渡辺宙明 単語

1502件

ワタナベミチアキ

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『渡辺宙明』(わたなべ みちあき19258月19日2022年6月23日)とは、愛知県出身の作曲編曲である。名前読みは、雑誌・書籍によってはペンネームとして「ちゅうめい」と音読される場合がある。ファンからも「ちゅうめいさん」と呼ばれることが多い。

概要

東京大学文学部心理学科卒。東大在学中より作曲團伊玖磨氏、諸井三郎氏に師事をする。1953年中部日本放送ラジオドラマアトムボーイ』の音楽作曲デビュー1956年新東宝映画映画音楽に携わるようになり、1950年代後半から1960年代までは新東宝映画音楽を担当するようになる。1970年代になると、アニメ特撮作品にも携わるようになる。

代表作としては『マジンガーZ』、『秘密戦隊ゴレンジャー』、『人造人間キカイダー』が有名。その他にもヒット作が多い。1980年代になるとシンセサイザーシーケンサーによる自動演奏も取り入れるようになる。特に『電子戦隊デンジマン』や『宇宙刑事ギャバン』では、その効果が発揮されている。

近年では、キリン・アミノサプリCM曲、文化放送東映鈴村健一神谷浩史仮面ラジレンジャー』の主題歌NHK-FMアニソンアカデミー』の校歌アニメふたりはプリキュア』『俺、ツインテールになります。』『アクションヒロイン チアフルーツ』の挿入歌等も担当している。また、サンテレビ野球中継『サンテレビボックス席』のテーマ曲「スプリングレディーバード」の作曲もしている。
95歳誕生日となった2020年8月19日には『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』のイベント曲「ヒーローヴァーサスレイナンジョー」を作曲したことが明らかになると、アイマスPにも特撮ファンにも衝撃が走ることになった。

渡辺宙明の作品は、ファンから”宙明節(ちゅうめいぶし)or宙明サウンド”と呼ばれていて、歌詞歌詞の隙間を埋めるかのような独特の擬音(「バンバラバンバンバン~」「ダダッダー!」「バンバンババン~」「ガンガガン」など)を取り入れたスキャットが挿入される(オリジナル歌詞には本来書かれておらず、彼によって後から付け加えられたものが多い)のも宙明サウンド頂の一つとして広くファンされている。これらのスキャットに限らず、彼は掛けフレーズを後から付け加えることがある。

い時期からシンセサイザーを使っているなどメカに強い面があり、90年代にはパソコン通信ニフティサーブ」に頻繁に出入りしていたこともある(ハンドルは「COLT」)。ちなみにアマチュアUFO研究としても知られており、ニフティ不思議フォーラムUFO会議室に書き込みをしていた。

息子は、映画ドラマ音楽さだまさしアレンジャーとして知られる渡辺俊幸。孫芸術家アイドルとして活動しているマコ・プリンシパル。

2022年6月23日、老衰による心不全のため死去(享年96)。俊幸によれば就寝中にそのまま息を引き取ったとのこと。晩年においても前述の「ヒーローヴァーサスレイナンジョー」のほか、自身39年ぶりの戦隊作品『機界戦隊ゼンカイジャー』(大石憲一郎と共作)や実写映画ネズラ1964』『怪狂騒曲』の劇伴、金鳥コナーズ」のCMソングコナーズで名言を」など、精的に曲作りを行っており、直近ではNHK EテレクラシックTV」に出演するなど、まさに生涯現役を貫いた作曲人生となった。

関連動画

関連リンク

ショッカーO野の秘密基地へようこそ!! 第65回 ゲスト出演exit

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/24(水) 12:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/24(水) 11:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP