単語

308件

ケン

4.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

とは、武器の一種である。剣類の一般的な総称でもある。

読み方は「つるぎ」でも「けん」でもどちらでもよいが、当記事では便宜上読み仮名は「けん」とする。

概要

様々な短剣

古くから使われている手元用武器の1つ。日本の場合は日本刀す場合もある。
に対の部分で切断するための物である。狭義ではが左右両方にある両のものをし、この場合片のものはというが、これらをひっくるめて剣という場合も多い。

(本記事では片であるについても触れる。)

剣の歴史については、新石器時代から使われていたとされ、木剣や石を削って作られた剣があったという。その後金属を加工する技術が生まれ発展していくと、を使った剣が製造されていき、やがて現在に至る。

戦争では脇役

戦争においては、が発達する以前までは矢と並んで兵士の標準的な装備品であった。のだがどちらかというと脇役というかなどが使えないときの予備の武器という感じだったようだ。

役に立たなかったという意味ではない。一般化すべきではないとはいえ、剣術を積極的に戦術に取り入れた古代ローマ軍の例があるし、近世には長大化した剣の部隊も存在した。中世騎士は剣をに並ぶ重要な武器とみなしていた。)

戦争に用いられる際は、を相手に剣を振るう場合剣がこぼれを起こしてしまい殺傷が落ちてしまうので、直接の打撃を与えた方が効果が高いという場合もあった。そのため、剣は切断のほかにも打撃を重視したものが使われるようになる他、剣とは別に短剣やナイフダガー)を携帯するケースも多かったという。

また、剣はる他にも剣の切っ先で突く事でも攻撃が可なので刺突に特化した剣も生まれ、さらに剣同士の戦いでは相手の剣撃を防ぐための防具としても機する事になったので、手元を保護する構造になっている剣も数々存在する。

ちなみに大東亜戦争末期「剣」という木製の航空機が試作され、105機が量産されている。

平時では主役

歴史上、武器を使うのは戦争だけとは限らない。近代になる前は、洋の東西にかかわらず全体的に生活上のとても治安が悪かった。

実際、護身用や決闘用、儀礼用など用途によって様々な種類の剣が存在し、それぞれの用途に特化した物もあった。なお、中世までの剣は戦場用と時用の剣に明確な差はなく、分化したのは近世頃であり、レイピアスモールソードなどがこれに当たる。 

具体的には鎌倉時代~戦国時代日本中世イギリスなど治安の悪い地域では、携帯性の高さから護身用としても用いられるが、強盗殺人はもちろん、路上の喧嘩器としてもよく使われた。

中世ヨーロッパでは治安維持のため、民間人が都市部に剣を持ち込むことが禁止されている場合が多く、その解決策として長いナイフナイフ剣を携帯して法をすり抜ける試みが行われた。また、中世近世ヨーロッパ々では農民の帯剣が禁止されているケースが多かったが、警察権の行使や治安維持のためならば、剣を所持したり携帯するのは問題なかった。

中世日本においても、特権階級はもちろん民間人であっても脇差し(現代基準では剣に近い)を携帯する場合が多かったし、平和とされる江戸時代であっても、治安低下を懸念した江戸幕府が、非武士階層にも剣術を奨励していた時期もあった。

その他、斬首などの刑罰や祭りにおける祭器にも用いられた。

フィクションではお馴染みの

RPGファンタジーなどといった創作作品においては、流の武器としてさまざまな種類の剣が登場し活躍している。魔法で作られた剣の他にも、SF作品ではビームサーベルライトセイバーに代表されるような身がレーザーなどの高エネルギー体で構成された兵器としての剣も登場し、巨大ロボットが登場する作品ではロボットサイズのそれが出てきたりもする。
他にも「ジョジョの奇妙な冒険」の『アヌビス神』や「銀魂」の『』、「カードキャプターさくら」の『剣(ソード)のカード』のように、剣を持つ者の身体・精を支配したのち凄腕の剣使いとして操るといった展開も見受けられる。こちらについては剣自身が意志を持っているケースもあれば、呪い超能力などで操られるなどといった場合もある。

ニコニコ動画に記事がある、剣の一覧

実在する(した)剣、の剣を問わず、随時お気軽に追加していって下さい)

実在日本刀の記事は数が多いため、「日本刀」の記事の「日本刀一覧」の節を参照。)

(架の剣の個別記事も数が多いため、「架空の武器・防具の一覧」の記事の「武器一覧」>「剣類」の節を参照。)

十握剣

人名

剣は人名にも用いられる。芸名か架名前に多いようだ。

架空のキャラクター

その他

漢字として

Unicode
U+5263
JIS X 0213
1-23-85
部首
刂部
画数
10画
Unicode
U+528D
JIS X 0213
1-49-88
部首
刂部
画数
15画
意味
旧字は劍。
つるぎ剣術、という意味がある。〔説文解字〕の本字は劒で「人のぶる所の兵なり。ひ僉」とある。劍はその籀文として載っている。
字形
符は僉。
音訓
音読みケン訓読みは、つるぎ
規格・区分
剣は常用漢字である。JIS X 0213第一準。
劍は人名用漢字である。JIS X 0213第二準。2004年に参考字体から人名用漢字に昇格した。
剣を符とする漢字には、𡃍、𤑯などがある。
・剣技・剣客・剣鋏・剣戟剣豪・剣山・剣士剣術剣盾・剣剣道・剣闘士・剣・剣把・剣舞・剣法

異体字

Unicode
U+5292
JIS X 0213
1-49-90
部首
画数
16画
Unicode
U+5294
JIS X 0213
1-49-89
部首
画数
16画
Unicode
U+91FC
JIS X 0213
1-78-63
部首
画数
11画
Unicode
U+5271
JIS X 0213
1-49-91
部首
画数
11画
𠝏
Unicode
U+2074F
JIS X 0213
2-3-24
部首
画数
10画
Unicode
U+528E
部首
画数
15画
𠠆
Unicode
U+20806
部首
刂部
画数
16画
Unicode
U+91F0
JIS X 0212
67-18
部首
画数
10画
Unicode
U+9431
JIS X 0212
69-66
部首
画数
21画
  • 劒は、〔説文〕の本字。JIS X 0213第二準。
  • 劔は、俗字。JIS X 0213が剣の異体とする字。JIS X 0213第二準。
  • 釼は、JIS X 0213が剣の異体とする字。JIS X 0213第二準。
  • 剱は、JIS X 0213が剣の異体とする字。JIS X 0213第二準。
  • 𠝏は、JIS X 0213が剣の異体とする字。JIS X 0213第四準。
  • 劎は、〔漢語辞典・異体字表〕にある異体字。
  • 𠠆は、〔篇〕に劒と同じとある異体字。
  • 釰は、〔漢語辞典・異体字表〕にある異体字。〔集韻〕にはジツと読み「鈍なり」とある。JIS X 0212補助漢字
  • 鐱は、〔漢語辞典・異体字表〕にある異体字。〔玉篇〕には「なり」とある。JIS X 0212補助漢字
  • 簡体字は剑。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
関連記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 06:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP