今注目のニュース
LINE「OpenChat」、トークルーム検索機能の再開を延期 「検索精度を上げるため」
ブルゾンちえみ、ディズニーシーで遭遇したファンの行動に感動
新聞紙の動物たちがカッコいい!パート事務と兼業の作者にこだわりを聞く

麻雀放浪記単語

マージャンホウロウキ

掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

麻雀放浪記とは、佐田哲也作の小説である。
またこれを原作として映画マンガゲームも作られている。

概要

主人公の坊や哲が魍魎跳梁跋扈する博打の世界で生きていく様を書いた小説青春編・風雲編・闘編・番外編の四つからなり、それぞれ個性豊かな玄人バイニン)が登場する。麻雀小説らしく作中では麻雀牌の絵が幾度となく使われているのが特徴。
昭和40年代における麻雀ブームの火付け役となり、麻雀からギャンブルというをはずし娯楽として大衆に認知させたという大きな功績を残している。

当時他に類を見ない麻雀を題材にして作られたパイオニア小説であり、現在に至るまでその影は大きい。
この作品により佐田哲也として神様のような扱いを受けることとなり、他の麻雀に関する作品にキャラクターとして出る際には桜井章一と並び最強ボスキャラとして描かれることが多い。

多くのイカサマなどにも触れられており、二の二の天和ツバメ返しなどが記録に残る形で書かれたというのはこの作品が始めてだと思われる。これらのイカサママンガなどになる際非常に手で綺麗であり『哲也-雀聖と呼ばれた男』でも数多く描かれた。
また九蓮宝燈を上がると死ぬ(この話自体は昔からあったといわれる)という話を作中で使い定着させるなど、麻雀への影は計り知れないものがある。

関連動画

麻雀放浪記に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 8ななしのよっしん

    2014/09/26(金) 19:33:20 ID: EUW7jmM0GK

    6年くらい前に読んだけどもうあんまり内容覚えてないなあw
    でも>>4摘は結構いえてると思う
    あそこで描かれてるのはやっぱりギャンブルとしての麻雀だものな

  • 9ななしのよっしん

    2015/06/11(木) 20:13:10 ID: tKNafQKIuS

    佐田哲也小説家、博打打ちとしての他、プロデューサーとしても秀でていた
    個性豊かな士を集めて新撰組をつくり、マスメディアを通して一般人染み薄かった麻雀を世間に注させたというのは、
    麻雀放浪記執筆と並ぶ麻雀界における最大の功績と言える
    だからなんだけど

    しかし幹部の中で
    佐田さん←ラスボス
    小島さん←大技使い、お調子
    でよくいろんな漫画に出てるのに古川さんだけ滅多に見ない
    実際、な人って以外のイメージがない

  • 10ななしのよっしん

    2017/05/25(木) 10:21:59 ID: zDFnsfgIYX

    久々に読むと上州虎がいいキャラクタだと気づいた
    若い頃は単なるやられ役オッサンだと思ってたが、達に負けても女も失っていくところが最高にカッコ悪くてカッコいい
    あとドサ健みたいなチンピラのどこが良いんだと思ってたが、破滅なのにチョロい男も可くて悪くないなと思うようになった
    歳をとったということだな

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP