今注目のニュース
実写「かぐや様は告らせたい」にTVアニメ版かぐやの声優・古賀葵が出演
シマウマ、何頭? 富士サファリパークのクイズに目が回る人が続出
エスカレーターで「身体的な事情で立ち止まっている」と示すキーホルダーが話題に 誕生の背景を聞いた

竹本泉単語

タケモトイズミ

掲示板をみる(90)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

竹本泉とは、日本少女(?)漫画家である。

概要

はほのぼのとした絵柄でちょっと不思議なお話。
ジャンルはおもにSFファンタジー日常系・不条理日常系ぬこ系・あとがきである 。
その画・作や、「少女漫画」という経歴から、女性であると思われることもあるが、男性である。本人初の画集「竹本泉WORLD」(「関連商品」参照)にゲストコメントを寄せたさいとうちほが、当初竹本女性だと思って手紙のやりとりをしていたエピソードを記している。

作品のアニメ化は全くなされてないが、ドラマCD化・ゲーム化には縁がある。
ゲーム『だいなあいらん』『るぷぷキューブ ルプ☆さらだ』(CDも出てるよ)などのOPや挿入歌の作詞を手掛けている。

作品がアニメ化されないのは(企画がよく流れるらしい)マイナス魔法が働いてるとかいないとか・・・
ちなみに、アニメドージンワーク』『俗・さよなら絶望先生』のエンドカード提供イラスト)にも参加している。

ニコ動内での接点は、ニコニコ動画人気の有名同人STGシリーズ東方Project」(特に「東方旧作」とされる初期の作品群)において、竹本泉作品のパロディオマージュが多用されていることぐらいか?これは同シリーズ制作者「ZUN」氏が竹本泉のファンであるため。
例:台詞(「これは小さくても必殺の武器だ。」「なんだって!(宝塚口調)」「うじゃうじゃ」など多数)や、キャラクター造形・ネーミング北白河ちゆり小兎姫る~こと)、さらには竹本泉の漫画キャラどそのまま自機キャラとして出ている例もある(エレン(東方Project))。

あんみつ姫について

あんみつ』は倉章介が約6年間(1949年~1955年少女誌で連載した漫画である。
以来、数度の映画化とドラマ化をして86年にアニメ化している。

上記の作品を原作とした竹本泉版はアニメ化に先駆けてのコミカライズのため、厳密には竹本作品とは言いにくい。
(ただし、漫画竹本テイスト溢れる作品になっている。)

関連動画

アイドルマスター関連

ゲーム作品関連

ゲーム本編そのものの動画ニコニコ動画内には存在するが、ここではいている

編曲

VOCALOID/UTAUによる歌唱動画

DIVAエディット動画

関連商品

少女マンガ

ちょっと不思議

学園もの

ねこもの

魔法もの

SFもの

画集

ゲーム

CD

挿絵

関連項目

単語記事のある作品

単語記事のあるキャラクター

うじゃうじゃ       

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/18(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/18(火) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP