今注目のニュース
子育て女性の定着は福利厚生で大きく変わる 外勤時のランチ代補助、キッズスペースの設置など
「生キャラメル」のとろける味わい プチプラ「プリン」でいかが?
消費税10%で、家計の負担は2兆円増。景気壊滅の最悪シナリオ

武田四名臣単語

タケダヨンメイシン

掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

武田四名臣あるいは武田四天王とは、戦国大名武田信玄に仕え活躍した四人の名高き武将である。

類似例の「甲陽五名臣」および「武田二十四将」についても合わせて説明する。

概要

武田信玄の治世後期 ~ 武田勝頼の治世初期 にかけて仕えた四人の武田臣。武田の最盛期を支えた、そうそうたるメンバーである。しかし、高坂を除く3人が長篠の戦いで討死してしまった事から、長篠武田凋落の始まり、という印を強く植え付けることにもなった。

出自はバラバラだが、4人とも普通ではここまで出世するような立場とは言えず、信玄に見いだされてその期待に応え、重臣に上り詰めたという点は共通する。それだけに実武田への忠心も非常に高く、後世まで人気を誇る要因にもなっている。

ちなみに、馬場内藤・山県はいずれも武田信虎によって取り潰された譜代のであり、それを信玄が名跡を継がせる形で復させたという点も共通している。信玄なりのアピールへの対抗心だったのかもしれない。

四人とも個別記事が存在する為、個々の詳細はそちらを参照。

馬場信春

甲斐人・教来石氏の出身。1546年頃、馬場氏を継ぐ。四名臣では一番年上。信玄に対しても果敢に意見するなど、叩き上げらしい硬な武人として知られる。長篠で戦死する直前まで、戦場でかすり傷一つ負わず不死身美濃と呼ばれた。

信濃・牧之を預かり、信濃中北部を任された。

内藤昌豊

譜代臣・工藤氏の次男。1569年頃、内藤氏を継ぐ。武略に優れており、副将として武田の軍をよく支えた。もっと評価されるべき

はじめ信濃深志城、のち上野を預かった。

高坂昌信

本名は春日虎綱百姓の出身。信玄の小姓として取り立てられ、1556年頃、信濃人の高坂氏の養子となる。戦国三弾正の一人「逃げ弾正」と呼ばれるほどの撤退戦の名手だった。一、長篠の戦いに参加せず生き残る。

中島を預かり、上杉に対する抑えを担った。

山県昌景

譜代臣・飯富氏の次男。1565年頃、山県氏を継ぐ。四名臣では一番年下だが、武田中においては軍事のみならず、政治や外交などでも活動する事実上の臣筆頭クラス。彼の率いた備えの騎隊は、武田徴として畏れられた。

駿河・江を預かり、西上作戦でも活躍した。

甲陽五名臣

甲陽五名臣あるいは武田五名臣もまた、武田を支えた五人の名高き武将たちである。

この手の「○人衆」系のものが複数ある場合、大抵「四名臣 + か一人 = 五名臣」だったり、半分くらい重複していたりするものだが、こちらは四名臣と五名臣が全く別々の人間で構成されているのが特徴。武田の層の厚さもさることながら、甲陽五名臣のメンバーは(没年を見れば分かるように)信玄治世前半、信濃定くらいまでの面々である。第四次川中島の戦い辺りで、五名臣と四名臣の世代交代が行われる。

ほか、全員が他から流れてきた新参者であること、信玄期に登用されたのは勘助だけで、それ以外は信虎の時代から活躍していた臣である事なども特徴。

武田二十四将

武田オールスターズこちらは年代もバラバラで、最終的には武田を寝返った面々までいる。武田を支えた代表的な武将たちを一堂に集めた絵画に由来しているものなので、物によってメンバーにばらつきがある。

ちなみに信玄を含めて24人で、実際に絵もそのように書かれている(武将は23人しかいない)のだが、バリエーションかなためか信玄を含めずに24人の名前が紹介されている事も多い。以下バリエーションの参考例。

名前 簡単な解説
武田信玄 武田 - -
武田信繁 信玄の。典厩。中島で討死。
武田信廉 信玄の。逍軒。武田滅亡時に討死。
一条 信玄の武田滅亡時に討死。 -
山県昌景 武田四名臣の一。長篠で討死。
馬場信春 武田四名臣の一。美濃長篠で討死。
内藤昌豊 武田四名臣の一。長篠で討死。
高坂昌信 武田四名臣の一。逃げ弾正。長篠から数年後に病死。
原虎胤 甲陽五名臣の一。美濃中島から数年後に病死。
山本晴幸 甲陽五名臣の一。勘助。中島で討死。
横田高松 甲陽五名臣の一。砥石崩れで討死。
小幡虎盛 甲陽五名臣の一。中島の頃に病死。
小幡 虎盛の子。武田滅亡の頃に病死。 -
多田満頼 甲陽五名臣の一。中島から数年後に病死。
板垣信方 武田の両職の一。上田原で討死。
甘利虎泰 武田の両職の一。上田原で討死。
飯富虎 山県昌景。義信事件で自害
土屋 近習六人衆の一。長篠で討死。
三枝守友 近習六人衆の一。長篠で討死。
曽根 近習六人衆の一。武田滅亡後は徳生に仕える。 -
穴山信君 一門衆筆頭。武田滅亡時に裏切る。本能寺の変の直後に討死。
小山田信茂 内領武田滅亡時に裏切るが刑死。
真田幸隆 信濃衆。攻め弾正。西上作戦の数年後に病死。
真田信綱 の子。長篠で討死。
真田昌幸 の子。近習六人衆の一。武田滅亡後は大名として独立 -
長篠で討死。
秋山信友 岩村代。長篠の頃に敗れ刑死。

備考:上田原(1548)→砥石崩れ(1550)→中島1561)→義信事件(1565)→駿河侵攻(1568)→西上作戦1572)→長篠1575)→武田滅亡(1582)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2017/01/23(月) 23:35:56 ID: Iog+okXdTx

    こうして見ると長篠での損失は余りにも大きすぎたよな
    幹部クラスが一度の戦いでこうも大量に死ぬ戦って他にあるのかな

  • 5ななしのよっしん

    2017/06/27(火) 21:33:55 ID: kel1WjoTat

    >>4
    桶狭間の戦いじゃね?

  • 6ななしのよっしん

    2017/10/03(火) 17:03:43 ID: ZbCnCtFnAV

    >>4
    根坂、沖田畷、高城、このへんくらいしか思い浮かばないな

急上昇ワード

最終更新:2019/09/17(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/17(火) 21:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP