーションソフトウェアOSSとして流通しており、ほとんどの場合、その利用は償となっている。(販売するのも自由ながら、同等のものを償で配布できるのであれば、それ自体は商品として成立しがたい。そのためサポートサービスや、独自の有償ソフトとのセット販売として事業が成立する場合がある)

こういった文化は、もともと1970年代UNIX償配布の頃からあり、自分(自社)が必要な部分だけを開発し、残りを共通の部品でまかなうことで、低コスト的を実現できる。そのため、非OSSソフトよりOSSのほうが日本語対応が進みやすい傾向がある。

OSSを中心としたOSとしてFreeBSD,LinuxOSがあるが、日本語対応済のOSSはこういったOSでは特に意識すること日本語環境として使えることが多いが、WindowsOSSを導入する場合は、別途日本語パッケージを追加する必要が生じることがある。

これはOSS中心のOSには、OSS特有の運用ルールOSに盛り込まれているのに対して、WindowsにはOSSのための組みが用意されていないためと考えることができる。

たとえばLinuxOSの一種であるUbuntuでは、様々なOSSを手軽に導入できるように数万のパッケージリストと配布サーバーを用意している。これらリストには依存関係や多言対応のための追加パッケージなどの関係性が登録されており、複数パッケージダウンロードインストールを、一括に行ない、更新などの管理まで統合化されている。

こういった運用ができるのは、OSSに第三者が修し、再パッケージ化し、再配布することが自由にできるという特徴があるため。

関連動画

ossに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

ossに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ossに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • ossに関する項を紹介してください。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/oss

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

oss

1 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 18:43:02 ID: ZvGolXgnFE
ロックマンエグゼペレーションシューティングスター略称として使う事も有るから曖昧さ回避ロックマンエグゼリンク追加