今注目のニュース
目と耳の両方が不自由な男性が飛行機内に。どうやって助ければ?15歳の少女が率先して男性を導いていくその姿にやさしさが連鎖した(アメリカ)
高嶋ちさ子、ホテルにわざと忘れ物をする外国人観光客に激怒 「すぐに捨てろ」
異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」

スケバン刑事単語

スケバンデカ

掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スケバン刑事(デカ)とは、和田慎二による少女漫画バイオレンスアクション漫画

概要

少年院に入れられていた札付きのスケバン・麻宮サキは、警視庁の暗闇警視から、死刑囚である母親死刑執行停止を条件に、学校という閉鎖社会の中で起きる事件を解決する学生刑事スカウトされる。の代紋の入ったヨーヨーを武器に、私立探偵恭一郎サキを慕う助手の野分教師の沼重三らとともに多くの事件を解決していくサキだったが、その戦いはやがて、とてつもない巨悪との死闘へと拡大していく……。

1976年から1982年まで『花とゆめ』で連載された、和田慎二の代表作。コミックス(全22巻)は累計2000万部をえているが、作者白泉社と決裂して版権を引き上げてしまったため、現在メディアファクトリーから出ている完全版(全12巻)のみ新品で入手可

ストーリーは二部構成になっており、第一部で宿敵・槌麗との決着がついた時点で一度連載は終了していた。しかし作者の次作である『ピグマリオ』が速攻で打ち切られたため、事前編集者と交わしていた「『ピグマリオ』がダメだったら『スケバン刑事』の第二部を描く」という約束によって第二部が描かれたという経緯がある。

分類としては少女漫画だが、中身は非常にハードバイオレンスアクションで、容赦なくばったばったと人が死ぬ。キャラでさえそれは例外ではなく、準役的なポジションだったキャラでさえ中盤であっけなく殺されたりする。全く容赦のい展開に加え、ミミズ風呂のような常軌を逸した拷問シーンなどで、うっかり手に取ってしまった子供に多大なトラウマを植え付ける作品。でも面いからたちが悪い。

同時期に連載を開始した美内すずえの『ガラスの仮面』とは何度かコラボレーションしており、短編「ガラスの仮面編」がコミックス6巻に収録されているほか、作中で恭一郎が『ガラスの仮面』の登場人物である速水真澄電話をするシーンがある。『ガラスの仮面』にも同様に速水真澄の元に恭一郎から電話がかかってくるシーンがあり、この2つのシーンは『花とゆめ』の同じ号に掲載された。

1985年から87年にかけて3度テレビドラマ化されており、そちらでも非常に有名。第1作は斉藤由貴、第2作は南野陽子、第3作は浅香演で大ヒットし、劇場版も作られるなどそれぞれ女優の出世作になっている。ただ、作者的には第2作は大満足だったものの、第1作と第3作は全く認められない代物だったという。第3作に大いに立したためかその後は映像化のオファーを作者が断り続けていたが、2006年松浦亜弥演で18年ぶりに映画化された。

1991年にはOVA全2巻も制作された。ほか、2004年にはパラレルワールド的なエピソードを収録した『スケバン刑事if』が出ている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP