今注目のニュース
歴史に刻まれた4つの大規模DDoS攻撃とは?
スマホ決済、ほしいのは「ポイント還元」「残高確認機能」...調査で浮き彫り
「名探偵コナン」高山みなみらキャストの“応援生放送”決定 「天空の難破船」副音声に登場

陶謙単語

トウケン

掲示板をみる(35)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

陶謙とは、三国志に登場する人物である。

 一般的には、配下の不義によって曹操に攻められたかわいそうな人と言うイメージがあるが、
実際は大分異なっている。

概要

陶謙(132-194)、字は恭祖。揚州の出身。

若き日の陶謙 

 陶謙の父親は幼い頃に亡くなったが、それにもかかわらず1人で生計を立てていた。また、剛直で節義があり、学問に励んでいたので推挙されて出世していき、州、徐州の刺史を経て、190年には徐州太守にまでなった。その頃は徐州が豊かな土地であったこともあって流民も移ってくるほどであった。

晩年の陶謙

 ところが、今までからは考えられないのだが、次第に不義な行為も行うようになる。張昭のような名士を士官させようとしたが断られたため閉したり、朝廷から討伐命のあった者と結託して山賊行為を働いたりしていた。
 そんな時、曹操父親が配下によって殺されると言う事件が発生(陶謙の命によるともいわれる) 。それに激怒した曹操は徐州を攻め、人をはじめ等をことごとく虐殺。そのせいで河の流れが止まるほどであったと言う。
ちなみに、一応このときは曹操軍を単独で食い止め、兵糧切れに追い込んでいるなど、なかなかの武将であることが伺える。再び曹操に攻められた際には各地に救援を要し、そのときに劉備と出会い、兵4000人を与え厚遇した。
死の間際には、息子が不出来であるため、徐州は仁に厚い劉備にまかせると糜竺に言い残してこの世を去る。

後年の評価

  いろいろと良いことと悪いことがあるため、評価も2分していたりする。

あるべき規範を守らず、感情に任せて行動したので、法と行政の連携が取れず、多くの善良な人々がを被り、これらによって生じた乱れは時を追うごとに大きくなった

美徳と武勇と知性を兼ね備え、性質は剛直であり、その統治は恩をもって行われた

ちなみに余談として、陶謙を持ち上げる記述は劉備絡みの本文と書・録からの引用が多く、貶める記述は他の本文に多い。虐殺正当化する立場か糾弾する立場か……と考えることもできるかもしれない。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 33ななしのよっしん

    2019/05/04(土) 01:58:51 ID: iMET24nXQ7

    ゲーム三国志だと結構面い勢
    武官は2流だけど戦えないほど弱いわけでもなく
    陳登糜竺と文官はってるしやり甲斐がある

  • 34ななしのよっしん

    2019/06/10(月) 14:19:18 ID: VfMMwvHLDs

    『礼記』に父親とは共にを戴かず(不)とあるから、例え親子仲が悪くても報復を行うのが当時の常識だと思う
    ちなみに兄弟が殺された場合も武器を取りに帰らずにその場で殺すとあるくらいだから、それより重要な親が殺されたら相応の報復をするのが普通かと

  • 35ななしのよっしん

    2019/06/10(月) 16:33:57 ID: fw3DgbhElS

    その辺は口実として使っただけだろうな、ひとりでふらふらしてる時期ならともかく
    もう軍閥と言っていい規模のリーダーやってたわけだし
    立場が変われば気持ちも変わる

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP