今注目のニュース
隠れた病気が潜んでいることも…あまり知られていない「出血傾向」とは?
生後11ヶ月の息子を盾に我が身を守った鬼畜父親 「撃たれたくなかった」
バッグには女子学生のバラバラ遺体 有名大学教授は凍てつく川に自ら…

キニーネ単語

キニーネ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

キニーネ(Quinine)とは、キナヒから抽出されるマラリア治療である。キニンとも。

概要

有機化合物
キニーネ
基本情報
英名 Quinine
化学 C20H24N2O2
分子量 324.42
テンプレートボックス

マラリアは、熱帯、亜熱帯を中心として世界各地で猛威をふるい、歴史を変えたとも言われる感染症である。病原体のマラリアが、(ハマダラカ)によって媒介され、ヒトの体内で増殖血球を破壊する。それによりしい高熱、頭痛、関節痛、嘔吐、下痢、呼吸器症状などが引き起こされ、死に至ることもある。予防や治療が可であるものの、2012年時点で約2億人が患しており、同年マラリアによって63万人が死亡したと推計されている。

キニーネは、キナヒ(アカキナノキの皮)に含まれるアルカロイドで、病原体のマラリアに特異的な性を示す。キナヒそのものは伝統的なとして、古くから南で用いられてきたが、マラリア治療としてヨーロッパに伝わったのが17世紀末ごろ、広く用いられるようになったのは18世紀末ごろからである。有効成分の単離は18世紀中ごろから試みられ、1820年にフランスの2人の化学者、ペルティエとカヴェントゥによって、キナヒからキニーネが単離された。

キニーネの副作用は、頭痛、めまい、吐き気、まれに視神経(視低下など)、血液障(出血傾向など)、腎不全などを発現する。副作用重いため、キニーネの構造をもとに、副作用を低減したマラリア治療(クロロキン、メフロキンなど)が開発されたが、近年はこれらの物に耐性をもった(が効かなくなった)マラリアの感染がみられたことから、キニーネが再評価され、その治療に用いられている。

19世紀や20世紀前半の古い小説や医療記録、広告などを読むと、明らかマラリアではないと思われる疾患にも「キニーネ」を使っている/推奨している記述がある。「副作用重いマラリア」としてキニーネが知られている現在では、いささか奇妙に思うかもしれない。これは、当時キニーネには殺原作用のみならず解熱鎮痛効果や局所麻酔作用、健強壮作用や堕胎作用もあるとされていたためである。キニーネの副作用についても知られていなかったため、それらの多様な効を期待して非常に広い範囲の医療に(半ば「万能薬」的に)使用されていた。現在ではより副作用が軽くて効果も強い剤が登場しているため、キニーネがこれらの的に使用されることはまずない。

ヒト以外にも、例えばイヌのバベシア症や魚類点病など、動物患する原性疾患に対しても有効である。ただし現在ではヒトマラリアと同様、これらの疾患にもより副作用が少なく同等に有効な剤、あるいはより入手が容易な剤が登場している。

食品添加物

飲料のトニックウォーターはもともと、熱帯にあったイギリス植民地で、マラリアの予防のために飲用されていたもの。また上記のようにキニーネには健強壮の効があるとされていたため、トニックウォーターはその効果も期待されていた。トニックウォーター(tonic water)の「トニック」(tonic)とは強壮剤という意味がある。

キニーネには苦みがあり、これが独特の味としても好まれた。つまり、本来はトニックウォーターの苦味=キニーネの苦味であった。しかし、現在日本のトニックウォーターにキニーネが入っているとは限らない。

物としてのキニーネ(日本薬局方収載のキニーネ和物、キニーネ硫和物、キニーネエチル炭酸エステル)は食品に添加することができない。だが、キニーネを成分とする「キナ抽出物」は、2016年現在のところ「既存添加物」という組みで食品添加物として認可されている[1]。つまり法的には、キニーネを含有する食品の製造・流通は日本では禁止されてはいない。

実際に、成分としてキナ抽出物を含んでいることを明示している外製トニックウォーターも日本にも輸入・販売されている[2]。だが、この外製トニックウォーターの宣伝文句によると、日本で流通するトニックウォーターはどキナを使用していないという[3]

この宣伝文句が正しいのか否か、即ち日本製のトニックウォーターで「キナ抽出物」を含有している製品がどれだけあるのかは確認が難しい。この種の食品添加物は製品の原材料表示欄で「苦味料」とのみ一括表記することが許可されており、「キナ抽出物」を含有しているかどうかを明示する必要はないためである。ただ、2005年に食品安全委員会がキニーネのについて検討した際の的記録によると、「少なくとも2003年の時点では内では食品製造に使用されていない。輸入品についてはわからない」との要旨である[4]

アメリカ合衆国ドイツなど、食品に含まれるキニーネの用量や濃度を規制しているもある。だが日本では既存添加物としての「キナ抽出物」には、少なくとも2016年現在では使用量上限などは規定されていない。上記の食品安全委員会の検討の際の議事録によると、「現在日本に流通していない」ために健康評価の優先順位が低いと判断されたようである[5]

関連薬物

キニジン
キニーネの像異性体(写しの構造をもつ物質)であるキニジンは、キニーネ同様、キナヒに含まれるアルカロイドである。Na+チャネルを抑制することで、心筋の電気的な刺の伝導を遅らせる作用をもち、心臓リズムを正常にする抗不整脈として利用される。ただし、高度伝導障、心停止、心室細動などの致死性の副作用があるほか、ほかの医薬品との併用で、その副作用を強めることがあるため、実際に使用されることは少ない。
モーブ(モーベイン
世界初の合成染料であるモーブは、キニーネの人工合成の実験中、偶然発見された物質。1856年、イギリス化学者パーキンは、18歳のとき、アリルトルイジンを化することでキニーネを得られないかと考えた(当時はまだ化合物の構造に関して知られていなかった)。アリルトルイジンとまったく構造が異なり、複雑なキニーネを得ることはできなかったが、代わりにの色素、モーブを発見した。彼は特許を取得、モーブの生産工場を設立して一財産築いた。
ストリキニーネ(ストリキニン)
ストリキニーネは、マチン(ホミカ)の種子に含まれるアルカロイドである。シナプス後抑制を遮断することにより、脊髄を奮させ、痙攣を引き起こす作用をもつ。中症状として、筋硬直、反状に反る)、呼吸停止がある。非常に性が強く、古典ミステリ作品にもしばしば登場した。日本薬局方には、ホミカホミカキスなどが「劇薬」「医薬品」として収載されている。キニーネと名称が似ているが、まったく別の物である。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *食品添加物 - 厚生労働省exitページ内、「添加物のリスト等」>「既存添加物」>「既存添加物名簿」参照。
  2. *フィーバーツリーは社名の由来である「キナの木」の天然キスを使用したプレミアムなトニックウォーターです。「キナの木」由来の天然の苦味と爽快感が、プレミアムカクテルを演出します。” - 「Fever-Tree Tonic Water」の輸入販売業者による商品説明exitより引用
  3. *現在日本で消費されている99%以上のトニックウォーターにキナは含まれず、苦味成分は、代替品が使用されています。” - Amazonでの同製品(Fever-Tree Tonic Water)の商品説明exitより引用
  4. *平成15年度厚生労働科学研究によると、既存添加物「キナ抽出物」については、添加物としての内での流通実態はないと報告されており、内では添加物として食品の製造に使用されていないものと考えられる。なお、食品に含まれた形で輸入されるものについては現段階で具体的な情報は有していない。” - 食品安全委員会企画専門調会第11回会合の会議資料「食品安全委員会が自ら食品健康影響評価を行う案件の候補について(検討資料)exit 」より。会議資料詳細 - 第11回企画専門調査会exitページ内、資料3参照(pdfダウンロード注意)。
  5. *食品安全委員会企画専門調査会第11回会合議事録exitより。会議資料詳細 - 第11回企画専門調査会exitページ内、議事録参照(pdfダウンロード注意)。

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2017/05/28(日) 16:00:45 ID: eWBZX/sWcN

    興味深い良記事

  • 2ななしのよっしん

    2018/07/27(金) 04:36:42 ID: z7OsOIcmaM

    好きです、トニックウォータ

  • 3ななしのよっしん

    2018/10/18(木) 01:01:41 ID: AadnMd+VRD

    >当時キニーネには殺原作用のみならず解熱鎮痛効果やry

    ヴェルヌの『秘の』でメンバーの1人が熱を出した際、
    1:物知りの人が「キニーネがあれば」と言う
    2:その後彼らは患者を診て「こいつはマラリアだ!」と驚く
    逆じゃねーかと思ったんだがそういう事かw

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP