今注目のニュース
ホンダの本気に笑った 世界最速を記録したマシーンは、まさかの…?
バイク乗りが落雷で絶命。なぜゴム製のタイヤは彼を守ってくれなかったのか?(アメリカ)
「みっちり詰まってますなぁ」「かわいすぎます」 お気に入りの場所で眠るヒョウモントカゲモドキ

独占!女の60分単語

ドクセンオンナノロクジップン

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

独占!女の60分とは、1975年1992年テレビ朝日などで放送されていたおの名物バラエティ番組である。

概要

「アタッカー」と呼ばれた女性レポーターが様々な挑戦にアタックし、それを面おかしくレポートするバラエティ番組。
番組最大の特徴として、そのアタックの模様をVTR写真を交えながら弁士のようにその場で伝えるという独特のスタイルが取られた。
本編が始まると、番組セットの中央部にあるブルーバックスクリーンの蓋が上下に開き、クロマキー合成により取材VTRと右下でレポートをその場で喋るアタッカーが一緒の画面に映っていた。)

会者や御意見番(サブ会者)、アタッカーにいたるまで基本的に女性のみ出演し、主婦層をターゲットにした番組であった。
そして、番組放送当時は学校の週休二日制導入前であり、ちょうど午前のみの授業が終わって学校から帰宅してきた小学生などもこの番組のメイン視聴者層となり、長らくテレビ朝日土曜を代表するバラエティー番組として支持を得ていた。

取り上げられるアタックは多種多様。
番組初期はまだ自主規制も緩かった時代でもあったため、ポルノ映画の撮影に潜入などの過な内容もあった。
番組後期には、名物企画として、出演アタッカー全員リレー形式で長距離区間を歩いて踏破する「耐久ハイク」という企画人気を博した。
なお、テレビ朝日系列人気刑事ドラマ西部警察』で地方ロケ編が放送される際には、そのメイキングを番組内で放送をしていた。特に爆破シーンの裏側を丁寧に取り上げており、現在では非常に重な裏側を見れる映像資料となっている。

番組の終焉

1992年4月、この番組の人気をつけたテレ朝が、「笑っていいとも!」(フジテレビ)と「午後は○○おもいっきテレビ」(日本テレビ)のおかげで長らく低迷が続いていた平日正午の起死回生のために放送時間を移動し、「お昼の独占!女の60分」に題してぶつける。
ところが、主婦層に強い支持を得ていた「おもいっきテレビ」を切り崩せなかった。さらに、学生平日には学校があるため番組を見ることができないという事情を視したため、かつてのもう一方の支持基盤を失うこととなる。これによって一気に視聴率が低迷。リニューアルを繰り返すも人気は上がらず、わずか半年で番組打ち切りの憂きに遭ってしまった。
せっかく長年に渡って人気だった番組を視聴者層を視して安易に移動してしまったために自滅した有名な例である。

ネット状況

テレビ朝日系列局で原則的に放送されていたが、土曜日時代はいわゆるネット番組ではなくローカル編成番組の扱いで放送されていた。そのため、関西では本来の系列局である朝日放送では一切放送されず、サンテレビKBS京都テレビ和歌山といった独立局ネットされていた。また、北海道テレビ広島ホームテレビでは放送途中で打ち切られている。
平日帯番組になってからは朝日放送など未ネット局・途中打ち切り局でも放送が開始・再開されている。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/18(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/18(火) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP