ごめんねおらもう単語

ゴメンネオラモウ

  • 9
  • 0
掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ごめんねおらもうとは、インターネット上で有名な都市伝説。しばしば「精神的ブラクラ」「検索してはいけない言葉」として紹介される。

概要

2009年9月クレヨンしんちゃん作者として有名な臼井儀人氏が行方不明になり、家族によって捜索願が出された。当時から2018年現在に至るまで、氏の代表作であるクレヨンしんちゃん金曜ゴールデンで放送されつづけており、毎年映画製作されるなど人気を博しているだけに、この失踪事件はメディアで大きく報じられることとなった。

氏は熱心なキリスト教徒だったこともあり自殺の可性は低いと言われていたが、失踪事件が報じられ始めたころにインターネット上に臼井氏の「遺書」とされる画像が出回るようになり、一部で騒動になった。その時の画像の下部に「ごめんねおらもう」と書かれていたことから、画像や騒動そのもの「ごめんねおらもう」と呼ぶことがある。

画像は背景い線でクレヨンしんちゃん野原しんのすけっぽい横顔が書かれていて、その上から縦書きで「かあちゃ──」「ひま──」「まさおくん──」「とうちゃ──」「シロ──」「ネネちゃ──」「ボウちゃ──」「かざまく」とクレヨンしんちゃんの登場人物の名前が書かれ、下部に文字で「ごめんねおらもう」と横書きされている。不気味な画像だが、よく見るとしんのすけの顔はWindowsペイントソフトにある作図ツールで書かれたような線で構成されていて、現役の漫画家であった臼井氏が果たしてこのような方法で絵を描くのかと、当初から遺書としての信憑性を疑うが多く聞かれていた。

その後

通報から一週間後、群馬県長野県にある荒船山の岩の下で遺体が発見され、検視の結果臼井氏だと判明した。近くに落ちていたデジタルカメラに残っていた最後の写真は、崖の上から遺体発見現場を見下ろすアングルで撮影されていて、その撮影の最中に落下し亡くなったものとみられる。

これで事件性のない事故によるものだったと判明したので、いよいよ先の「遺書」が偽物である可性が高まっていたが、なんとこの画像の作者を名乗る人物がネタバレexit自作フェイク画像が流行ってしまったとブログで弁解しながらも騒動を化すようなエントリを書いたことから、コメント欄には作者を非難するが多く書き込まれた。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

ごめんねおらもうに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/23(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/23(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP