今注目のニュース
突然の猫パンチに「にゃんでやねん!」のツッコミパンチ 漫才コンビみたいな猫兄弟がほっこりかわいい
総務省が募集したパブコメにApple、一連の規制強化に反論
大規模障害のアマゾン ウェブ サービス(AWS)、一部復旧始まる 「完全復旧に向けて作業中」と発表

INF単語

アイエヌエフ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

INFとは、

  1. ゲーム地球防衛軍」の難易度の一つ「INFERNO」縛りプレイ(地球防衛軍)
  2. アメリカソ連ロシア)の間で締結されている条約

2.の概要

1987年アメリカ合衆国ソビエト連邦の間で結ばれたINF(中距離核戦)を全する条約。射程500-5500kmの地上発射弾道ミサイル(GLBM)及び地上発射巡航ミサイル(GLCM)を全するとともに、新規に保有することも禁じた。既存のINFを棄する作業は1991年了している。上から発射するミサイルについては規制外である。START条約などと違い、期限が区切られていないので、どちらかが脱退を申し入れない限り期限に有効である。[1]

2019年2月アメリカトランプ政権は、ロシアが条約に違反しているとしてINF条約の破棄を通告、6ヶ後の8月2日に失効した。[2]

条約締結の背景[3]

1975年ソ連は移動式多弾頭中距離ミサイルSS-20」の配備を開始した。スペックを見れば、ソ連は対西欧限定の先制核奇襲をやる気があることを示していた(もちろん核攻撃の後には地上軍による占領を行う)。キューバ危機以降にアメリカが核戦略を変更し(ヨーロッパからIRBMを撤去)、アメリカはどこまでヨーロッパと運命を共にする気があるのかについて疑問を抱いたからこその構想だった。

さすがにアメリカソ連の意図に気づき、INF(パーシング巡航ミサイル)をヨーロッパに持ち込んだ。この動きを阻止しようとしたソ連プロパガンダは凄まじく、核兵器に詳しい者には、この異常な反応こそがソ連戦争計画の実在明と映った。

ヨーロッパには既にアメリカ軍が1000発をえる投下核爆弾を配備し、これを運用するであろうF-111イギリスに駐留していた。また近に展開する空母が搭載する艦載機も核爆弾を運搬できた。ソ連からすれば、飛行場や空母SS-20で先制破壊してしまえるが、追加されたINFは移動式なのでそれができない。だからこそ、INF持ち込みには反発しなければならなかった。

結局、ソ連はINFの相互全アメリカと合意した。

脚注

  1. *米国が懸念するロシアのINF(中距離核戦力)全廃条約違反疑惑とは何かexit
  2. *INF条約が失効 トランプ政権、21世紀型の軍備管理体制確立目指すexit 2019.8.2
  3. *「軍学考」兵頭二十八 中央論新社 2003 3版 pp.205-206

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP