今注目のニュース
「マイルド露出狂」公衆トイレ内で鍵かけず、半裸で待ち伏せ 犯罪では?
田口逮捕でKAT-TUN現メンバーに同情「迷惑かけられて大変」「コメント求められる...」 中丸は26日シューイチ出演
「JUDGE EYES:死神の遺言」初版は差し替えなし ピエール瀧の羽村京平のまま遊べる

無責任艦長タイラー単語

ムセキニンカンチョウタイラー

掲示板をみる(59)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

無責任艦長タイラー』とは、吉岡よしおか ひとし)執筆のライトノベル作品である。

概要

惑星連合軍とラアルゴン帝国軍による戦争の中で、ただの一兵卒からトントン拍子で昇進していき、はては一族で全宇宙を支配するまでに至った、タイラー一族の長ジャスティ・ウエキ・タイラー人生を描いた物語である。アニメ化以降にファミ通文庫から『無責任艦長タイラー』というリメイク作品が発表された。

作者吉岡は「責任男シリーズ」で知られる植木等(うえきひとし)に敬意を抱いており、主人公キャラクター像も植木等に近く、名前も植木等にあやかった名前のキャラを描いていた。そのため「運の強いゴマすりなお調子者」というのが原作における本来の姿だったのだが、アニメ化リメイクを経るうちに植木等の要素からは離れていき、タイラーとしてのキャラクター確立していった。

なお、本来この名称は宇宙一の責任男』というシリーズの中の一タイトルに過ぎなかったのだが、アニメ化の影などもあって、このシリーズの名前を「無責任艦長タイラー」で覚えている者も未だにいる。

無責任シリーズ作品

富士見ファンタジア文庫から出版された初期シリーズでは『宇宙一の責任男』となっている。無責任艦長タイラーシリーズの1巻の名前。後に、タイラーの子孫を主人公とした『責任キッズ』などが発売された。

ファミ通文庫から出ている『タイラー』は作者自身によるリライト作品で、アニメ設定を踏襲したうえでの矛盾解消が図られており、タイラー黒髪ではなく金髪眼のイケメンに変更されたのをはじめとして多くのキャラリメイクされている。

責任黙示録』『責任三銃士』は前章的な作品として『タイラー』よりも前に発売されており、『責任黙示録』はタイラーの先祖ロックタイラー平松)、『責任三銃士』はラアルゴン帝国女性士ル・リキナ・マランがそれぞれ主人公になっている。

2012年からは、朝日新聞出版からスーパーデラックス版として出版されている。富士見ファンタジア文庫時代に書かれたシリーズを収録し新作短編を加えたもので、全新作というわけではない。キャラクター富士見ファンタジアの頃に描かれた姿に戻っているが、イラストは新規で描きなおされている。

その他

関連動画

音楽MAD、歌ってみた

どうやらアリゾナのご老人も見ていたらしい。

関連商品

DVD・音楽

書籍・コミック

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/23(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/23(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP