特殊部隊単語

トクシュブタイ

1.5千文字の記事
掲示板をみる(91)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

特殊部隊とは、特別な装備や訓練を受けた人員で構成され一般の陸空軍や武装警察では任務の遂行が困難な特殊作戦に投入される部隊である。

概要

一般に、較的少人数による部隊行動で後方攪乱、破壊工作(暗殺を含む)、戦略的攻撃、対テロ作戦情報収集(偵察)、心理戦、人質救出作戦などの任務を遂行する。その性格上、防諜のため高い秘匿性を維持している。近年はによって広報や抑止の観点から一部の活動や訓練を開するものもあるが、秘密保持や報復等を避けるため顔出しを行わず覆面などで顔を大きく隠す場合もしくない。

海外で活動するものは高いをはじめ、補給の受けられない過酷な環境下への潜入(陸路・路・挺)、を問わない戦闘作戦行動サバイバルといった行動を想定したものも多い。全に秘密裏に活動することもあれば、長期的な活動のために現地の人間との良好な関係を作って居場所や物資、情報提供してもらう場合もある。動画などで(元/現役)特殊部隊員の人が意外とフレンドリーなのはそのため。

射撃や身体、知識技術など個々のが高く失敗が許されない作戦に出向くことから、特殊部隊によっては一般部隊より装備面で私物など多少の融通が利いたり、一般部隊とは全く異なる最新鋭の特殊機材や銃火器を使用することもある。

また作戦や訓練の危険度等によって各種手当はつくものの、給与は思うほど高くない。[1]そのため現在は高報酬を提示できる民間軍事会社PMC)による現役隊員の引き抜きなど現場では頭痛の種となっている。

軍隊系と警察系の違い

特殊部隊は、その部隊が治安機関の一部隊か、軍隊の一部隊かによってその性質が大きく異なり、人質や犯人、敵の扱いにもする。治安組織(警察)の特殊部隊の場合、人質は事救出、犯人逮捕(生かして拘束)するのが原則であり、射殺は最後の手段として存在し、発による抵抗抑止はその正当性や適法性が問われることもある。これに対し軍の特殊部隊は任務の遂行が最優先事項であり、ある程度の人質の死傷や、殺を含めた敵の化も止むを得ないとしている。

特殊部隊の一覧

軍隊系

警察・治安機関系

関連動画

日本の特殊部隊

海外の特殊部隊

ハプニング・ジョーク・ギャグ

関連静画

関連項目

脚注

  1. *上限等は階級によっても異なり、いくら危険な任務でも給与は青天井ではない
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/26(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/26(月) 09:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP