今注目のニュース
アメリカのある都市で顔認証システムの禁止が可決された理由
仕事中の「にゃーん」呟きでクビ? 「社会性フィルター」への対処法は
紙くずを混ぜ続けてミニチュア包丁を作ってみた → キュウリをスパッと切断する硬く頑丈な包丁が完成

Kaguya~月のウサギの銀の箱舟~単語

カグヤツキノウサギノギンノハコブネ

掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE


宗太さん、覚えてますか?
わたしたちがはじめて会った日のこと。
最初は色々と失敗してしまったので
思い返すとちょっと恥ずかしいです。
一緒に暮らすようになってからも
ものすごく緊していたんですよ。
の見えないわたしは、迷惑をかけてばかりだったから
絶対に嫌われる! って思ってました。
でも、宗太さんはやさしくて、あったかくて
暗闇にいるわたしまでくれて
すぐに大きな存在になっちゃいました。
告白したときは、恥ずかしさと緊
もう死んでしまいそうだったんですから!
でも、想いを伝えてよかったです。
返事をもらうまでは、すごく苦しかったですけど
あの日、宗太さんに抱きしめてもらったら全部消えちゃいました。
ほんとにうれしかったんですよ。

手を繋いで学校に通ったことも
動物園デートしたことも
お祭り花火を見たことも
初めてのキス
一緒にへ行ったことも
温泉に入ったことも
宗太さんと過ごしたすべての日々が
わたしにとって、とても大切な宝物になりました。

ねえ、宗太さん。
ふたりで描いた願いや想いを
これからもずっと一緒にえてくれますか?




Kaguya~月のウサギの銀の箱舟~とは、鴨志田一:著、美子イラストラブロマンス
電撃文庫刊。現在5巻まで刊行中。

概要

これは真田宗太と立花ひなた、ふたりの物語
それ以外の言葉は蛇足だろう。

あらすじ

ある日、のかけらが地球に降り注ぎ――世界は変わった。
アルテミスコードと呼ばれる特別なをその身に宿した子供たち、ムーンチャイルドの出現。
犯罪テロを苗床となるその異ゆえに、彼らは社会から恐れられ、疎まれながら、しかし確かに日の当らない場所で息づいている。
社会自覚な悪意に怯えながら、己を特別足らしめるを捨てきれずに。

そして、14年。
のかけらの落ちた場所のひとつ、月乃宮でひとりの少年とひとりの少女が出会った。
“自分の見ているものを他人に見せることができる”真田宗太。
重力を支配する強大なのためにをその眼から失った”立花ひなた

これはふたりの物語
やさしくなろうとする、ふたりの物語

登場人物

真田宗太
「もっと一緒にいたかったって言ったのはひなただろ?
だったら、一でも長く、ひなたの側にいるよ」

「だったら、ちゃんと守ってやれ。の手はひなたとゆうひでもう一杯だ」
は、ありがとうを伝えたいんだよ!」

立花ひなた
「わっ、わたし! 宗太さんのこと、好きになっちゃったみたいです!」
わたしはこう思うんです。
きっと世界にやさしくなれた分だけ、世界も私にやさしくしてくれるんだって」

「だいじょうぶですよ。ゆうひにはお友達ができたじゃないですか」

ゆうひ
「……うん、ゆうひがんばる。そーたとひなたのためにもがんばる」
いじめないよ。ゆうひは、そーたとひなたが好きだから」
「ゆうひはやだ! そーたとひなたと一緒にいたい! ずっと一緒にいたいよ!」

上杉
かぐや姫に迎えがくるその日までに、私を殺す方法を考えておいてください」
「ですが、わたしにはいなかったのです。あなたのように側で支えてくれる人がっ!」

里見千歳
「私も、同じ誕生日なの知っていた?」
「そのフリ方、最悪……」

片桐
「上手くいかないよね。
大人になりたくて、けど、大人になるとアルテミスコードは使えなくなって、

あたしは用済みになっちゃうんだから。切ないよ、宗太君……」
「悪かったわね。何よ、もう、大人みたいなこと言っちゃって」

甘粕つばめ
「なら、しゃあないなあ。ウチだけのけもんは、ありえへん」
「運命とやらに抗う機会くらい、あってもええと思うただけのことですわ」

黒田五郎
立花ひなたはいつもお前を見てた。なんて見えなくても、ちゃんとお前を見ていた。
なのに、お前はなにをやってたんだ。
子供の起こした面倒を、親は迷惑だとは感じないものなのよ」

福島
「可性を信じて抗うか、現実を受け入れて諦めるか。それは君次第だ」
「君がくらいの歳になればわかるだろう」

竹中伸三
「だから言ったではありませんか。君のしたことは意味のむっちゃんだと」
「……やれやれ、悪の大王になりそこなってしまいましたね」

柿崎瑞希
「けど、中条はわなかった。
あいつはそういうやつなんだ。だから……、たぶん、私は……」

「今苦しんでいる者はどうなる? 私たちは未来の為に慢するだけの礎だというのか!?

中条明人
「少しずつですが、学校に行けるようにがんばります」
「最初は卑屈になっている自分を憎悪していたはずなのに、
下を向いて歩くことにも知らずに慣れていたんですよ。

それがという存在だと受け入れていました」

宇佐美
たちはすべてを取り戻す。父さんも、母さんも。
あのやさしかった日々のすべてを取り戻すんだ」

「みんないなくなった。志も、奈も、明人も……。そして、もいなくなる」

木下
「どうして、お前大人で、オレはこんなにガキなんだよ……アリサになれないんだよ。
アリサを守れないんだよ……。なんで、お前なんかがアリサを救えるんだよ!」
「ぜ、絶対だぞ! また……絶対だからな! 宗太!」

朝倉
「別に、ドイエに頼まれたから、助けただけよ」
「なら、あたしも帰る。宗太に借り作ってるみたいで嫌だし」」

レイモン・ドイエ
「もっとくにお前を誘っておくべきだった」
もろとも、人が滅んだとしても、畜のまま生き続けるよりはましだろう」

伊達アリサ
「死にたくはないから。やりたいことを全部やりきるまでは。絶対に死ねない」
「どこか、遠いの下から、同じを見てると思う」

関連動画

Kaguya~月のウサギの銀の箱舟~に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目




「これからも、一緒に生きていこう、ひなた

返事はない。
代わりに、ひなたの両腕が宗太の首に回される。
そのまま流れるように、震える足で先立ちになった。
わずかに唇の先と先が触れ合う。誓いの口付けはやさしい涙の味がした。
体を離したひなたは、顔をにして俯き、それでも上目遣いに宗太を見てきた。
その小さな手を再び握り締め、宗太はひなたと並んで歩きだした。
しっかりと明日に向かって。
ふたりをが祝福していた。

掲示板

  • 14ななしのよっしん

    2013/10/13(日) 11:52:03 ID: TXW3xXcMEt

    全巻読むまで記事読めないと思ってたけど、
    読み終えて見にきたら予想以上に酷いネタバレっぷりだなw

  • 15名無し

    2014/06/09(月) 19:28:21 ID: q53pcTxjLz

    この作品好きだったなぁ
    ただ当時中学生だったんだがレジに持っていくのはなかなか勇気が必要だったwww

  • 16ななしのよっしん

    2015/01/29(木) 22:15:11 ID: Cql9yB2SNi

    初めて読んだラノベがこれで
    初めて本で泣いて
    一番好きなラノベもこれで

    この本に出合えて良かった

急上昇ワード

最終更新:2019/05/21(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/21(火) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP