今注目のニュース
マンションから「助けて」と絶叫聞こえ… 『野ブタ』俳優がとっさに通報
「いじめを避ける」ための現実的な解を考えてみる/ひろゆき
最大5人参加のサバイバルホラー『Carnival Hunt』が開発中。「裏切り者がいるかもしれないし、いないかもしれない」対戦モードを搭載

ムスカリン単語

ムスカリン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
医学記事 ニコニコ大百科:医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

ムスカリン(Muscarine、Muscarin)とは、「目が、目がぁ~!」なである。

概要

有機化合物
ムスカリン
ムスカリン
基本情報
英名 Muscarine
化学 C9H20NO2+
分子量 174.26
化合物テンプレート

1869年にベニテングタケから単離された、副交感神経に作用するアルカロイド。名前の由来はベニテングタケの学名「Amanita muscaria」から。muscariaは「ハエの」という意味。

ムスカリンは、ムスカリン性アセチルコリン受容体(ムスカリン受容体)に結合し、副交感神経を刺する。ムスカリン受容体とは、や副交感神経終末に存在する受容体(なんらかの刺を受け取り情報を変換して伝達する器官)である。ムスカリンは血液関門を通過できないため、中枢作用はないものの、副交感神経終末に存在するムスカリン受容体に作用する。

ベニテングタケなどの摂食によりムスカリンを経口摂取した場合、短期的(15~30分後)には、腺分泌の進によって発汗、唾液やの分泌増加が見られる。大量に摂取していた場合、消化管運動や消化液分泌の進による腹痛下痢、気管支滑筋の収縮による呼吸困難、瞳孔括約筋収縮による縮瞳(の前が暗くなる)などが起こる。まれに心臓発作や呼吸困難で死亡することがある。半数致死量は0.2mg/kg(静脈内投与)、ヒト経口推定致死量は0.5g[1]。ムスカリン中の治療には、アトロピンのような抗コリン(ムスカリン受容体に競合的に結合することでムスカリン作用を抑える医薬品)が用いられる。

前述の通り、ベニテングタケとして知られる。また、ムスカリン受容体の名称の由来であるため、医学の分野においてもよく知られた名前だと言える。

なお、ムスカリン様作用(ムスカリンと同様の作用)のある物質として、ベタネコール、ピロカルピンがある(これらはムスカリン同様にニコチン様作用を示さない、あるいは弱い)。ベタネコールは腸管麻痺尿閉に適応、ピロカルピン緑内障などに適応の医薬品である。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *毒キノコによる食中毒にご注意ください - 食品安全委員会exit
この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/09(木) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/09(木) 17:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP