有機化学単語

ユウキカガク

1.3千文字の記事
掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

有機化学とは、有機化合物すなわち炭素化合物の合成、性質についての研究的とする化学の分野である。

概要

炭素炭素を含む様々な元素と結合し、結果多様な物質を生む。そのために化学においては重宝されている元素である。

かつては有機物は生命体からでないとできないと言われていたが、1828年にフリードリヒ・ヴェーラーが、シアンアンモニウム溶液から尿素を生み出すことに成功(ヴェーラー合成)した。

またウォーレスカロザースにより、1935年に人工繊維「ナイロン」の合成に成功。

これが現在までに至る様々な人工物質の生産や利用の始祖と考えてよいだろう。

有機化学というと機物質である金属は関係ないのかというとそうではない。

触媒としてプラチナなどが利用されたり、グリニャール試薬に代表される有機金属などにも利用されており、有機金属化学という一大分野を築いている。むしろ有機化学と付き合っていく上で金属は避けて通れない(避ける必要はないけど)。

有機合成化学

化学創造の学問と言われるが、有機合成化学はその最たるものだと思う。

ヴェーラーの合成に始まった人の手による有機化合物の合成は、今や自然界に存在する化合物ばかりでなく、自然界に存在しないもの、天然に存在するものの性質をさらに良したもの、人間の想像したもの(ナノプシャン)などを現実作り出している。

このような学問は有機化学をおいて他にないものと言える(化学とか化学以外にもあるけど)。実際に分子をで見ることはできないけれども、分器などでその存在を確認することは出来る。

化学研究室(実験室)といったらエバポレーターがクルクル回って試棚に試がずらりと並び、よくわからないガラス器具をいじくって反応させて(爆発して焦げ?になる)るというイメージがまず浮かぶという人は多いと思う。それくらい有機合成化学化学形であると思う。

実際には、男ばかりでがなくて、品臭さと地味な作業の毎日で幻滅したという人もいるはずだ。しかし、苦労して的の物を合成したり新しいものを創りだした時の喜びはモノづくりのそれに繋がるものがある。

変態と思わそうであまり人には言えないけど、マジで何段階もかけた化合物には着がわいてしまう。という経験のあるひとは多いはず。

とにかく、勝手に思いつくまま有機合成化学への思いを数行だけ書かせてもらったけど、日本はこの分野で世界トップクラスにある。

先人たちのおかげでもあるし、それだけの熱意を注ぎこむだけの面さが詰まっている学問だと思う。せっかくいい環境にあるから有機化学を志してるかそんな気のある人には盛り上げて行って欲しいと思います。

関連動画

関連商品

一般向け

受験生向け

大学生向け

大学院生向け

関連項目

関連サイト

この記事を編集する

掲示板

  • 11ななしのよっしん

    2018/06/03(日) 09:22:37 ID: YzYgTt3lq9

    自分は逆に大学入って一気にハマった口だわ

  • 12ななしのよっしん

    2018/06/21(木) 23:47:00 ID: KpU3fuImme

    世界を創る受け攻め理論

  • 13削除しました

    削除しました ID: dZL0c9Hjz0

    削除しました

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/27(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/27(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP