アイヌ語単語

アイヌゴ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(99)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アイヌ語 (アイヌ・イタㇰ・Ainu itak) とは、アイヌ民族)の言である。

概要

としての特徴に関してはWikipediaexitなどが詳しいので、そちらをご覧になっていただきたい。

もともと文字を持たない言であったため、文書によるアイヌ語の資料は基本的に和人などアイヌ以外の民族によるものが多い。しかし、アイヌ自身がローマ字などを使ってアイヌ語を書き残した資料も存在する。現在ラテン文字表記とカタカナ表記(アイヌ語カナ)、2種類の文字体系を持つ。なおラテン文字の使用度が優勢である。

和人による同化政策のなどから、現在ではアイヌ語の話者は極めて少なくなってしまった。近年各地にアイヌ語教室が開設され、アイヌ語を残そうという動きも見られるようになったが、危機的な状況であることには変わりはない。

多くの日本人にとって較的身近なアイヌ語といえば、北海道をはじめとした地方の地名に残っているものであろう。既に多くの方がご存知かと思うが、北海道の地名はアイヌ語をとするものが多い。が、アイヌ語の読みをそのまま漢字に当ててしまったり、普通では使用しないような漢字を使用してしまった地名が多いため、北海道難読地名の宝庫となってしまっている。
また、日本語の一般名詞の中にも「トナカイ」「ハスカップ」「シシャモ」などアイヌ語から借用されたものがある。

地名などで較的触れる機会の多いアイヌ語の例を以下で挙げる。

  • ペツ
    」の意。北海道では「紋別」「登別」「厚別」をはじめ「別」という文字が入った地名をよく見るが、その多くはこのが元になっている。
  • ナイ
    意味はペツに近く「沢」「」。こちらも「稚内」「歌志内」「駒内」など地名でよく使われる。
  • シリ
    」「峰」「~の山」などの意。「利尻」「ピンネシリ」などの地名に残る。
  • カムイ
    」。地名としては「居古潭」などに見られる。また、北海道プロバスケットボールチームレラカムイ北海道」の名前にも使われている(ちなみに「レラ」とはの意味)。

関連動画

関連商品

ちょっとしたテスト

Q1. 次のアイヌ語由来の地名の読みを答えてみましょう。 ※解答は選択肢のすぐ下を反転すれば見ることができます

  1. 倶知安
  2. 発寒
  3. 温根沼

1. くっちゃん
2. もせうし
3. はっさむ
4. おんねとう

Q2. 次のアイヌ語由来の地名、あなたならどんな漢字を充てますか?答えをこの記事の掲示板コメントしてください。

  1. 晩生内(おそきない)
  2. 畔(ばんなぐろ)
  3. 学(にこまない)
  4. 窮(ちぷらんけうし)
  5. ルルモッペ

関連項目

アイヌ語の語彙の記事、あるいはアイヌ語を語源とした言葉の記事

以上の他、北海道の地名に多数。

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/26(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/26(土) 05:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP