スズキ・カルタス単語

カルタス

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スズキ・カルタスとは、スズキ1983年から2002年にかけて生産していた小である。

概要

1983年発売、初代はGMとの共同開発だった。
1988年1995年フルモデルチェンジを行っており、2002年まで生産されていた。

価格が安いので交番用のパトカーとして多く採用された                                            海外ではスイフトの名前で販売される

歴史

初代(1983年~1988年)

1983年発売。
直3 1000ccエンジンを搭載した3ドアハッチバックで、ライバルにはシャレードマーチ、シティなどが上げられる。

1984年には1300ccと5ドアが追加された。
同年には1000ccターボも追加されている。

モデルライフ途中からはイメージキャラクターとして舘ひろしを起用、特別仕様「タチバージョン」が何度か設定された。キャッチコピーは「オレタチ、カルタス」

1986年にはマイナーチェンジを実施、ヘッドライトから異に変更された。
また、初代のホットモデルである「ツインカムGT-i ツインカム16」を追加した。

商用であるカルタスバンをいすゞへ「ジェミネット」としてOEM供給する

1988年にはモデルチェンジを実施。                                                 しかしコロンビアではモデルチェンジされず2004年まで現地生産された

2代目(1988年~1999年)

1988年発売。
3ドアの「アベイル」、5ドアの「アメニティ」、ホットモデルの「GT-i」、ビジネスモデルの「U」の4シリーズが展開されていた。
エンジン1000cc/1300ccを設定、トランスミッションはUにのみ4速マニュアル、その他のグレードには5速マニュアルと3速オートマチックが設定されていた。

初期のイメージキャラクターにはロブ・ロウを起用していたが、本人が起こした不祥事により短期間で契約が終了している。キャッチコピーは「HIPコンシャス」

1989年にはお買い得仕様エレニー」を追加、同年11月にはGT-iとアベイル4WDが追加されている。
また、セダンモデルである「カルタスエスティーム」も追加、こちらは1600ccエンジンが搭載されていた。

1990年にはイメージキャラクター大江千里を起用。キャッチコピーは「カルタ千里走る」
エスティームには1300ccエンジンを搭載した限定「コシノヒロコリミテッド」が追加された。

1991年にはマイナーチェンジを実施。
ハッチバックモデルリアテールランプのデザインが変更され、GT-iシリーズオートマチックの設定がなくなった。
同年には特別仕様1000エレッセ」を、には69.8万円の特別仕様1000f」が追加された。

エスティームは、1600cc止され1500ccエンジンが新たに搭載された。
また、全グレード「コシノヒロコ」仕様となった。

1992年にはコンバーチブルモデルを追加。
このモデルには通常のオートマチックではなくボルグワーナー製のCVTが搭載されていた。(スズキ初のCVT
同年にはグレード編成を変更、1000fがカタログモデル化している。
には1300ccにもエレッセを追加。

1993年には一部良を実施、エレッセをカタログモデル化している。
エスティームは通常仕様となり、1300cc止されている。

1995年には3代が登場するが、生産はグレードを縮小してそのまま継続された。                    エスティームGT-iシリーズ止                                                 欧州スバル向けに「スバル・ジャスティ」としてOEM供給される

1998年には3代が名称を変更、2代目は「カルタMシリーズ」に名称を変更した。

1999年には生産を終了。

3代目(1995年~2002年)

1995年発売。
当時は2代目と併売されており、名称は「カルタクレセント」であった。

ボディタイプエスティームの後継となる4ドアセダンと3ドアハッチバック
エンジン1500ccと3ドアにのみ1300ccが設定されていた。

1996年には一部良を実施。
ステーションゴンである「カルタクレセントゴン」が追加された。
このワゴンにはセダン/ハッチバックには設定のなかった1800ccエンジンが追加されている。
また、全タイプ4WDが追加され、4WDには1600ccエンジンが搭載されていた。キャッチコピーは「ワゴンな生活、123万円」

1997年には一部良を実施。
3ドア最上モデルにのみCVTが追加された。
ゴンにはフルエアロ、バケットシート、スピードライン製のアルミホイールなどを装備した「エアロ」が追加されている。

1998年にはフェイスリフトを実施、名がからクレセントが消え「カルタス」となった。
ハッチバック1300cc/1600ccセダン1500cc/1600ccの設定となり、ハッチバックは5MT/3AT/CVTの3種類のトランスミッションが選択できた。
翌年にはセダンの普及グレードが止され上級グレードが追加。

2000年にはハッチバック、翌年にはセダンの生産が終了、2002年にワゴンも生産が終了した。

 

関連動画

  

 

関連商品

スズキ・カルタスに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/11/10(日) 10:54:16 ID: 35vj3g8FxS

    初代が一番好きだな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/03(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/03(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP