諏訪単語

スワ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  1. 諏訪(しゅほう)とは、政治について臣下に相談すること。
  2. 諏訪(すわ)とは、日本苗字、地名。本稿ではこちらについて記載する。

長野県の諏訪地方が著名。古事記では州羽。和名抄では須波と表記された。

地名の由来については古事記より建御雷神に敗れた建御名方逃げてきてこの地で絶え、万事窮(すわ)まったため。とも言われるがそれは後付であり、実際はさわ(=沢)がすわに転訛したものであると言われる(長野県は山地であるため、宮沢北沢など、沢のつく苗字が多い)。

諏訪信仰ののため、全諏訪神社が広まったこともあり、現在諏訪の地名は日本各地に存在する。

苗字としては全で見られるが、特に関東地方に多い。

信濃諏訪地方の領諏訪大社大祝(おおほうり)の系、諏訪氏が著名。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

ニコニコ動画関連

架空のキャラクター

架空のキャラクター(名前)

地名

など日本各地に存在する。

その他

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/04(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/04(月) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP