PC-88VA単語

ピーシーハチハチブイエー

PC-88VAとは、日本電気NEC)が発売したパーソナルコンピューターの機種である。

概要

1985年より、ホビーユースのパソコンとして業界のリーダーへと君臨したPC-8800シリーズであったものの、CPUZ80A互換の8ビットCPUであったことと、グラフィックも他社製8ビットPCにも劣る部分が立つようになり、性能面限界に達していた。
そこでステップアップのため、CPUの16ビット化とグラフィックの強化を施したPC-88VAを開発することとなった。

PC-88VA1987年3月に発売。
i8086およびV50をベースにしつつZ80Aのエミュレーションを可にしたμPD9002(8MHz)を採用することで、従来のPC-8800シリーズとの互換性も維持された。
グラフィックでは、家庭用ゲーム機に組み込まれているスプライトを搭載、最大で65536色の表示を可とした。
ただしサウンドYM2203で、後にPC-8801MA/FAに組み込まれるYM2608ではなかった。
フロッピーディスクは、5インチで最大2HDまで対応していた(PC-8801MH/MA相当)。
OSMS-DOSのほか、N88-BASICフォーマットとの互換性も維持されたPC-Engine(NECゲーム機とは別物)という独自OSも付属した。

翌年には、サウンドとしてYM2608を搭載したVA2、さらに3.5インチ2TD(9.3MB)対応ドライブを採用したVA3が発売された。

しかし、PC-88VAは期待されるほどの成功は収められなかった。
特に重視されていた互換性についても、8ビット機互換モードであるV1/V2モードも不全で、VAで動作しないアプリケーションも存在した。
また、同じインテル系の16ビットCPUを搭載するPC-9800シリーズとの互換性は元々想定していなかった。
価格もPC-8800シリーズよりも10万円高い設定は、従来のユーザーが二の足を踏むものとなった。

一方で、同時期に発売されたシャープX68000」は、価格こそPC-88VAよりも高価であったものの、当時のアーケードゲームをほぼ忠実に再現できるほどのCPUグラフィックサウンドを備えており、本格的なゲームPCめるパワーユーザーはこちらを選択するようになっていた。 

とどめを刺すように、PC-8800シリーズゲームを開発していたソフトハウスの多くは、16ビット化のターゲットを、民機として程度普及していたPC-9800シリーズへとシフトした。
そのころになると、PC-9800シリーズでも10MHz以上のi80286CPU最低でも搭載、ミドルクラスではi386シフトしており、VAの処理性を上回っていた。グラフィックも十分な高速表示に対応したEGCを組み込んでいたことで、ソフトウェアの工夫次第でスムーズスクロール表示にも対応できたのである。

全に「中途半端」な位置になってしまったことで、PC-88VAシリーズはわずか2年で幕を引くこととなってしまった。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/pc-88va

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

PC-88VA

1 ななしのよっしん
2015/07/13(月) 06:32:29 ID: 4NMpQMhyiU
X68Kの対抗機として後から出してきた印だけど発売は同時期だったんだな。
X68Kは発表がくてかなり話題になってたから。

パッチ当てると98ソフトが結構動いたりするんだよな。