今注目のニュース
ヤフーとLINE「合併報道」で妄想爆発 「LINE Pay」と「PayPay」がくっついたら...
「ノルマだぞ お前も買えよ 恵方巻」ーーブラック企業川柳、募集はじまる
田中みな実、加工して盛った近影が衝撃的 「ヤバい…」

スミノフ単語

スミノフ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

らしさ全開! (社会の窓を開けながら)

概要

ウォッカブランドの一つ。

歴史

その歴史1818年、ピエール・スミノフがモスクワに蒸留所を建造したところから始まった。

当初から人気があり、ロシア皇帝アレクサンドル3世によって皇帝御用達にも命じられている。

だが1917年のロシア革命の際に当時の社長フランスに亡命してパリで製造を開始。

さらに1933年にアメリカに亡命したロシア人、ルドルフ・クネットが製造権と商標権を譲り受けたことでアメリカでもウォッカが製造・販売されることになった。

その後幾度の買収を繰り返し1997年にディアジオ社のブランドとなる。

日本ではアサヒビールが販売権を持っていたが2009年キリンビールに移行。同年キリングループキリン・ディアジ株式会社ができた。

製品

現在販売されているもので流なのはアルコール度数50度のラベルのものと40度のラベルのものである。(他にもブラックやフレーバーを使ったのもある)

味と言うほど癖がない味。(元々ウォッカはそんなですが) そのためカクテル材料としてよく使われる。

有名なカクテルモスコミュールはスミノフの販売促進のために作られたというのは一部で有名。

またスミノフベースの製品としてスミノフアイスというものも販売されている。

関連商品


関連項目

以下放送主

  • スミノフ
  • すみのふ

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2017/10/13(金) 16:48:28 ID: z+dhvpur21

    >>1 氏の言う通りそんなこんなあるから、スミノフは本からの並行輸入品をAmazonとかの通販で買う方がうまくていいぞ!あれこそ本物のウォッカだ!

  • 3ななしのよっしん

    2018/02/04(日) 22:26:08 ID: F52Uqaqibm

    >>1
    コレな。も生産地見てビックリしたわ。
    なんでわざわざのマズい場所で製造するのか理解できん。
    韓国々抜きにしても現地人ですら地ビールマズすぎて日本ビール飲むてくらいなのに・・・。

  • 4ななしのよっしん

    2018/04/13(金) 18:38:24 ID: ZBNNpFxvLY

    韓国スミノフがお世辞にもうまいとは言い難いのもあるが、英国スミノフ自体がかなりコスパのよい製品なのもある
    製ポットスチル製の本格ウォッカ2000円は安い

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/14(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/14(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP