GPL単語

ジーピーエル

  • 1
  • 0
掲示板をみる(74)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

以下の意味がある。

  1. GNU General Public Licence
  2. Grand Prix Legends
  3. Graphics Programming Language
  4. Genshipping Pacific Line
  5. Gomi People Language

ここでは、1の意味で用いる。

概要

GNU プロジェクトが自身のプロジェクトで使うライセンスとして、GNU ソフトウェアのすべての利用者がソフトウェアの4つの自由を持つことを的として、コピーレフトを設計し、その概念実装したソフトウェアライセンスである。

再配布などの際に、ライセンスの条項を守ることを条件として、利用者に以下の4つのソフトウェア自由を明示的に許諾する。

  1. どんな的に対しても、プログラムを望むままに実行する自由
  2. プログラムがどのように動作しているか研究し、必要に応じて改造する自由
  3. そのままのコピーを再配布する自由
  4. 変した版を他に配布する自由

GNU GPL 以外のフリーソフトウェア/オープンソースライセンスも上記の4つの自由を許諾するが、再配布や生物の作成に対してに以下の条件を守らせることにより、ソフトウェアを間接的に受け取った下流のユーザーソースコードを受け取り、4つの自由を享受できるような法的な保護を与えている。

詳細なライセンス条件(バージョンによって異なる)や理念などについては、GNU プロジェクトページを参照するべきである。

GPLの歴史

歴史的にはGNU Projectの創始者である、Richard Stallmanが作成したGNU Emacs General Public License、BISON general public license などの、個別のソフトウェアについて作られていたコピーレフトライセンスから、個々のソフトウェアに関する言及などを取り除き、GNUプロジェクトの外で開発されるソフトウェアについても利用できるようにまとめあげたものである。

バージョン1は1989年バージョン2は1991年バージョン3は2007年GNUプロジェクト支援団体である、アメリカ合衆国マサチューセッツ州の非営利団体 フリーソフトウェアファウンデーションによって発行されている。

GNU GPLでライセンスされた著名なソフトウェア

GPLでライセンスされた著名なソフトウェアとして

いわゆる 『GPL汚染』 について

ライセンス条件の保持の条項により、GPLでライセンスされたソフトウェアベース生物を作ったり、
ライブラリコードとして別のソフトウェアに組み込んだ場合、著作権の状態とともにGPLが継承され、結合物全体にGPLを適用し、ソースコードユーザー開示する義務が発生する。

過去日本で起こった事件としては、2005年AQUAPLUSソフトウェア
GPLでライセンスされた動画デコーダーのライブラリが使われていることがわかり、
郵送によりゲーム本体も含めた当該ソースコード(画像やテキストデータなどのアセットを除く)が開示されたことが有名である。

このため、GPLのいくつかの義務を守らなければいけなくなる現GPL汚染GPL感染GPL伝播 と呼ばれてしまうことがある。

フリーソフトウェアコミュニティの関係者やライセンスに詳しい法務関係者はこの用を好んで使わない傾向にある。
なぜなら、ライセンスによる義務は感染するようなたぐいのものではなく、人間が意図的にリンクしたり、組み込んだりしなければ発生しないものだからである。

近年では、Linux Foundationexit 下の OpenChain Projectexit など企業がGPLに限らず、関連するライセンスを正しく遵守できるように啓活動を行う取り組みも始まっている。

GPLとニコニコ生放送

2018年8月8日開された、"ニコニコ生放送" 向けライブ放送配信ツールN Airexit」は
GNU GPLv3でライセンスされているソフトウェアStreamlabs OBSexitベースとして作られている。よってN AirライセンスはGPLv3となっており、ソースコードexitGitHub開されている。

公式ページでも "ライセンスに基づき、自由ソースコード変することができます。商用・非商用問わず、無料でご利用いただけます。またN Airの開発に直接コミットすることも可です。" とアピールされている。

GPLと組込み製品

組み込みLinuxや、中のカーネルとしてLinuxを採用しているAndroid OSの普及に伴い、商業開発された製品の中身にGPLでライセンスされたソフトウェアが多数採用されているのは、しくなくなりつつある。

多くの場合、設定の法的情報の欄からライセンス全文を閲覧し、どのようなソフトウェアが使われているのか確認することが可である。

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 72ななしのよっしん

    2020/12/15(火) 18:47:11 ID: OhrUhK5GNq

    >>69
    GCCにはGPLv3に例外があって、単にコンパイルするだけならGCCライセンスを影を受けないように例外機構が設計されてるよ。
    https://www.gnu.org/licenses/gcc-exception-3.1-faq.ja.htmlexit

    このような例外が規定されていてもユースケースに合わないなら、他にもC/C++ コンパイラはあるんだからそっちに行けばいい(clangとか)

  • 73ななしのよっしん

    2021/04/02(金) 22:52:00 ID: EGJPDweZxg

    ウイルスじゃないよ感染じゃないよっていうのなら、

    いっぱいのワインスプーン一杯の汚を注ぐと、いっぱいの汚になる」という言葉があってね。

    GPLはその汚ってことなので「GPL汚染」という言葉は正しいことになる。

  • 74ななしのよっしん

    2021/04/06(火) 13:00:22 ID: FPplLbPZBs

    これどういう動機で生まれたんだろう
    自分が作ったものがどんな使われ方してるか覗きたい……だとか?
    あとは単にクレクレ厨の作った物使ってるんだしいいでしょお前の全部よこせみたいな
    あっ「ソフトウェア自由であるべき(笑)」とかそういう建前はいいんでw

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/22(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/22(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP