オーク単語

オーク

オークとは、

  1. Oak - ブナ科コナラ属の植物の総称 → 楢(ナラ)、樫(カシ)のこと
  2. Orc - ラテン語で「悪魔」「地下に生きる生物」のこと
  3. Orc - 古い英語で「の怪物」のこと。オルカOrca)をとする。
  4. Orc - トールキンに作られた架の人種族 (本稿にて記述)

 

オーク(種族)

ファンタジー小説などに登場する架の種族。

指輪物語』で用いられて以来、様々なファンタジー作品に登場している。

「オーク」は複数の意味やルーツを持つ言葉だが、トールキンの創始した種族としてのオークがもっとも有名と思われ、この種族のケースに関しては、叙事『ベオウルフ』に登場する種族「オーク・ナス(Orc-néas)」より転じて生み出されたとされる。オーガogre)と同と考えられており、民話や伝承においては一種の妖精・小・邪霊の類と考えられていた。

作品によって姿形や種族としての出自は大きく異なるが、どの作品にも大体共通しておおよそ人間よりも体格に優れており、原始的かつ粗暴であることが多い。

オーク(種族)の一覧

オークの種類 説明
オーク(トールキン

伝承を元にトールキンが創始した人間種族(ヒューマノイド)。現代のファンタジー作品での流である「浅い(または暗緑色)の肌と血走り濁った眼を持ち、下がせり出して牙がはみ出ている武戦闘種族」というオークのイメージはほぼトールキン版が原点になっている。

トールキン作品では冥王モルゴスが「捕らえたエルフを堕落させて作った存在」あるいは「エルフ人間を模して作った存在」の二説があり、エルフベースになっているのは変わらないようである。手に取るものや生み出すものもエルフのように洗練されたデザインではなく、汚れていてな造り(という感じで映画版では表現されている)。なおトールキン世界では「ゴブリン」はオークをホビットだが、後のファンタジー作品ではゴブリンはオークの下位種族等に位置づけられる。

オーク(ドラゴンクエスト) オーク(ドラゴンクエスト) を参照。
オーク(TESシリーズ タムリエル」の種族の項を参照。
オーク(エロゲー

世界舞台にしたアダルトゲームにも頻出する。こちらの場合は女性キャラ陵辱する汚れ役&やられ役として使われることがほとんどで、イノシシブタの頭部を持つ獣人のような造形で登場することが多い(これは日本ファンタジー明期に多大な影を与えた初期の『ダンジョンズ&ドラゴンズシリーズで描かれたイメージが元になっており、上記『ドラゴンクエストシリーズのオークや『ウィザードリィシリーズ末弥純デザインのオークも同様である)が、単純に流のトールキン版の場合もある。

性的な部分では巨根・絶倫などいった満足できる要素を持つが、それを打ち消すほど、姿は醜悪かつ不潔で盗む・奪う・犯す・殺すなど負の部分のほうが強く、ひどい時には「ぷぎー! ぶひー!」などまともな言を話せず、形勢不利と知るや尻尾を巻いて逃走するか、心や命乞いと見せかけて背後から騙し討ち(だがあっさり返り討ちに遭うぐらいの見え見えの小芝居)を仕掛ける程度の知性は持っている。

オーク(千年戦争アイギス

魔界を拠点とする戦闘民族。鍛錬と強者との戦いを至上の喜びとする種族であり、アイギス様の封印が崩壊したのを切っ掛けに強者との戦いをめて地上に進出した。
大まかに分かれて、他種族との混血である肌のオークと純血である褐色肌ハイオークに分かれている。価値観が「戦い、鍛錬>>>>性欲」の連中なので、ソーマちゃんのような美少女の前にいても特に気にしない、オークの結婚も互の実ければできないという底ぷりである(そのせいか仲間になるオーク女性はみんな処〇だったりする、しかも相手が強ければ種族は問わないという)。
ユニット共通の性としては、HPが下がれば下がるほど攻撃スピードアップするというもの。敵として登場すると、半端な受けでは回復スピードが追い付かず蒸発する可性がある。味方の場合、回復させると攻撃スピードが上がらず、価を発揮しづらいのが難点。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オーク

247 ななしのよっしん
2019/09/18(水) 18:46:05 ID: mDEo7Uz8FZ
つまり>>245の設定でオークの王なんてものがあれば
そこは永遠にオーク美女 美少女だけの世界

そもそも人間同士が交尾をするから人間の子が生まれる
だから、違う種族が交わえば 互いの種族が半分半分くらい
確率で生まれてくる設定


248 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 21:59:29 ID: KQLaQFZ330
>>247
混ざるんじゃなくて互いに間借りと刺になってる感じかな
現実世界でもギンブナの雌は交尾はするけどそれは他の種類のフナでも構わなくて、精子の発生のきっかけに過ぎない
逆の場合はそっくり同じではないけれど現実世界ではトラフグで少し近めの事が実現している
ちょっと詳細くけど染色体YYの「雄」っての作り出してこれを雌と交尾させると生まれてくるのは全て雄になるんだって
249 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 22:01:30 ID: gFl1JHfVOS
そんな考察せんでもw
250 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 22:09:43 ID: KQLaQFZ330
ごめんw
でも何だったかよく見る設定で「オークの血は濃いから々」っていうのが染色体上ではまさにそんな感じで生まれてくるの全部雄になるとか面いなって思ったんさ
普通のも充分そうだけど単為生殖は本当に凄い世界だよ
251 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 22:13:17 ID: KQLaQFZ330
ここまで書いといて今更だけどやっぱりこういう考察って嫌われるし面くないのかな……
252 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 22:15:34 ID: 7+0IsjIIcX
嫌われはしないだろうけど「で本格的な考察かつ面く」は非常に難しい
数多くの漫画を打ち切ってきた命題
253 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 04:36:44 ID: 3uqpu918D1
そりゃ漫画でそんな話されても困るけど、こういう場ではむしろ盛り上がる話題じゃねーの
ただし話がうまく噛み合えば、という条件付きでな
オーク(外見は他種族)って設定は正直そんな惹かれない、意図は察するが

個人的にはオークはむしろ絶世の美女設定にしたい
身も蓋もない事言えば、女はなんでも美女設定にした方がウケはいいしな(ドワーフとか)
性格は一見ドMで従順で自分の意思がなさそうだが、同様に強き者をオークの気性に忠実なだけ
だから一番強いオークを独り占めするし、仮にボスが交代したらはすぐにそっちに

またオークほどではないが性欲が強い一方で、みにくい
ゆえにボスといえど囲ったにはそれぞれ相応のを注がねばならず、ハーレムの規模はボスの精依存する
仮に二番手のハーレムの方が規模が大きい、なんてことになったらボス券に関わる
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
254 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 18:02:10 ID: mDEo7Uz8FZ
オークはむしろ絶世の美女」それもいいかもな
自分がオークだったらブサイクはやだし。

オークウルフオークソーンという物を開発してみたんだが
彼らはオークウルフオークソーン(いい名前思いつかないので適当に)と呼ばれる生物を利用する。
オークウルフ」は原始人におけるみたいなもんで
オークソーンはゲームにある生えた茨みたい
非常に丈夫で、魔法への耐性があり、
にはがあり、オークのみに耐性がある。
基本的にオークは外に出るとき、これをジャングルジムのように上り下りして巣へと出入りする。

オークはこれを巣の周りに植えてのように囲み外敵の侵入(人間がなかなかつかまった女性を助け出せないのもそのため)および捕まえた異種族のメスが逃亡できないようにする
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
255 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 18:24:48 ID: mDEo7Uz8FZ
ちなみに知については原始人並みはあってほしい
黒曜石」をナイフに使ったり、文字文化はないけど
木に物でバツ印つけて印にするくらいの頭はある

植物の栽培もする、ただし弥生人のような本格的なものではなく、どこからか種を持ってきて自分の巣の中に植えるだけ
運よく稔ったら食べるみたいな
(を一緒に埋めて肥料にすることも) 
256 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 15:04:30 ID: mDEo7Uz8FZ
>>254の設定は
オークに捕まった女性は何故逃げられないのかを考えた際に思いついたもの
精液な媚成分」もいいけど、物理的に逃げられない説もいいと思う

オークの暮らす巣の近くには、長危険で強い動植物がたくさん、しかもその動植物を持ち、オークにのみ効でそのを中和できる成分がオークの体液に含まれる

なのでオークに捕まった人間自害オークに隷従する以外道はない。という設定