戦略単語

センリャク

掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

戦略(strategyとは、戦争政治を繋げるとして機するものであり、戦略によって戦争を使用して、政治標を達成することが追求される。

概要

戦略とは、時代が進むに連れて、定義が発展して来た言葉である。

まず、戦略という言葉の起は、古代ギリシャであり、900年頃には東ローマ帝国レオーン6世が「ストラテギーア(strategia)」という言葉を使用している。

中世を通じて、戦略の概念は部分的に忘れ去られるが、17世紀後半から18世紀の啓時代に再発見される。

ポールギデオン・ジョリィ・ド・マイゼロアは1777年に「シュトラテギー(Strategie)」という用を、ジャックアントワーヌ・ギベールは1779年に「ラ・ストラテジック(la strategique)」という用を、それぞれ著書の中で使用している。

1837年には、アントワーヌアンリ・ジョミニが「戦略とは地図上において戦争を計画する技術であり、作戦地全体を包括する」とした。

ジョミニと同時代のカール・フォン・クラウヴィッツは、戦略を実践的なものではなく、概念的なものと考え「戦争とは、他の手段による政策の継続である」とし、戦略を「戦争的のために戦闘を用いること」と定義する。

1929年、クラウヴィッツ定義は、バジルヘンリーリデルハートにより大戦略へと拡され「国家、もしくは国家の集団の持つあらゆる資を、戦争政治的な的達成のために調整して向すること」と定義された。

そして、1999年にコリングレイクラウヴィッツリデルハートなどの議論を踏まえて、戦略を「政策の的のための軍事の行使と、その行使の脅しに関するもの」と定義した。また、グレイは、学問としての戦略学(Strategic studies)の発展に大きな貢献を果たした。

こうした概念の発展を踏まえて、アメリカ陸軍では、戦略を「国家や同盟の軍隊を用いたアートとサイエンスであり、政策的を武の脅威または使用によって確保すること」としている。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2021/06/13(日) 08:39:37 ID: EfSALAx1vI

    >>3
    その場合の「戦術級」「戦略級」は戦術核や戦略核とかからの流用で、単純に規模の問題だから。別に戦術と戦略の区別がついてないとか、そういう問題じゃないから……もともと定義があいまいとか言わないで。

  • 6ななしのよっしん

    2021/06/16(水) 09:42:02 ID: WYiU0TOGaW

    そもそも戦略・戦術は規模の大小には関係いので物理的な兵器や組織その物を戦略級戦術級と区分するのはおかしい的な事をコリングレイが書いてたな

  • 7ななしのよっしん

    2021/10/02(土) 01:46:57 ID: dyw+Y6JUTt

    >>3
    >>5
    戦術クラスの対処が必要とか、戦略規模の見直しが必要とか、そういう理由付けが必要って事かね?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/28(土) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/28(土) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP