編集  

RX-DT707単語

アールエックスディティーゼロナナ

RX-DT707とは、松下電器産業(現・パナソニック)が生産・発売したCDラジカセである。

概要

コブラトップの搭載機種であり、スタイリッシュデザインが好まれた。

発売から26年以上経過し、カセットメカ不良CDり付いてしまうことが発生する機種が増えてきました。
で直せない場合は、捨てずに、yahooなどのサイトオークションなどの形で出品すると、喜ばれます。

現在でもオーナーが数多くいる。
アニメなどでも、ラジカセ大御所として、出演中。

機種名 発売時期 標準価格
RX-DT505 1991年11月 46,000円
RX-DT707 1991年10月 53,800円
RX-DT909 1991年12月 66,000円

 

主な特徴

付属品

 

同系統メカニズム

デッキ AR300シリーズ
トラバース S0DD110シリーズ

 

デジタルサーボ(S0DD110シリーズ

本機種のコンパクトディスク部に採用されているサーボ回路は、従来のアナログサーボ方式(S0DD101シリーズ)から新しく開発したデジタルサーボ方式を採用している。

デジタルサーボは、従来のアナログサーボで調整していた、

  1. ベストアイPDバランス)調整
  2. フォーカスオフセット調整
  3. トラキングオフセット調整
  4. フォーカスゲイン調整
  5. トラキングゲイン調整
  6. トラキングバランス調整
  7. あおり調整の調整

以上の項中、2~6の調整を、サーボプロセッサーICMN6650)で自動調整を行うものである。

従って電気的調整項は、ベストアイPDバランス)の1項のみとなり、調整を非常に容易に行うことができる。また、演奏するディスクに合った最良のサーボコトロールが得られるようになった。

 

生産途中での仕様変更

本機種は生産期間が長く、性向上のための仕様変更が複数回行われた。

 

1992年6月

向上による仕様変更

RX-DT707において、性向上のための仕様変更を行った。

 

1. チューナ回路

  • 抵抗品番変更
変更箇所 変更内容
抵抗(1/4W, 10kΩ 抵抗(1/4W, 2.2kΩ


2. メイン回路

  • 抵抗・コンデンサ品番変更
変更箇所 変更内容
抵抗(1/4W, 33kΩ 抵抗(1/4W, 39kΩ
コンデンサ(10V, 100μF) コンデンサ(10V, 330μF)


3. テープデッキ回路

変更箇所 変更内容
抵抗(1/4W, 2.7Ω


4. キャビネット部品

  • 部品追加
変更箇所 変更内容
ばね(RMC0161 追加
鋼球(RDB0050 追加
押えばね(RMC0159-1) 追加


5. メイン回路

  • 回路図・プリント基板図変更とそれに関する部品品番変更
  • 下記の他にも、一部の抵抗・コンデンサを
変更箇所 変更内容
トランジスタ(2SC3311R) 追加
抵抗(1/4W, 330kΩ 追加
抵抗(1/4W, 820Ω 追加
抵抗(1/4W, 4.7kΩ 追加
トランジスタ(2SC3312RTA
抵抗(1/4W, 2.7kΩ
抵抗(1/4W, 680kΩ
コンデンサ(50V, 470pF)
コンデンサ(50V, 100pF)


6. ASP回路

  • IC品番変更
変更箇所 変更内容
I.C, ASP(M51135FP) I.C, ASP(M51137)

 

1992年10月

CDユニットの変更

RX-DT505、RX-DT707RX-DT909CDユニットが、S0DD110シリーズからRAE0111Zシリーズへ変更された。

CDユニットは、従来のCDユニットS0DD101シリーズ)で調整していた、

  1. ベストアイPDバランス)調整
  2. フォーカスオフセット調整
  3. トラキングオフセット調整
  4. フォーカスゲイン調整
  5. トラキングゲイン調整
  6. トラキングバランス調整
  7. あおり調整の調整

以上の項中、2~6の調整をサーボプロセッサーICMN66271)で自動調整化したものである。

自動調整を行うのは、以下の操作が行われたときとなる。

  1. CDを入れたとき、入れ替えたとき
  2. CDの入った状態で、セットの電をONしたとき

CDユニットの電OFFされると、自動調整はリセットされる。

 

CDユニットが変更されているかどうかは、本体裏のシリアルナンバーで判別できる。

機種名 サフィックス記号
RX-DT505 B以降
RX-DT707 D以降
RX-DT909 C以降

※サフィックス記号とは、シリアルナンバーの左から5桁アルファベットのことである。

 

1993年2月

コネクタの品番変更

RX-DT707RX-DT909において、性向上のためテープデッキのコネクタの品番変更を行った。

 

1993年11月

ガイド軸受の品番変更

RX-DT505、RX-DT707RX-DT909などの機種において、性向上のためローディンユニットガイド軸受の品番変更を行った。

 

1993年12月

サーボIC良による調整用半固定ボリュームの

RX-DT707などの機種において、サーボプロセッサーIC良によりベストアイPDバランス)調整が自動調整化され、半固定ボリュームでの調整が不要になった。

これでCD電気調整はすべて自動調整化され、CDユニットの調整用半固定ボリュームはすべて止された。

変更箇所 変更内容
サーボプロセッサーIC 品番変更(MN66271MN66271RA)
可変抵抗器
抵抗(1/10W, 100kΩ 品番変更
抵抗(1/8W, 10kΩ
抵抗(1/10W, 47kΩ
チップジャン
コンデンサ(25V, 0.027μF) 追加
コンデンサ(50V, 470pF) 品番変更

 

半固定ボリュームが止されているかどうかは、本体裏のシリアルナンバーで判別できる。

機種名 サフィックス記号
RX-DS303 D以降
RX-DT505 C以降
RX-DT707 G以降

 

よくある故障と原因

 

テープレコーダ部

反転リバース)の再生や巻戻しはできるのに、正転の再生がすぐ止まる

正転、反転ともに再生できない

 

コンパクトディスク部

読み込みに時間がかかる

  1. CDピックアップレンズが汚れている。
  2. CDのコンデンサが経年劣化により容量抜け・液漏れしている。

再生はできるのにトレイが出てこない

 

関連コミュニティ

 

 

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/rx-dt707
ページ番号: 4448732 リビジョン番号: 2645249
読み:アールエックスディティーゼロナナ
初版作成日: 10/08/28 23:40 ◆ 最終更新日: 18/11/26 03:04
編集内容についての説明/コメント: 1992年10月の変更を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

RX-DT707について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2011/04/25(月) 18:15:25 ID: ninLdCddyk
なぜ記事がw
2 : ななしのよっしん :2012/06/13(水) 09:45:51 ID: 4xPVZZMe+L
909持ち(現状カセット以外大体動く)としては盛り上がって欲しい
3 : ななしのよっしん :2014/01/05(日) 02:50:33 ID: OVvvepKgHQ
 1年前にリサイクルショップから¥1500-で買ったが、リモコン付いてないことに最近まで気が付かなかったw
 リモコンだけ欲しいんだけど、オクにあがってないかな。
4 : ななしのよっしん :2014/01/13(月) 17:38:35 ID: VruxTN+1P1
このころはコブラトップとかソナホークとかあって楽しかったなw
5 : ななしのよっしん :2014/09/11(木) 14:04:55 ID: hkciLNcAeU
アァ、だから橘さんが持ってたのか(DT)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス